なろうデータ

2018年9月22日の日間ランキング(総合)

9/22

日間ランキング
(総合)

13933pt

魔王は世界を征服するようです

  • 連続ランクイン 93
  • 著者 不手折歌
  • 文字数 1014437字
  • あらすじ
     川に溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。  現世で冷たい家庭に育った主人公は、あたたかい家庭に生まれ落ち、地球とは少し違う世界を楽しみながら育ってゆく。  だが、生まれ育った国は内憂と外患によって滅びようとしていた。  普通より少し頭がよく、決断の速い主人公が、自分の居場所を作っていく物語。 注意: 魔法などの幻想的な要素は登場しません。 主人公は特異な技能をもたず、超能力等特異な技能を持った人物も登場しません。 誤字脱字報告大歓迎pt
23128pt

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)

  • 連続ランクイン 15
  • 著者 加茂セイ
  • 文字数 254878字
  • あらすじ
    迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。タイロス迷宮でシェルパとして活動しているロウは、若いながらも腕利きのシェルパとして高い評価を受けていた。半年前に父親を亡くし、幼い妹と二人暮らしとなったロウだったが、王都で勇名を馳せている勇者“宵闇の剣”がタイロス迷宮の攻略にあたることになり、有無をいわさず巻き込まれることになる。★2018年10月5日、レジェンドノベルス様より書籍化します。pt
33042pt

逃げちゃダメだとくり返し転生を受け入れたら、知らない間に最強になっていた

  • 連続ランクイン  
  • 著者 相野仁
  • 文字数 34680字
  • あらすじ
    何度も転生してしまう固有能力を嫌っていたミロスラフ。 しかし、何度も転生するうちにあきらめて修行して強くなってやろうと決意する。 あおぎ見るしかなかった実力者を超えていくために。 そしてその結果無敵の強さを手に入れていた。 世界を滅ぼす災厄と言われたドラゴンを瞬殺できるようになった最強ストーリー。pt
42480pt

その劣等騎士、レベル999

  • 連続ランクイン  
  • 著者 白石 新
  • 文字数 11179字
  • あらすじ
    昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがいました。  ある日、お爺さんは山に地獄の軍勢狩りに、お婆さんは川にベルゼブブ狩りに行きました。  そうして、お爺さんとお婆さん――大賢者と武神は、世界を危機から救ったのでした。  と、その時、激戦で傷ついたお爺さんとお婆さんの前に女神が現れてこう言います。 「世界を救ったお礼に、今まで子ができなかった貴方達夫婦に子供を授けましょう」  その日の晩、30年ぶりにハッスルしたお爺さんとお婆さんの間に子供ができました。  そして時は流れて――。  赤ちゃんはすくすくと成長し、武神と大賢者にシゴかれながら山奥で暮らしました。  けれど、少年は外界と接触したことがありません。そして、少年には夢があったのです。 「僕は強くなって騎士様になりたい」  16歳になった少年は、帝都の騎士学校に通いたいと思っていたのです。  半ば家出同然で少年は家を飛び出しましたが、お爺さんとお婆さんは絶句しました。  少年の教育の為、上には上がいるということを伝える為に「お前は弱い」と常日頃から教え続けてきたのです。  これは古代龍をただのデカいトカゲと思い込んで狩猟し、日常食とするような――最弱にして最強の少年の物語です。pt
52247pt

最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 ~貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!~

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 榎本快晴
  • 文字数 32349字
  • あらすじ
     妾腹の第四皇子・四玄(スガン)は、責任とは無縁に皇子暮らしを享受できる今の状況を最高と考えていた。  しかしある日、突然に皇帝から「次期皇帝になれ」と指名を受けてしまう。  皇帝に付き纏う膨大な責任と激務を嫌悪した四玄は「なぜ兄たちにしないのか!?」と皇帝に尋ねるが、いたって冷静に皇帝はこう返すのだった。 「あいつらやる気ないから」  ――こうして、やる気のない皇子四人の血で血を洗う継承回避の戦いが始まるのだった。 pt
62226pt

俺はまだ、本気を出していない

  • 連続ランクイン  
  • 著者 三木なずな
  • 文字数 29944字
  • あらすじ
    本気を出さなくても――最強。 貴族の四男に生まれたヘルメスは実力と才能を隠したまま、気ままな生活を送っていたが。 ある日三人の兄がまとめて死んだ事で、彼はなし崩しに家を継がされてしまう。 本気を出したくないヘルメスは適当に当主の仕事をするが、それでも彼の超越した能力が、本人の意識を無視して家を更に発展して、やがて王国にまで発展させていく。pt
71779pt

黒子が支える、いわゆる一つの冴えた方法

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 モロコロス
  • 文字数 6649字
  • あらすじ
     黒子が頑張って魔法が成立しているこの世界。唯一魔力が見える私は今日も今日とて「魔王っ子」と呼ばれたり、勇者の挑戦を受けたり。そんな世界の魔法の使い方にはコツがあって。 「私が『発火』と唱えると、隣の黒子がマッチを擦る」の続編的な、魔法ネタ一気に詰め込みたかった的な、姉のスタンスをもう少し強調してみたい的な。 pt
81727pt

じいちゃんのおかげで異世界転移〜自由気ままな異世界ライフ〜

  • 連続ランクイン  
  • 著者 めがねたろう
  • 文字数 468851字
  • あらすじ
    交通事故で命を落とした太郎。 気がつくと真っ白な空間にいて後ろには死んだはずの祖父の姿が…。 ありきたりな異世界転移物です。 主人公が圧倒的な力で自由気ままにひっそりのんびり生きていこうとするお話。 ご都合主義全開、ハーレム要素あり。 初めて小説を書くことに挑戦しました。 読みづらく内容も軽いと思いますが、読んでいただけたら幸いです また、おかしな点などございましたら教えていただけると嬉しいです よろしくお願いしますpt
91613pt

私が発火と唱えると、隣の黒子がマッチを擦る

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 モロコロス
  • 文字数 5711字
  • あらすじ
    異世界転生で人並み外れた魔力を貰った私。 ...魔力?pt
101414pt

翠の魔女は、凄腕戦士の腕に囚われる ~逃げる私を追う猟犬~ 

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 りぃん
  • 文字数 23181字
  • あらすじ
    9/19 タイトル変更 =あらすじ= 神が与えた固有のスキルを持って生まれる『異名持ち』。その希少性と有用性から世界規模で保護され、身分を問わず尊敬と崇拝を集めている。なにしろ、異名持ちは能力だけじゃなく容姿も 神々しいほど美しい者ばかり。  しかし、治療薬師のリンカ・レンショウ。(21才)だけは違った。高位ランクで超希少な『翠の魔女』の異名持ちなのに、美しいとは程遠い容姿が災いして不幸の連続。  あまりの理不尽な扱いに、とうとう我慢の限界が来てブチギレ逃走!ついでに異名登録も破棄! 並みの人間は追って来れない人外魔境に逃げこむが、逃走の切っ掛けになった名前も知らない『瀕死の重傷だったはずの部隊長さん』が追いかけてきたー―。 *主人公に対する暴力シーンがあります。  保険のために15R pt
111191pt

新しい人生を貴方と

  • 連続ランクイン  
  • 著者 緑谷めい
  • 文字数 22724字
  • あらすじ
     私は公爵家令嬢ジェンマ・アマート。17歳。  突然、マリウス王太子殿下との婚約が白紙になった。あちらから婚約解消の申し入れをされたのだ。理由は王太子殿下にリリアという想い人ができたこと。  2ヵ月後、父は私に縁談を持って来た。お相手は有能なイケメン財務大臣コルトー侯爵。ただし、私より13歳年上で婚姻歴があり8歳の息子もいるという。 * 主人公は寛容です。王太子殿下に仕返しを考えたりはしません。 pt
121101pt

追放王子の英雄紋 ~追放された第六王子は、実は最強の英雄の一人でした~

  • 連続ランクイン  
  • 著者 雪華慧太
  • 文字数 8402字
  • あらすじ
    かつて最強の英雄と呼ばれていたジークは、とある呪いを受けて二千年後の世界に転生した。辺境小国の第六王子レオンとして生まれ変わった彼は、母親が平民だったため継母と兄たちに事あるごとに嫌がらせを受けていた。そして父親である国王が亡くなると、レオンは国を追放されその命までも狙われる。周囲を取り囲まれ絶体絶命の状況の中、レオンの右手には真紅の紋章が輝き始めた。pt
131064pt

乙女ゲームのヒロインである幼馴染に攻略キャラと勘違いされているのだが……

  • 連続ランクイン  
  • 著者 竹虎
  • 文字数 10817字
  • あらすじ
    俺の幼馴染である少女、朝倉仁美には前世の記憶がある。そのせいで苦労したこともあったが、俺たちは互いに支え合うことで今まで楽しく生きてきた。 しかし高校生活初日、仁美が突然、自分が乙女ゲームのヒロインであることを思い出す。そして俺は攻略対象者に違いないと言っている。 俺はこれからの日常がどう変化していくのか警戒しつつ、思う。 ……我が幼馴染よ、何故、イケメンでもない俺が攻略キャラなのだという考えに至ったのだ……pt
141055pt

≪魔王を倒した英雄≫のその後のお話 ~地球出身、異世界育ちのチート剣士!?~

  • 連続ランクイン  
  • 著者 タンバ
  • 文字数 105394字
  • あらすじ
     異世界ケルディアに魔王現る。  絶大な力を振るう悪魔の軍勢は大陸各地に侵攻するが、人類は力を結集し、総反撃に出た。  魔王の軍勢は追い詰められ、魔王の居城に籠る。  その魔王城を攻略するために百人の勇者が選ばれ、突入した。  激しい戦いの末に生き残ったのは五人の英雄だった。  一人は千の剣技を誇る〝白金の騎士〟。  一人は千の魔法を持つ〝真紅の魔女〟。  一人は千の魔道具を操る〝奇才の魔導具師〟。  一人は千の戦を超えてきた〝孤高の戦狼〟。  そして、最後は千の刃を秘める名もなき〝無刃の剣士〟。  彼らを人は五英雄と呼び、誉め称える。  そして魔王の脅威が去って、二年。  明確な脅威が去ったケルディアにはまた大きな問題が浮上していた。  魔王がケルディアに侵攻するために広げた魔界とケルディアを繋ぐ次元の穴。その影響によってほかの穴も広がってしまっていたのだ。  その穴の先にあった世界は――地球であった。    ケルディアの二大強国が一つ、アルクス聖王国の片田舎。  そこにその日暮らしをするB級冒険者の青年、トウマ・サトウがいた。  そんなトウマに一人の令嬢が訊ねてくる。  その令嬢が持ちかけた依頼により、トウマは惰性で生きる日々とは別れを告げ、多くの厄介ごとに巻きこまれていく。  かつて、トウマが英雄だった頃のように――。  これは交わる二つの世界の物語。  一日二回更新中。応援よろしくお願いします。 pt
15972pt

陰の実力者になりたくて!

  • 連続ランクイン 225
  • 著者 逢沢大介/あかさたな
  • 文字数 317542字
  • あらすじ
    【書籍化決定11月5日発売です!】amazonにて予約購入できます!  平凡なモブを演じる少年。だが真の実力は――最強。  そんな『陰の実力者』に憧れた少年は、修行中の事故で異世界に転生し、これ幸いと陰の実力者プレイを楽しんでいた。  しかし成り行きで配下にした少女たちに勘違いされて、本人の知らぬところで本物の陰の実力者になっていた!?  陰の実力者プレイを楽しむ少年と、陰の実力者を本気で慕う配下が、やがて世界の闇を滅ぼす物語。 pt
16970pt

転生したらどん底スタートの俺、唯一使える魔法が万能すぎて逆転人生を上昇中!

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 すみもりさい
  • 文字数 77969字
  • あらすじ
     異世界転生した直後、最弱認定されて命の危機に陥ったのが俺である。哀しい。が、開始数日でデッドエンドにしてなるものか!  ところが俺、とある理由から魔法が一種類しか使えない。万事休す。  生き延びるため仕方なく、唯一使える魔法をあれこれ試すうち、  (´-`).。oO(あれ? また俺なんかやっちゃったの?)  なんてことが何度もあって気づく。  その魔法が、使い方次第では何でもアリな万能魔法であることに。    初っ端でくじかれた俺の人生、万能魔法を便利に使って青天井で上昇中です。 pt
17779pt

これもひとつの婚約破棄。

  • 連続ランクイン  
  • 著者 神城葵
  • 文字数 57237字
  • あらすじ
    クウォーク公爵令嬢アンフィーサは、十六歳の誕生日に、王太子であるオルフェウスに婚約破棄を言い渡される。 曰く、真実愛する女性に出逢ったからだと。 ――心から祝福致します、オルフェ様。pt
18706pt

無冠の棋士、幼女に転生する

  • 連続ランクイン  
  • 著者 うほごりくん
  • 文字数 38100字
  • あらすじ
    生涯一度もタイトルを取る事が出来なかったおっさんプロ棋士。 最後の挑戦として挑んだ名人戦は敗北し、一人家で晩酌を楽しんでいた。 そして、いい加減眠ろうと立ち上がった所で意識を失い、命を落としてしまった。 そして気づくと、幼女になっていた。 これは幼女に転生した無冠のプロ棋士おっさんが、史上初の女性プロになり名人のタイトルを手に入れようと努力する、そんなお話。pt
19676pt

ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。

  • 連続ランクイン 81
  • 著者 えぞぎんぎつね
  • 文字数 218752字
  • あらすじ
     勇者パーティーは強力な魔神の大群におそわれた。このままでは全滅必至。  パーティーの一人、最強魔導士ラックは、敵を足止めすることを決意する。 「ここは俺に任せて先に行け!」「だが……」「なあに、すぐに追いつく」  ラックは無我夢中で魔神を倒して、倒して倒しまくった。  特技ラーニングを駆使して、ラックは魔神の魔法を学習していく。  魔神の能力であるドレインタッチなどを学習し、利用することで休まず寝ずに戦い続ける。  魔神はどんどん強力になっていくが、ラックも飛躍的に強くなっていく。  魔神がわいてこなくなるまで、ラックは10年戦い抜いた。  王都に帰ったラックは驚く。  自分の名前が通貨単位となり、かなり美化された巨大な像が建てられてしまっていた。    そして、生命力吸収を使いまくったせいで、若返ってしまっている。  年齢にそぐわぬ外見。飛躍的に伸びた能力。 「目立ちすぎる」  ラックは正体を隠し、ただの初心者冒険者のふりをすることにした。  Sランク魔導士なのに、Fランク戦士に偽装したラックの、平和になった(?)世界での冒険が、いま始まる! おかげさまで総合日間、週間、月間、四半期1位になりました。ありがとうございます。pt
20672pt

カス能力『沸騰』が実は対人チートだったので俺は史上最悪の英雄になった。~虐殺無双~

  • 連続ランクイン  
  • 著者 放射性同位体
  • 文字数 46209字
  • あらすじ
    「『人』の『為』にする善いことは全て『偽善』になる」 現代の無気力高校生、東雲宗はある日、授業をサボろうとしていると異世界転移らしきものに遭う。 転移先の世界では「ギフト」と呼ばれる異能力が存在しており、その「ギフト」を使って魔物や魔族に対抗しているらしい。 宗はLv,1『沸騰』のギフトを持つことになるが、その効果は名前の通り水を沸騰させるだけのカス能力に「見えるもの」だった。 実際は先手を取れば必ず相手を殺せるチート能力。 色々あって宗は、自分がここに召喚された本当の理由を探すことにする。 そして知った。 この理想郷が悪意で満ちていて、元の世界と変わらないことを。 俺TUEEEEでは何も救えないことを。 これは、誰もが絶望するような逆境に、ただ命奪うだけの能力を持った主人公が必死に抗う物語。 ┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅ 至らない点が沢山あると思います。 どんどん指摘してくださって構いません。 テンプレをなくそうとした結果、物語の進みが遅くなりました。 気長に読んでください。 今月は週2更新目標。 また読みたいって思われた方はブックマーク、評価お願いします。 一応異世界転移じゃないですよ。 日間ジャンル別ランキング1位! ありがとうございます!pt
21665pt

オタクアンダーソン〜魔神も大蛇もテラワロス〜

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 生くっぱ
  • 文字数 135884字
  • あらすじ
    神の手違いによって異世界へと飛ばされてしまったオタク高校生の主人公。 理不尽な展開のまま気がつけばどこかの森の中。 容赦無く降りかかる災難を乗り越え、ようやく神より与えられたスキルを発見するも、それは一見使い道の無さそうなスキルだった。 そんな中、更なるトラブルに見舞われた最中にこの地味なスキルを思い切って活用してみたところ、そこからスキルは次々と姿を変えチートよろしくの思いがけない展開へと繋がっていく。 これは主人公が悠々とその異世界ライフを満喫しつつダンジョン攻略をし、姫やお嬢や魔王やエルフにチヤホヤされつつ人魔の情勢や過去繁栄した帝国との繋がりを大切にしたりしなかったりする物語。 【一話辺りが2000文字程度の軽い内容となっておりますので是非スマホでお楽しみ下さい】 ※9/17 タイトルを大幅に変更しました。 【旧 神の手違いで異世界追放~貰ったスキルがSSS級の威力を発揮したオタクのほのぼのダンジョンライフ~】pt
22661pt

外れスキル『予報』が進化して『言ったら実現』になる件☆でも今は、ほのぼのとレンガ積んでいます

  • 連続ランクイン 21
  • 著者 天野優志
  • 文字数 145013字
  • あらすじ
    誰でも成人する15歳になると神様からもらえるユニークスキル。 それが「剣術」や「魔法」なら冒険者になれる。 「あなたのユニークスキルは『予報』です」 僕が夢を失った瞬間だ。超レアスキルらしいのだが、残念ながら外れだった。 勝手に発動して言わなくてもいいことを言ってしまう。おかけでどんな仕事をしてもトラブルだらけ。 とんでもない外れスキルだったのだ。 そんな僕がいきついたのがレンガ積みの仕事。毎日500個のレンガを積んで生活できるギリギリのお金をもらう。 ずっとそんな生き方をしていくと思っていた。 ところが、外れスキルだと思っていた『予報』は意外と使い道があると分かって活用していたら、なんと。 『言ったら実現』スキルに進化した! なんでも思い通りになる神スキルで、独裁者になって世界を手に入れるのも簡単。 気に入らない奴は一言で抹殺できる。 凶悪すぎるスキルだった。 ☆ 地道一筋の男が好き勝手できるスキルを手に入れたらどう変わってしまうのか。世界はどうなってしまうのか。 そんなストーリーのはずだったんですが、ほのぼのとレンガをつかんでいる日常系のストーリーになってしまいました。 それでよかったら、お付き合いをお願いいます。 pt
23634pt

追放者になろう! ~Sランクパーティーから追放されたおっさん商人、真の仲間を気ままに最強SSランクハーレムパーティーへ育てる~

  • 連続ランクイン  
  • 著者 シンギョウ ガク
  • 文字数 123310字
  • あらすじ
    ※週間総合ランキング最高4位。最新話はアルファポリス様にて先行公開しております。 俺の名はグレイズ。四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。ジョブは商人だ。ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、俺を雑用係だと思っている仲間には黙っていた。だが、ある日突然、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。理由は『巷で流行している』かららしい。元々、後から数合わせで加入したため、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を一ヶ月ほど探して、暇していたら、冒険者ギルドで流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。成長できず仲間から追放された女冒険者だ。その後、色々あって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。そんな仲間から追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』結成した。本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。 ※アルファポリス様、カクヨム様、ツギクル様、ハーメルン様に重複投稿しております。pt
24633pt

冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~

  • 連続ランクイン 131
  • 著者 萩鵜アキ
  • 文字数 556769字
  • あらすじ
      ★ネット小説大賞六・期間中受賞いたしました★      ☆双葉社様より1巻が発売中!!☆    ★栗山廉士様が担当するコミック版は★ ☆WEBコミックアクションにて9月より連載スタート!☆  存在感の薄い冒険家、空星晴輝が札幌の『ちかほ』に出来たダンジョンから帰宅すると、家の車庫がダンジョンに変化していた。  ダンジョンの入り口に、石板のようなものを発見。  もしかしてこれは、スキルボードか?  晴輝はスキルボードを用いてダンジョンへ。  ボードを駆使し、いずれランカーになって目立つ存在になる!  ――はずが、何故か仮面を被りジャガイモを背負った不審者に?!  果たして彼は『マトモ』な人物としてダンジョンを攻略出来るのか? ※本作は実際の地球・日本・企業・団体・個人とは一切関係のない『フィクション』です。 ※現在、感想への返信は一部抜粋した上で、活動報告にて行っております。pt
25626pt

魔法学院を退学させられた俺。前世から知識を得て魔法革命を起こす 

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 未来人A
  • 文字数 59876字
  • あらすじ
    主人公、ルド・アーネストは魔法学院を退学にさせられた。 理由は成績不振。魔法使いに向かない人種に生まれながらも、何とか魔法使いになりたいと言う夢を叶えるため努力して魔法学院まで入ったルドだったが、その夢は破れてしまった。 失意の中、これからどうしようと考えていた途中。 彼の頭に大量の知識が、突然入り込んでくる。 ルドは混乱しながら状況を整理する。 入りこんできたのは、前世の知識。 どうやら彼の前世は魔法使いだったらしく、その魔法使いは転生の魔法を使っていた。 それは15歳くらいになったら前世の記憶を思い出すという魔法。 ただその魔法は失敗だったようで、ルドは知識だけを思い出して、人格や思い出は一切思い出さなかった。 ルドは思い出した知識から、この世界の魔法技術は大昔に比べて大きく劣るという事実を知る。 そして、実は自分は魔法使いに向いていない体質ではなく、むしろ向いている体質であると知った。 ルドはなるべく世界を変えないよう、力を隠しながら賢者を目指そうとするが、徐々にバレ始め、魔法革命が起こって行く。 一方ルドを退学させた魔法学院は、魔法革命に付いていけず、衰退の一途を辿っていった。 ※皆様のおかげで、総合日間ランキング1位を獲得できました! ありがとうございます! ※総合週間ランキングでも1位になれました! ありがとうございます! ※アルファポリスでも連載しています。pt
26626pt

『駄犬』と呼ばれパーティも職場も追放されたオッサン、『金狼』となって勇者一族に牙を剥く!

  • 連続ランクイン 2
  • 著者 ハンブルシープ
  • 文字数 156611字
  • あらすじ
    若き勇者パーティの一員で、『ゴージャスマート』の店員であった、ゴルドウルフ・スラムドッグ。 彼は皆から『駄犬』とからかわれるほどの、うだつのあがらないオッサンであった。 オッサンはある日、勇者と店長から『煉獄』の最下層に置き去りにされ、クビを言い渡されてしまう。 しかし…皆はまだ知らなかった。 オッサンは地味ながらも、重要な役割を担っていたことに…! 鋭い洞察力と知識を持ったオッサンを失った勇者パーティは、マナ管理すらもできなくなってクエストは失敗続き。 オッサンの丁寧な接客とアフターケアで支持を得ていた『ゴージャスマート』は高級路線に転換、一時は増収だったものの、じょじょに取り返しがつかないほどの客離れを起こしはじめる。 そして『煉獄』という修羅場をくぐり抜けたオッサンは、持ち前の丁寧な仕事ぶりに、狼のような強靭さとリーダーシップを兼ね備え、復活…! 冒険者として、商売人として、世界を支配していた勇者一族に『金狼』となって牙を剥く…!pt
27625pt

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~

  • 連続ランクイン 113
  • 著者 進行諸島
  • 文字数 142067字
  • あらすじ
     ブラック企業に酷使された男が転生したのは、ステータスやスキルのある世界。  その世界で彼は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』になってしまう。  ――しかし彼は、ひょんなことから2つめの職業『賢者』を手に入れる。  『賢者』の力は、圧倒的なものだった。  だが異世界に来たばかりの彼は、自分の力がどれほどのものか自覚していなかった。  こうして彼は、自分の力を自覚しないままギルドに行って冒険者となり、各地で騒ぎを起こしながらも成り上がっていく。 ※タイトル変更しました(旧タイトル:転生賢者の異世界ライフ)。pt
28597pt

異世界転移、地雷付き。

  • 連続ランクイン  
  • 著者 いつきみずほ
  • 文字数 992159字
  • あらすじ
    「やあ! 僕、邪神! でも、悪い邪神じゃないよ!」 不慮の事故で死んでしまった俺たちクラスメイトを転移させたのは、そんなことを言う邪神(仮)。 希望のスキルを作ってくれてサポートもバッチリ。これって邪神じゃ無いよな? ――そんな風に思った時もありました。 甘かった。安易にチートで無双とか考えたクラスメイトはたぶん、残念な結果が待っている。 だって、彼はチートなんて無いと最初に明言していたのだから。 自業自得なんだろうけどな。 俺? 俺は幼馴染みたちと、堅実にのんびり生きていきます。ゲームっぽい世界でも、ゲームじゃ無いんだからさ。 pt
29590pt

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

  • 連続ランクイン 42
  • 著者 月夜 涙(るい)
  • 文字数 177245字
  • あらすじ
    世界一の暗殺者が、暗殺貴族トウアハーデ家の長男に転生した。 前世の技術・経験・知識、暗殺貴族トウアハーデの秘術、魔法、そのすべてが相乗効果をうみ、彼は神すら殺す暗殺者へと成長していく。 優れた暗殺者は万に通じる。彼は普段は理想の領主として慕われ、裏では暗殺貴族として刃を振るうのだった。pt
30578pt

わたしの知らない、先輩の100コのこと

  • 連続ランクイン 5
  • 著者 兎谷あおい
  • 文字数 302346字
  • あらすじ
    「最寄り駅が同じ」以上の接点がなかった先輩と後輩が、ある日、約束を交わしました。 その内容とは、「1日につき1問だけ、どんな質問にも絶対に正直に答える」というもの。 1日1問だけお互いの距離を縮めていく、ふたりの物語。 カクヨムでも同時連載中です。pt
 
小説投稿サイトPV比較
連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
その他
 
このエントリーをはてなブックマークに追加