【ざまぁ】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa

持ってて当然と言われる戦闘系スキルを一つも持ってない主人公ーーフェイト・エラは幼馴染三人によって無理矢理商人ではなく冒険者にされた。 そしてパーティ内で不当に扱われ蔑まれたフェイトはパーティを抜け、本来の生産職として生きる事を決める。 これはそこから始まるフェイトの商人時々冒険者としての物語である。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ これは私が書いた短編【パーティで虐げられた生産職は、本来の道へ戻る】の連載版です。 短編と若干の誤差などがありますが、どうか気にせず読んでください。 ※旧題【連載版】パーティで虐げられた生産職はパーティを抜け、本来の道へ戻る ※現在は一日一回投稿するつもりですが、ある程度書きたい部分が書き終わったら週一ぐらいにしようと思います。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚悟を決めたお話。皇女を虐げてきた面々にはそれにふさわしい因果応報があります。皇女は当然幸せなる予定。大好きな婚約破棄系のお話です。今のところは10話前後の予定。それぞれの目線で、2000字から4000字くらいの短め。他との連載も含めて週一更新。気が付かないうちにさらりと書いてしまいそうなので、残酷な描写タグ、15禁は保険につけておきます。*無断転載厳禁。タイトル、設定、メインのシーン、後書きなど、あまりにも類似する表現は勘弁して頂きたく思います。

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった――……。 断罪されるのを待つしかない? でも、そんなに酷いことをしていないのだけれど……。そうは思うけれど、エンディングは進む。 しかし、断罪イベント中に――ゲームではありえなかった出来事が起こる。隣国の王太子が、悪役令嬢であるティアラローズに求婚をしたのだ。 悪役令嬢の、王道溺愛ストーリーです。 ※書籍1巻(ビーズログ文庫)発売中です。

皇太子殿下からの婚約破棄を受け、乙女ゲームの舞台から降りたクリスティアーヌ。 街の宿屋兼食堂で庶民のクリスとして働く彼女の元に、なぜか皇太子殿下と取り巻き達がやってきて… ■毎回1000文字弱更新 ざまぁしてスッキリ爽やかな話ではないのでご注意を。 主人公が少しずつ成長していくお話です。

お城の門番をしているフェイトは、ある悩みを抱えていた。 生まれた時から持っている《暴食》スキルによって、絶えまなく襲ってくる空腹感だ。腹が減るだけの役に立たないスキルと思っていたが、実は隠された力があった。 ある日、フェイトは城に忍び込んだ盗賊を殺した時、真の力に気がついてしまう。 殺した対象の魂を喰らい、力をすべて奪ってしまうスキルだと……。そして、空腹感は初めて満たされていた。 このことをきっかけに、使えないやつだとゴミ屑のように扱われてきた男は、次第に頭角を現していく。のちにレベルの概念を越えて、際限なく強くなる姿から畏怖の念を込めて、こう呼ばれた……「暴食のベルセルク」と。 ★★ 皆さまのおかげで「総合評価29,000pt」達成致しました! ありがとうございます! 2017/02/16

攻略対象って、誰なの? ヒロインって、誰なの? そもそも、私は誰? 情報ゼロでいきなり高校入学。破滅フラグ回避しろとか無理すぎます。婚約破棄されるかもわからないよっ! 兄、幼馴染、同級生……いったい何人攻略対象がいるの? 前世世界と微妙にリンクしてたりするので、何とかゲームの情報ゲットできないかな? 中身庶民の悪役令嬢が選民意識が強い生徒に無意識ざまぁしたりするコメディ。 転生してもオタクに恋は難しいです。 *書籍化に伴い、タイトル変更いたします。

敵国に殺された記憶を持ったまま、公爵令嬢として生まれ変わったエリナ。前世では国の戦争に巻き込まれて死んだので、今生では王族に関わりを持たず平穏に暮らしたいと願っていた。エリナは王立図書館に通い、平穏に暮らす為の知識を得るべく本を読みまくった。しかし、それが切っ掛けで王子との婚約話が来てしまう。(11/8~「今日の一冊」http://syosetu.com/issatu/archive/no/24/にて紹介されました。ありがとうございます)

公爵令嬢エリーゼは混乱の極地にあった。ある日、目覚めたらまったく別の令嬢シャルロットになっていたのだ。元に戻る術は無く、自身がエリーゼであることを信じてもらえる見込みも無く、すっぱり諦めたエリーゼはシャルロットとして生きていく。さしあたっては、この贅肉だらけの身体を元の身体に戻すために運動を始めるのであった… ※読み難さ・くどい等あると思いますがご了承願います 更新は不定期

乙女ゲームの悪役として転生した主人公がタイトル通りのことをして、一応ざまぁもこなすお話。2000字程度でちまちま更新していく予定。そんなに長くはならないはず。

何もないところで転んだら、前世の記憶を思い出した。 27年分の日本人女性としての記憶と5年分の王国王子としての記憶。 やっと落ち着いたと思ったら、王位継承争いがどうのって? そんなの面倒くさいし、全部第一王子が継げばいいと思うよ。 ボクは気ままに少しの異能と魔法を使って生きていくよ! 第1章は21話完結済。 甘々少々、ざまぁ少々、異世界転生微量、TS微量、若干チート能力あり。

 ポーションを調合したり、仲間の武器を作ったり、武器に属性を付与したり・・・生産職のエクト・ライヴは裏方としてパーティーを支えていた。仲間もエクトを慕っていた。美人の女騎士ティアもだ。エクトは彼女に片思いしていたし、彼女もまんざらではない反応だった。  だがある日。エクトはティアと他の男 (同じパーティー)の衝撃シーンを見てしまう。  ティアは他の男と出来ていたのである。  ティアに裏切られ、心を打ち砕かれたエクトは・・・・パーティを抜けて自立することにした。 ~~~~~~~~~~~~ ■短編の連載版です。 内容はちょくちょく変わっておりますので、短編をお読みの方も、1話からお読み下さい。 ※気づかずに、さらりと妙な展開を書いてしまうかもしれません。  気づきましたら、WEB拍手&感想欄等でアドバイスお願いします。 ■1/10追記 運営様の方から利用規約違反 (R18相当の描写)の連絡がありまして、一時的に検索除外になっております。 ■1/12 追記 無事、修正終わり、OKもらいました。 検索除外解除です。 本日から、投稿再開します。 ※変更部分は1,7話になります。 ■1/21 追記 なろうユーザーでなくとも、感想を書ける設定に変更しております。

魔術学院戦闘科の圧力によって、予算をほぼゼロに追いやられた生活魔術師達。リオン、ソーコ、ケニーの三人は手っ取り早く資金を稼ぐため、ダンジョンに潜る事にした。一方、生活魔術師達に去られた学院では、様々な支障が出始めていた…!

異世界に転生した仕事人間だった女が仕事をするため頑張る話。 前世で仕事に生きてきたから今生でも仕事がしたいです。私が悪役令嬢なのは知っているけどゲームのことよく知らないし、仕事がしたいから将来王妃様のような賢妃になって公務をしたい。ヒロイン?側室になればいいじゃない。私は正妃で仕事するから。婚約破棄って言われたけど結婚します。 恋愛要素やっと少し入りました。ざまぁ後も少しですが書いています。

婚約者を妹に寝取られた。両親も妹の味方だ。だけど、絶対に泣き寝入りしない。裏切り者どもを訴えてやる! と駆け込んだ法律事務所で再会したのは、かつてのクラスメイトだった。彼に弁護士として協力してもらっているうちに、友情とは違った気持ちが芽生えていく。けれど、婚約者と破局したばかりで他の男に乗り換えるなんて、理性が許さない。そんな彼女の葛藤をよそに、彼は真っ直ぐに迫ってくる。しかし、周りの人間がまたしても騒動を起こしていき……。こうなったら、正々堂々、法的に叩きのめします!※アルファポリスにも掲載しています。

何もしてないはずなのに冤罪を掛けられ婚約破棄されたアイリーン=テンペジア。 魔物のあふれる森へ、魔力を封じられ武器も持たず放置され、死を覚悟していたのだけれど―――。 本編完結。 婚約破棄された悪役令嬢が魔王に愛されたり魔物の息子ができたりして幸せになる話。 一応保険としてR15つけておきます。 ※は他者視点 メインストーリーも他者視点で進むことがあるので苦手な方はご注意を。 アルファポリス様でも掲載しています。

 ソニア・カーネリアンは王国を救った魔女の娘。しかし盟約に従い招かれた婚礼の儀で、王子から婚約破棄を言い渡され、悪の魔女だと糾弾されてしまう。 「原作なら怒り狂って“らすぼす”化だけど、私はそんな間抜けじゃない」――ソニアは前世を覗いて得た“あにめ”の知識で危機を脱する。そして侮辱の仕返しに王子の騎士を手に入れて……。  ※1/18感想や為になるご意見ありがとうございます。時間のあるときに少しずつ返信いたします。

浮気されて婚約破棄、さらには体がドラゴンになり捕まってしまった子爵令嬢のニナ。そんな、どん底のニナを妻にして助けてくれたのは第二王子だった。 外見はいかついが中身は乙女なドラゴンが、シチューを煮たり掃除をして騎士隊員たちに驚愕されながら、優しくて少し腹黒な王子と過ごす、ほのぼの結婚生活の話。

王家の血をひかない王女と蔑まれ、側室に苛められ食べるものも満足に貰えない時期もありましたが、魔術チートが発覚。今は最強です! ただちょっと前世の記憶があってそれがちょっと、ただちょっと干物なだけです! 干物だって乙女ゲームの主役くら、い…… 出来ます…多分。 出来なかったら奴隷落ちらしいんですけど。 ----これは血筋も性格も庶民の干物王女が、魔術チートで困難(?)を乗り越える物語です。

公爵令嬢アレクサンドラは、ある日婚約者の第二王子・ダニエルに婚約を破棄されてしまう。ダニエルの隣には可愛らしい別の令嬢がいた。アレクサンドラはダニエルとの幼い頃の思い出と絆が忘れられず、一人屋敷で沈む日々を送っていたのだが……。 一度書いてみたかった王道悪役令嬢もの。重複投稿。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加