【すれ違い】作品一覧

未完作品
完結済み作品

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋をした。私はただそれを見ていることしかできなかった。そして、そんな私は、何の因果か、同じ時を巡る人間だった。

王太子より婚約破棄を言い渡され、彼の思い人をいじめて危険にさらしたという罪で塔の牢に閉じ込められたアンジェリク。 世を儚んで、命を絶とうとして頭を打って前世を思い出しちゃった! 第三者的な目で内省をしてみた彼女は思った。あれ?これ私悪くないんじゃね? ていうか、私がこうなったのはアンタ達のせいじゃないの? と毒を吐くお話  ※異世界のヨーロッパ中世風な世界観ですが、食文化、生活文化など、日本の近代文化の常識などが混じっています。

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣きながらレイスに全力で腹パンして、「私もあんたなんて大嫌いよ!」と勢いで口走り逃走した、苦い思い出から数年後。貴重な存在である『精霊使い』として成長し、国からとある大役を任されたスーリアの元に、護衛として訪れたのは、冷酷非情な『悪魔騎士』の異名で知られるレイスであった。 行動を共にすることになり、古傷抉られまくりなスーリア。だけどレイスには何か秘密があるようで……。 そんな二人が報われるまで。 ★本編完結済み。番外編を不定期に更新します。

3百年前に滅亡した、セントリーズ王国最後の王女だった記憶があるアンナは、ある日、人伝に噂を聞く。それは、かつて婚約を結んでいた王子が、王女の生まれ変わりを捜しているというものだった。彼は、キール・ベルフォルマという商人に生まれ変わり、容姿も王子の生き写しだという。居ても立ってもいられなくなったアンナは、旧王都へと旅立ち、着いたその日にベルフォルマ商館を訪ねるが、自称王女を名乗り出る者が、後を絶たなくて迷惑しているのだと、門前払いされてしまった。

 甘やかされ、我が儘で高慢に育った王女レイチェルは、沈黙の女神と人々に呼ばれている。  滅多に人々の前に姿を見せることもなければ、現れても挨拶さえ口にせず、一言も話さない。美しい顔には笑みが浮かぶこともなく、冷やかなまま。  だが、それは全て偽りの姿。  いくつかの秘密を抱えたまま、レイチェルは隣国の王フェリクスに嫁ぐことになった。  父王には本物の夫婦になるまでは真実を伝えてはならないと命じられ、夫となったフェリクスには偽りの姿を嫌悪されてしまう。  それでも前向きに生きようと決心したレイチェルだったが……。 ※1月6日(金)に一迅社様アイリスNEOより書籍発売されます!(一部店舗では年内に店頭に並ぶかもです)

愛と誓約の女神ヴィーシアに見守られし世界『ヴァイス』。この世界の中央に位置する大陸には数々の国が乱立し、覇権を争っていた。そんな中の一つであるリデア国から、人質として花嫁が送られた。誰にも祝福されぬ名ばかりの花嫁は、しかし一途に相手の王子を愛し、ただ王子の幸せを願っていた。大切な思い出を胸に秘めて・・・。***本編完結済み。番外編を更新中です***

「馬鹿にされてもかまわない。否定されてもかまわない。理解など求めない。―――これが、わたしの愛だ」我儘で高飛車な女として嫌われるローゼンシュタイン伯爵夫人。しかし、それは彼女の偽りの姿であり、夫が心置きなく恋人を愛せるよう、二人の時間を育めるよう、わざと嫌われ者を演じているのだった。愛する男のために己のすべてを犠牲にしようとした女の、滑稽なまでに一途な恋のお話。(あなたに捧げる赤い薔薇の改稿版です。前作とは所々設定が変わっています。現在オルフェウス視点の番外編『青い薔薇を乞う』を不定期連載中です。※第四回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞において金賞を受賞し、書籍化することが決まりました。2/2が発売日になります。)

10歳の時にかくれんぼをしていた私は異世界で迷子になっていた。その時助けてくれたのが旦那様。旦那様は王子さまだった。王子さまと結婚できるわけもなく私は妾という存在だ。旦那様が王様になって2年になる。とうとうこの日が来てしまった。旦那様が王妃を娶る日が......。邪魔はしません。家出させていただきます。 『百均で異世界スローライフ』のスピンオフです。 ※アルファポリスで重複掲載しています。

絵本のような王子様に憧れていた幼いレイリアは、実在の王子と婚約したことで、その幻想を粉々に打ち砕かれてしまう。 理想とする王子様なんて、現実ではいなかったんだ。……ならば、私が理想の王子様を目指そう。 それから約十年……レイリアは全寮制魔法学園で、「白薔薇の君」と呼ばれ持て囃される、女の子達憧れのヒーローになっていた。 初恋を拗らせて斜め上方向に行ってしまったレイリアと、そんなレイリアに子どもっぽく突っかかる婚約者アルファンスが繰り広げる、青春ラブコメ(予定)。 ※暫く返信の余裕がなくなりそうなので、一時的に感想受付を停止することにしました。 頂いた応援の声や、ご意見、誤字訂正、全て本当に有難かったです。すみません。

名門伯爵家令嬢 オフィーリアは、オルコック伯爵家当主 ローランドに嫁いだ。 しかし、初夜、ローランドはオフィーリアにある忠告をする。その忠告にオフィーリアは了承し、二人の約束になった。 「わたくしの旦那様は素晴らしいのです」 それは他者からすればまるで惚気るような、オフィーリアがよく口にする言葉。 そんなオフィーリアの、伯爵夫人としての日常物語。 (予告なくR15程度の性描写があります)(全5話+蛇足全6話)

魔王が好きでたまらないちょっと変態な勇者と、どうして甘やかされているのかさっぱり理解していない鈍感魔王。 そんな二人の(勇者の)愛がいっぱいある、そんなお話し。 ※本編完結済み、番外エピソードをちょこちょこ更新します※

少々お転婆な十七歳の男爵家令嬢ローズマリーに持ち上がった縁談のお相手は、幼馴染みである子爵家の子息、レイドリックだった。兄は、彼をこれ以上ない相手と持ち上げるも、ローズマリーは騙されない。だって彼女は知っていた。自分の幼馴染みは社交界では「渡り鳥の君」などと言う通称を付けられるほど、恋に不誠実な男であると言うこと。そして六年前のある夜を境に、彼が変わってしまったことを。 ※本編は完結済み、全年齢対象。番外編のみ若干のR指定あり。本編、番外編共に完結しました。 2016.6.1、アイリスNEO様より書籍にして頂きました。

 大学生、神谷夏威の恋人である『辻本美春』はカイの幼馴染にして、日本中を魅了するアイドルだ。  そんな天と地ほどに格差があるカイと美春は些細な事から喧嘩をしてしまう。  仲違いしてから連絡がつかない美春の事を心配していたカイは、ある日テレビで美春と実力派俳優が交際している内容を観てしまった。  絶望したカイは思い出の町から電波も届かない田舎に逃げ出し、そこで少女に出会う──悲しい過去を持った少女と。  過ごしていく中で少女に惹かれていくカイ。そのカイを追って何故か現れた美春。  今、新たな恋物語が幕を開ける──! ※作者が短編にしようとしてた設定を、気分転換に連載にしました。不定期連載になると思います。  ※幼馴染みとの再会は2章からになります。  ※12/27 日間恋愛ジャンル一位を取りました! ありがとうございます!

狼の獣人のニイシャは、狩りが下手で美人でもなく、里で 役立たずと噂されていた。そんな情けない自分を 変えたくて 狩りの練習をしていた最中、狂暴な獣に襲われた。そこを助けてくれた同じく狼の獣人に一目惚れをしたが、その彼に ニイシャは「里の噂通り」だと言われてしまう。しかも、彼は妹に求愛してきた。諦めたいのに、諦められない。恋心を忘れられないニイシャは、幸せに なれるのか。 本編完結しましたが、番外編を連載していきます。

16歳で遅い初恋に落ちたティナは勢いだけでうっかり結婚までしてしまい、後悔ばかりの日々を送っている。 まるで悪魔みたいに怖い容姿だけれど、きっと優しい人だと思っていたのだ。 でも嫁いだティナに待っていたのは、旦那様の酷い仕打ち。 ついには初夜へ迎えることなくティナは見捨てられ、彼は今夜も新妻を放置して、よその令嬢の元へ通っているらしい。

 第二王子クレイグの絵姿を見たときに子爵令嬢セシリアは前世の記憶を思い出す。誰からも愛されなかった小国の王女、そして王女の婚約者であった王子との初夜の悲劇、消してしまいたいほどの辛い過去。生まれ変わりなんて信じたくないけれど、危険は回避しておくにこしたことはない。絶対に会わないと決意するセシリアのもとに、なぜかクレイグ王子の結婚相手を選ぶためのパーティーの招待状が届く。会いたくない、でも会わざる得ない状況。再会を果たす二人の気持には温度差があり…。こちらでは初投稿です。幸せな二人を目指して頑張ります。

貧乏貴族令嬢のイオリアには、仮初の婚約者がいる。 その彼にどうやら好きな女性が出来たらしい。 婚約解消されることを覚悟して待つのに、人の良い彼は動かない。 ならば、イオリアに出来ることは、婚約解消がしやすい状況を作ること。 …仮初のはずが、恋に落ちてしまった女の子の考えた婚約解消作戦。 果たして、その結果は?

辺境伯の令嬢ラウラ・アンテスは第二王子との婚約解消を決心する。 失恋を乗り越えて自分らしく生きるため     ラウラ・アンテス アンテス辺境伯の令嬢。18才。王都の屋敷で暮らしていたけれど婚約破棄をして、辺境伯領地に帰る。 アレクセイ・ベルムバッハ ベルハイム王国の第二王子。19才。黄金の髪に深い青の瞳の非の打ち所がない美形。皆の憧れの王子だが婚約者のラウラにだけ冷たい。

地味で平凡なわたくしは身分しか貴方にあげらない。愛されてない妻でも良かったの、ただ貴方のお傍に居られればそれだけで。なのに貴方はわたくしの妹に心を奪われてしまった。わたくしはどうすれば良いの?だってわたくしは貴方の……。 ※すれ違いの王道ストーリー。 ※夫視点も含めて4話で完結しました。

再婚相手は顔は怖いが心優しい将軍閣下だった!? 皇帝陛下の側室の一人であるセラフィナは、このたび形だけの婚姻を破棄して臣下へと下賜されることになる。妖精と謳われる程の美貌を持つ彼女の次なる夫は、大陸最強の「黒獅子将軍」アイゼンフート侯爵だった。凶悪な噂に違わず凶悪な面構えをした彼は、実のところ誠実で優しい男性で…? すぐに傷を治す体質を持つためにすぐ無茶をする元姫×そんな彼女を守りたい将軍閣下の、王道恋愛ファンタジー。 ///完結まで執筆済み、毎朝7時投稿。第三章全25話+エピローグ1話で本編完結予定。 *婚姻破棄ものに見せかけた、ただの政略結婚ものです。ざまあ要素は皆無ですので何卒ご了承ください。 *設定上[戦闘、暴力、出血描写]が含まれます。苦手な方はご注意ください。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加