【もふもふ】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍のスピードで成長する能力を授かり、まるでゲームのような異世界へ。  だけれども、無職のままだと成長しても強くなれないことを知り、転職を目指した俺だったが、何の因果か無職の凄さを知る。  成長チートと無職チートで異世界を駆け上がる、ハローワークから有害図書認定されること間違いなしの冒険譚、ここに開幕。 ※2016/5/21 ネット小説大賞最終選考通過しました。 新紀元社さまより書籍化いたします。

VRMMOゲームをやる15歳の少女のユナ。 株で数十億稼ぎ、学校に行くこともなく、家に引きこもってゲームをしている。 本日も大型アップデートが行われるを楽しみにしてインする。そして、キャンペーンで、激レアチートの譲渡不可のクマさん装備一式を当てる。(クマの着ぐるみ、クマさんパペット、クマさんの靴) でも、こんなのボッチでもゲーム内の装備でも恥ずかしくて着れない。 さらにキャンペーンのアンケートを答えてゲームを再開すると、クマさん装備の格好で知らない森の中。 ここはどこ? 神様からメール? 異世界? クマさん装備を付ければチート、脱げば普通の少女。クマの着ぐるみを着たユナの気のままの冒険が始まる。 (主人公のレベルが上がるとクマの装備が強くなっていきます。主人公が魔法を覚えるとクマの装備が魔法を覚えます。この物語はクマ成分が大量に入ってますので気を付けて下さい) 主婦と生活社様より、書籍化されました。どうぞ、よろしくお願い致します。web版の削除、ダイジェストの予定はありません。 書籍版を基本にするため、設定が変わる場合があります。ご了承ください。 あときがや活動報告にて、報告させて頂きます。 現在5巻まで発売中です。 (6巻2017年3月31日発売予定)

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり周りのイケメンよりも食い気に走る、そんな残念主人公の異世界生活開幕します。(初心者の初投稿作品ですので、気軽にサクッと読んで頂ければと思います。不定期、鈍足更新です)

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住は保障され安堵したのも束の間、同級生の一人の陰謀により、罪人として森に捨てられる事に。 得体の知れない化け物に追い掛けられ、同級生への復讐を誓った瑠璃を拾ったのは、森にひっそりと暮らす魔女。 魔女の元で魔法を習い、着々と復讐する為の力を付けていった瑠璃はその後…………。 何故か白猫となり、竜王の膝の上で気持ちよくお昼寝をしていた。

悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳われる獣人傭兵団が、店に足を踏み入れた。 獣人傭兵団ともふもふまったり逆ハーライフ! 【第一章完結。第二章スタートです】

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファンタジーな動物たちともふもふしたり、なでなでしたりするだけの毎日。きな臭い動きもあるけれど、神様に振り回されつつ、チートな仲間たちと一緒に色々がんばってます! ※パパンを舐めてました~(26話以降)で、蜘蛛が出てくる描写が多々あります。苦手な方はご注意下さい。 ※念のため『残酷な描写あり』を増やしました。

 自称スーパーイケメンエリートの小橋川は、花の金曜日に六本木へ繰り出し、へべれけになるまで飲みまくっていた。女の子をナンパでゲットし意気揚々とタクシーへ乗り込もうとするところへ、暴走した車が突っ込み、交通事故に遭う。目が覚めると見たことのない英国風の造りの病室で眠っていた。そして鏡を見て絶叫する。鏡に映っていたのはジムで鍛えた筋肉美でなく、ブスでデブでニキビ面で冴えないエリィという少女だった。小橋川はデブでブスになったことを苦悩しながらも、大切なものを失ったエリィの辛い境遇を知り、自身の経験を駆使し、ダイエット、おシャレ、営業活動、冒険、と自由に生きていくことを決意する。  デブでブスの女の子に転生した完璧主義のイケメンが努力して美人になり、学校の成績もぶっちぎり、ついでに営業力を発揮して成り上がる、シンデレラサクセスストーリー。  痛快でわかりやすい物語が好きなので、ベタが好きな方は楽しんで頂けると思います! ※更新は一週間を目安にさせて頂いております。 ※返信は稀ですが感想欄は必ず拝見させていただいております。 ※双葉社様から書籍化致します。第1巻2016年8月18日発売。第2巻2016年11月30日発売。

アラフォーの私はなぜか気がついたらゲームの世界へ転生していたようです。 しかもお約束のようにヒロインのライバルキャラの悪役女として。 しかも死亡ENDしかない美少女として。 ありがとう。 魂的には残念過ぎるけど、なるべくフラグを折りつつ美少年たちを鑑賞し、アラフォー女へのプレゼントだと思って残りの人生を気ままに楽しませていただきます! *主人公の年齢の表現を多少訂正しました。

世界初のVRMMO用のアクションゲームFWO(ファンタジー・ワールド・オンライン) そのFWOで地雷職と言われているサモナーを選択した主人公がもふもふな召喚モンスターやかわいい装備を集めて戯れてニマニマするお話。 本人的には特に最強を目指したり積極的に攻略に取り掛かる気はあんまり無いが、かわいいモンスターや服の材料を求めて奔走したり、うっかりボスに挑んだり、状況に流される内に気付いたらFWO内でもトップランカーになってしまう。・・・召喚モンスターが。

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣きながらレイスに全力で腹パンして、「私もあんたなんて大嫌いよ!」と勢いで口走り逃走した、苦い思い出から数年後。貴重な存在である『精霊使い』として成長し、国からとある大役を任されたスーリアの元に、護衛として訪れたのは、冷酷非情な『悪魔騎士』の異名で知られるレイスであった。 行動を共にすることになり、古傷抉られまくりなスーリア。だけどレイスには何か秘密があるようで……。 そんな二人が報われるまで。 ★本編完結済み。番外編を不定期に更新します。

 気がつけば、死亡フラグ満載の悪役令嬢として目覚めていた。  せっかく健康な体で生まれ変わったんだから、私幸せになります!  とりあえず、家族関係を改善しつつ死亡フラグを片っ端から潰そうと思います。  早くもふもふを出したいけど話がなかなか進みません。気楽に書いてるので、気楽に読んでいただけるとありがたいです。 R15は保険です。

生まれ変わったら、白い狼の子供になっていました!――召喚獣と呼ばれる種族の私は、生まれてすぐにご主人様に召喚された。ちょっときびしいところもあるけど、美味しい魔力をくれるご主人様が私は大好き。ずっと一緒にいたい!でもご主人様のそばにいるためには『契約』を結ばなくちゃいけないようで……え、人型をとれないと契約できない?そんなの無理ですご主人様!ちょ、ご飯抜きとか言わないで!――これは赤ちゃん狼の私が、ご主人様にしごかれて人型をとれるようになるまでのお話。

日本で理系大学生だった僕はある日トラックに轢かれ、目を覚ますと剣と魔法の異世界に転生していた。王国最北を治めるリエラノーク辺境伯家の次男に魔法の素質を持って生まれた僕は、今日も魔法を研究してたりしなかったり。女顔でお母様が可愛いもの好きだからいつも女装しててよく女の子に間違えられるけど、お母様が笑ってくれるから気にしない。お姫さまと仲良くなって多くの貴族に目をつけられたけど、お姫さまといると楽しいから気にしない。ダンジョン丸ごと一つ私物化して魔導会社を設立し、前世の知識を活用しつつ魔導具を売ったら色々言われたけど気にしn──うん、さすがに天災魔導師だなんて呼ばないでほしいな。

日本で研究者をしていた28歳の私は、気付いたらファンタジーの世界へ輪廻転生をしていました。 更に半精霊化した父と精霊の母を持つクォーターという存在に。 父に執着する叔母、問題児の従妹達。まるで乙女ゲームの様な泥沼のテンプレを巻き起こす彼女達。 更に何故か従妹が狙っていたと思わしき対象に気に入られたり、王様相手に言葉でバトルをやりあったり。人間助けたり、精霊助けたりと大忙し! 更にあの人達が最終的に父を狙っていると知ったその瞬間。 「潰します」 チートな主人公が、人様の家庭に手を出すんじゃないと制裁に乗り出す。そんなお話。 ※重複投稿しています。 三章更新と全ページの修正を同時進行で行っております。 指の脱臼を治療中の為、更新頻度が遅くなります。

敵国に殺された記憶を持ったまま、公爵令嬢として生まれ変わったエリナ。前世では国の戦争に巻き込まれて死んだので、今生では王族に関わりを持たず平穏に暮らしたいと願っていた。エリナは王立図書館に通い、平穏に暮らす為の知識を得るべく本を読みまくった。しかし、それが切っ掛けで王子との婚約話が来てしまう。(11/8~「今日の一冊」http://syosetu.com/issatu/archive/no/24/にて紹介されました。ありがとうございます)

「狂人の遺産」――"褒め言葉"としてそう呼ばれるVRMMOが流行る、そう遠くない未来。世界中の人間が熱狂するそのゲームに、一人のぼっちな少女が足を踏み入れた。初っ端から開発の罠に引っ掛かったり妙なレア種族を引き当てたものの、ソロは非推奨という厳しい現実に突き当たる。しかし、偶然に得た情報をもとにモフモフを求めて高レベルの森へ入ったことにより、少女の冒険譚は幕を開けた。現実で問題を抱える少女がゲームを通して斜め上に成長をしていく物語。

 剣と魔法、スキル、レベルがあるこの世界。エンチャンシア王国辺境の更に僻地にある開拓村で生まれ育ったリューマは生まれつき人や物のステータスが見える【鑑定】というスキルを持っていた。  だが、それだけならこの世界ではさほど珍しいことではない。リューマはその【鑑定】スキルとは別にユニークスキルとして【|技能交換《スキルトレード》】というスキルを持っていた。  スキル同士を交換できるこのスキルを使って辺境で冒険者を目指すことにしたリューマは猫人族の幼馴染などを仲間に加えつつ、その力でやがて辺境で名を上げていく。

魔法を使えることが当たり前の世界にて、辺境の子爵家長男のアルフレッドには膨大な魔力量があることが判明し、大切に育てられた。だが十三歳の誕生日、彼の人生は一変する。彼には適応する属性がなかったのだ。属性が無ければ魔法が使えない。壮大な宝の持ち腐れとなった彼はそのことで大恥をかいた家族によって不遇の生活を強いられ、さらには命を狙われてしまう。そんな彼を救ったのは一冊の本。その本はなぜか彼にしか見えない本だった。その本は彼のような属性を持たず、そして膨大な魔力を持つ特異な者にしか存在を感じ取れない本であり、はるか太古に滅んだ星の叡智を記録した本だった。本と契約した彼はアルトと名を変えて新たな人生を歩む。本の叡智を魔力で召喚して戦うという、世界でただ一人の召喚士。そんな彼を巡って世界が動き出す。そして本が選ぶ最適かつ明後日のさらに斜め上の方向にぶっ飛んだ召喚が敵を薙ぎ払う。様々な出会いを重ね、アルトは世界のすべてをその目で見るという自らの夢を叶えるために進む。

交通事故で障害が残ってしまったアラ4おっさんが世界初のVRMMOのα、βテストに参加するが好き勝手にプレーして運営の予定の斜め上を行く行動をしてしまう話。

パレットは港町アカレアの領主館で働く文官だ。ある日パレットが領主様に呼ばれると、待っていたのは見目麗しい王都の騎士様。この騎士様の頼みで、危険な森への案内役に抜擢される羽目になる。  これも仕事であるならば仕方がない、犯罪でなければ引き受けますとも。今の安定した仕事と給料のためならば。ちなみに犯罪沙汰が判明した場合は、速やかに逃げますがね。  これは、むっつり不機嫌顔が平常運転な乙女と、猫かぶりな口の悪い騎士様の、ロマンスになるまでの道のりである。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加