【オリジナル戦記】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚されてしまったのだ。日色は自由に異世界生活を満喫することにした。書いた文字の意味を現象化させることができる《文字魔法》を使う少年が、いずれ世界を救う物語。  「富士見ファンタジア文庫」から第9巻、外伝が3冊と発売中です。コミックスも第4巻が発売中です。【2015/4/18 0:00 完結致しました】 番外編も完結しました。

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。・・・・・・・・6月28日、活動報告にて近況をカキコ。是非ご覧下さい。・・・・・コンプティーク2015年5月号にて紹介されました。この場を借りて、編集者Hさんと応援してくれる読者の皆様。そして雑誌を読んで来てくれた皆様へ感謝の言葉を捧げます。★ヒーロー文庫より書籍化されました。皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は、不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって、大きく動き出す。宿命の出会いが少年の人生を変え、周囲を巻き込み、やがて世界を揺るがす事になる。 そんな物語です。 2016/11/18 書籍化が決定いたしました! KADOKAWAエンターブレイン様より、2017年1月31日に発売されます。応援して頂いた読者の皆様、本当にありがとうございます。 2017/1/10 いよいよ今月末、1月31日が書籍の発売日です! あっという間のような長かったような…… 後はもう買って頂いた方々に喜んでもらえるものになっていればと願うばかりです。よろしくお願いします。

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。勇者とか英雄なにそれ美味しいの?魔王?ああ湧いてでてくるやつね?な感覚です。 では長いお付き合いになりますよう願います。 ※「気持ち悪いとか、個人の主観での好き嫌い」の宣言はこの感想欄ダメですのでよろしくお願いします。 2016年3月26日にて8000万PVと750万ユニーク!! うん、趣味で書いてたのが気が付けばここまできたよ。ありがとう。 ※初期段階の原稿は誤字脱字多いと覚悟してください…ごめんなさい。

大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの魔法を扱えず、出来損ないの士官として地方へ左遷されてしまう。 しかしやる気のない彼は左遷を喜び、田舎都市で楽隠居を決め込むつもりであった。 だが彼の願望とは異なり、時代の激動は彼に歴史の表舞台へと立つことを要求した。 この物語は「王都のごくつぶし」、「カーリンの昼行灯」と呼ばれた、やる気なし青年士官であるユイ・イスターツが、「救国の英雄」と呼ばれることとなる大陸騒乱の物語である。 (Unmotivetid hero’s tale Ω) *書籍版全6巻はMFブックスより発売中

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作業を始める。 少しづつ孤児が集まり、村の噂を聞いて難民がやってくる。 ただの子供だけの集団がいつしか村になる。 そして周囲の国々に目を付けられ始め…… 後に神帝と呼ばれる男の英雄譚 これは異世界に転生した主人公が、孤児のリーダー→村長→大豪族→国王→皇帝と成りあがっていく物語。 古代世界を舞台にした、内政系ファンタジーです。 テンプレを踏襲しながらも、独自の内政をしていきたいと思います

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! ※タイトルに戦記とありますが、第1部は内政が主となっています。戦闘は第2部中盤からとなっております。 ※オーバーラップノベルス様から書籍化されました。  第1巻、第2巻発売中! 第3巻は1月25日発売です!

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、ユゼフ・ワレサの活躍(?)の物語です。たぶん。 第二の故郷、シレジア王国は風前の灯だった。近隣諸国の軍事圧力によって滅亡まで時間がない。そう感じた俺は士官学校に入学して前世知識フル動員のチート英雄を目指し……たかったよね。うん。 前世の記憶じゃ剣は振れない、前世じゃ馬に乗ったことない。魔術? なぁにそれ? 今ここに「頭以外不要」と呼ばれた俺の物語が……始まればいいなぁ。 ----- 息抜き投稿。不定期投稿。ゆったり投稿。1話あたり2000字前後という手抜き仕様となっております。 ノリと勢いで書く予定なので細かいことは気にしないでくださいね。 アース・スターノベル様より書籍版第1巻~3巻が発売中です。 サブタイトルに「(改)」がついているのは書籍版と同じ内容となっています。 また、アース・スターコミック様よりコミック特別読切版が無料公開中です。

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は自分を助けてくれた獣人たちを救うために、漫画やゲームの知識をもとに人間の国家と戦うことになる。 これは、後世において史上最悪の破壊者にして虐殺者と呼び恐れられる「破壊の御子ソーマ・キサキ」となる少年の物語。

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。 魔物を率いて神々への反旗を翻した王の物語。そして彼を支えた魔物と人間達の物語。 ※1章『王の帰還』、2章『楽園は遠く』、3章『群雄時代』、第4章『遙かなる王国』完結。ゴブリンの王国完結いたしました。長らくの応援・感想・評価ありがとうございました。

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。 絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在だった。 しかし、そんな彼には、他の魔族にはいえない秘密があった。 「――俺、実は人間なんだよね」 その秘密がばれないよう『現代知識』を活用して頑張っていたら、『名将』扱いされるようになってしまった彼は、今日も魔王軍快進撃の原動力となる。 ※モンスター文庫様より書籍版発売中です。

川に溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。 問題ばかりで滅びかけた国の中で、人生をエンジョイしつつ自分の居場所を作っていく物語。 注意: 魔法などの幻想的な要素は登場しません。 主人公は特異な技能をもたず、超能力等特異な技能を持った人物も登場しません。 誤字脱字報告大歓迎

包丁を持った通り魔から幼馴染の妹をかばって死んでしまった椎名和也(しいな かずや)高校二年生。カイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らない神々と王国上層部や女性たちに振り回されながら成長していくカイン。神々の多大過ぎる加護を受け、でたらめなステータスを隠しながらフラグを乗り越えて行く、少し腹黒で少しドジで抜けている少年の王道ファンタジー。 素人丸出しの作品ですが、読者の皆様のご指摘を受けながら日々勉強していっております。後に読むにつれ作者の成長がわかるかもしれません。よろしくお願いいたします。 ※投稿初期のほうは人称表示等、特にひどいと思います。初めて読む方にはご迷惑おかけします。 第五回ネット小説大賞期間中受賞をいただきました。 サーガフォレスト様(一二三書房)より出版予定です。 これまで多くの読者様にご指導いただいたお陰だと思っております。本当にありがとうございました! ****************************************************** 2017/01/17 四半期 異世界転生/転移 ファンタジー部門 3位獲得 2016/12/20 月間 異世界転生/転移 ファンタジー部門 1位獲得 2016/12/04 週間 異世界転生/転移 総合3位 ファンタジー部門1位獲得 2016/12/02 日間 異世界転生/転移 総合1位 ファンタジー部門1位獲得 2017/01/13 総合評価35,000pt獲得 2016/12/24 総合評価30,000pt獲得 2016/12/08 総合評価20,000pt獲得 2017/01/23 ブックマーク15,000人突破 読者の皆様のおかげです。ブックマーク、評価ありがとうございます。感謝を申し上げます。 ****************************************************** 処女作になります。読み専から勢いで書いてしまった素人なのでプレッシャーで胃が痛いです。できれば暖かく見守ってください。よろしくお願いいたします。 アルファポリス様にて重複投稿しております。

魔法学校が卒業間近にもかかわらず、白魔法での就職先が決まらない青年フランツは焦っていた。 そこで彼はダメ元で、キモイ・キタナイ・キケンの3K魔法業界と言われていて、全然人気のない黒魔法の会社を受けた。 すると、その会社は若者でも快適に働けるように、職場環境を改善しまくっていた。しかも、フランツと黒魔法の相性がよくて、上級使い魔のサキュバスまで召喚してしまう。 就職できない彼をバカにしていた同級生をやり返しつつ、かわいいケルベロス娘の上司や、使い魔のサキュバスと楽しく、ゆるく社会人生活をはじめます。

痛みで目を覚ました時、まだ五歳になったばかりの少年は、たくさんの物事を考えられるようになっていた。 頭に痛みが走る度、少年には不思議なことが起こるようになり、そしてついに能力が目覚める……。 暖かな人達との出会い、繋がりを感じる中で、少年は生きる為に迷宮へと足を踏み入れた。 何でも収納することが出来る黒い霧(シークレットスペース)の能力と、レベルとスキルを交換することの出来る対価交換(エクスチェンジ)で、少年は今日も迷宮に潜りスライムと対峙する。 そして少年が迷宮を踏破する時、迷宮の秘密を知ることとなる……。 物語が進行する度、あらすじも追記していく予定です。 物語開始時の主人公クリスの年齢を三歳から五歳に変更しました。(8/19)

 努力に努力を重ねたが、自らの才能の壁に嘆き、人生のトップランカーになることを諦めた一人の男が偶然により運悪く若くして命を落としてしまった。  その男は前世の記憶を残したまま、魔法、スキル、レベルが存在する異世界リーグユールにラルクス・クライバードとして生を受ける。全てのスキルを努力次第で獲得することができるユニークスキルを持って生まれたラルクスはもう一度最強を目指して歩みだす。だが、その世界は剣だけでは勝てない、魔法だけでも勝てない魔物が数多く存在していた。折しも魔物の攻勢が盛んになり人類が緩やかに衰退する世界で、迷いながらも最強を目指すラルクスが目指す先とは。  ※この小説は主人公最強ものではありません。

 エリアール大陸には〝使徒〟と呼ばれる神秘の存在がいる。  彼らは総じて優秀な将軍であり、単騎で数千の兵を屠れる猛者でもある。  そんな使徒が存在するエリアール大陸の中央部を領土とする、アルシオン王国の王都。  そこで日本での前世を持つ貴族の少年、ユウヤ・クロスフォードは、空腹で動けなくなっていた美しき少女、エルトと出会う。  薔薇色の髪に青みがかった灰色の瞳を持つエルトは、外見、態度ともにどうみても庶民には見えない。  しかし、エルトが普通ではないことに気付きつつ、妙に気の合ったユウヤはエルトと一時の友情を得る。  そしてそれから数年後。  ユウヤは初陣で敗北を経験し、一人彷徨っていた。  敵に追われる中、ユウヤはエルトと再会する。  エルトは憔悴しているユウヤに笑いながら問う。 「お腹が空いているか?」  と。 双葉社Mノベルズより書籍化します。

※TOブックス様より書籍化が決定しました。詳しくは活動報告をご覧ください。 僕が魔法奴隷として転生したのは『17までの数字しかない』未開の異世界……のすみっこの小さな村。 カミサマに翻訳の力を授かって転生した僕は、すさまじく難しい魔法言語を自在に発音できることに気付く。 最強の魔法への適性を武器に、僕は、僕を奴隷の身分に落としたこの世界に復讐することを決めるが―――― これは、魔法奴隷になった僕が世界をつかむまでの物語。 たくさんのブックマーク、感想、評価、本当にありがとうございます! 現在、更新停止中です。更新再開の際はあらためてご連絡します。

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことができた彼女は、その未練を捨て、新天地を求める。 時は流れ数年後、エレインはフェイと名前を改め、男の格好をして冒険者となりその名を馳せていた。 ある日、王立魔道騎士団の団長に、ともに仕事をしてみないかと誘われたフェイは『王族とは関わらない』を条件に承諾するのだが…。 改訂版となります。ゲームと転生の設定を改めましたが、ストーリーに変わりはないです。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加