【ギルド】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを……。  少々出来が良過ぎたために周りの期待が大きく、思うように生きることができなかった海里は、望みを尋ねる神様にこうお願いしたのであった。 『次の人生、能力は平均値でお願いします!』  なのに、何だか話が違うよ!  3つの名前を持つ少女、うっかりS級ハンターなんかにならないように気を付けて、普通に生きて行きます。  だって、私はごく普通の、平凡な女の子なんだからね。いや、ホント。 アース・スター エンターテイメントの、アース・スターノベルから書籍化されました。 皆様のおかげで、2016年11月15日、第3巻発売です。 加筆修正、書き下ろし短編1つ、その他として初版同梱SS2つ、書店特典SSが数種類です。よろしくお願い致します。(^^ゞ コミカライズ、好評連載中です。コミック アース・スター(web誌)なので、無料で読めます。(^^ゞ  

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく。 PVが6億、UAが3000万を突破しました。読んで下さった方、ありがとうございます。 カドカワBOOKSより第7巻が発売しました。 それに伴い、設定を書籍版に準拠させて貰います。多少不都合が出てくる場所もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普通なら数十のクラスがあるところが栄司にはパラサイトのクラス一つしかなかった。しかたがないのでその一つだけを身につけ異世界に行く栄司は気落ちしていたが、力を使ううちにその真価に気付く。他者の得た力を何倍にも増幅して自分も得ることができるパラサイトの力を使い、栄司のレベルは上がりすぎていくかもしれない。追記:カドカワBOOKSさまより書籍化しました。二巻が2/10刊行予定です。

アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並みの冒険者では何十年かけても到達できない冒険者強度十万越えを達成する才能の持ち主だった。魔王討伐隊を結成した彼らはたった5人でいともあっさり魔王を負かし、王国に平和を取り戻す。 彼らの中の五人目、最も器用貧乏なディック・シルバーは、魔王を討伐したあといかに目立たずに自分のやりたいことをやるかを考えた結果、魔王討伐の褒美として場末の酒場にしか見えないギルドハウスをもらい、欠番だった王国で12番目のギルドマスターの座に就任する。 自らが表舞台に立たずに最大の利益を得るため、彼が5年をかけて辿り着いた究極のスタイルとは、自分は動かずにあくまで相談役として酒場に常駐するというものだった。 今日もただの常連客と見せかけて、ギルドに併設された酒場のカウンターで飲んだくれるディックのもとに、婚約破棄を望む姫君が訪れる――。

話題のVRMMO『Innocent World Online』。多種多様なスキルによる自由度が売りのこのゲームで、常人には真似できない変態プレイをしている一人の男がいた……◇無表情系変人主人公がゲーム世界で火力を追い求め、時に恐れられ、時に妬まれ、時に想われまったりと日々を過ごすお話。◇主人公の藤寺九乃(HN:クノ)は、襲い来るモンスターの波を不動で瞬殺し、小さな兎の一撃でHPバーが吹っ飛ぶ。そんな感じの極振りさん。◇美少女ばかりのギルドに入ったり、にも関わらずソロが良いとかぬかしたり。プライドの高い騎獣を恐怖で従わせたり、掲示板の住人を調教したり(自覚なし)。主人公の変人変態っぷりは一体どこまで行くのだろうか?◇リアルのお話も割と含みます。本編完結。後日談、のんびり掲載中。◇【宣伝】新連載始めました。『九人目の勇者と駄女神の異世界救世史』http://ncode.syosetu.com/n4929ds/ こちら方も、どうぞよろしくお願いします。

 MMORPG「エターナル・マギア」のトッププレイヤーだった森岡弘人は、リアルでは引きこもり歴三年の高校一年生だった。人生の大半を注ぎ込んだゲームで全てを失い、自暴自棄に陥っていた弘人は、人生の最後を「疎遠だった幼なじみの女の子を、トラック事故から助ける」という形で幕を閉じる。  リアルではコミュ難だが、ゲームの中ではコミュ力最強の彼をトップに君臨させていたのは、誰も取らない不人気スキル「交渉術」。弘人に興味を持っていた異世界の女神に転生させられ、生前の不幸をボーナスポイントに換算された彼は、迷いなく交渉術に最大までスキルポイントを振る。  ゲームをそのまま再現したような異世界で、記憶を引き継いだまま赤ん坊として転生した弘人は、交渉術の有用性を再確認し、時に意外な使い方に気づきながら、ただの村人からじわじわと成り上がっていく。 ※あらすじは予定です。 ※主人公以外にも数人だけ転生したり、異世界に行く人物がいます。 ※ステータス表記は節目ごとに行います。 ※一度全面的に改訂し、WEB版は表現を修正しています。 ※ファミ通文庫様より書籍版3巻が1月30日より発売中です。

アスカレア王国には、四つの冒険者ギルドが存在する。その中の一つ、冒険者の町タウーレンに存在する冒険者ギルドは、四つの中でも最も忙しいギルドである。 そんなギルドに派遣された男『テプト・セッテン』。彼の前世は、何の取り柄もない凡人学生だった。神によって才能を与えられて転生するも、選んだ道はギルド職員。彼は傍若無人な冒険者に説教をしながら、問題だらけのギルド内で、女性や男たちとわちゃわちゃしつつも、平和な日々をおくる。

シルティーナは元公爵令嬢だった。 2年前に国外追放を言い渡され、渡った隣国でギルドに入り今や他国にまで名を知られる程に強くなった彼女に自分を追放した国から呼び出しがかかる。 魔物により穢れた土地の浄化の為に、常にやる気ゼロの相棒と、自分を追放にまで追いやった異世界の少女と、元婚約者の第一王子様と、元弟の騎士様と、そして無駄に恥ずかしがり屋な魔法使いと一緒に旅に出る羽目になった彼女が敵を斬ったり味方にツッコんだり時々ボケたりするお話し。 ※残酷な描写ありは一応です。

洋ゲーVRMMO【DEMONDAL】は、非常に硬派なゲームシステムで知られている。まずレベルがない。スキルもない。ギルドもない。インベントリもない。簡易メッセージやマップの類もない。その無駄なリアリティ、最早VR生活シミュレータ。ゲームらしい要素として、武器を振るえばマスタリーと呼ばれる習熟度が上がっていき、それに伴って身体能力も強化されるが、それだけだ。ファンタジーゲームなので魔術は存在するものの、精霊と契約するのが難しすぎて、プレイヤー人口の1%しか魔術師は存在しない。そんな限りなく中世に近い仮想世界【DEMONDAL】で、騎射の達人として知られる主人公・ケイは、ある日フレンドのロシア人と共に異世界へ転移する。元々シビアだったゲームが現実化したことで、世界はさらに苛酷さを増していた――。 「◆」のついた話にはイラストや資料があります。///宝島社様の、「このライトノベルがすごい!文庫」から書籍化いたしました。今後とも応援のほど、よろしくお願い申し上げます。 /// I found that some foreigners have read my novel. Thanks for reading and if you have difficulties to understand my text, I can't translate well but can explain the nuance and meaning, so do not hesitate to throw questions, in english or french, by message or onto my twitter @iko_ka . =D

 森の奥深くで人知れず暮らしていた少年、ユーリ。  彼は鍛えぬいたその肉体によって、ほとんどの魔法を受け付けないという特殊な体質を持っていた。  そんなユーリの元に、ある日美少女エルフのフィーリアが迷い込んでくる。  まだ見ぬ外の世界に惹かれたユーリは、フィーリアと共に外の世界へと飛び出すのだった。 「ユーリさんって何か魔法使えるんですか?」 「使えるぞ。筋肉魔法だ」 「……何ですか、それ?」 「魔力の代わりに筋肉を使って放つ究極の魔法だ」 「それは魔法じゃなくてただの力技です」  これは筋肉を極めた一人の男が、絶世の美女であるエルフと共に世界を回るお話。

 俺の姉貴は1歳違いで隣に住んでいる。本当の兄弟じゃないけど、生まれたときから世話になってるらしい。そんな姉貴には密かな願いがあったようだ。異世界で暮したいって、そんな願いに俺は巻き込まれてしまった。さらには、異世界には危険が一杯って……なんでそんなの持って来るんだよ。っていうか、何処で手に入れた!まあ……、異世界なら仕方ないかなって俺も流されてるし。とりあえず姉貴と2人でなんとかこの世界で暮していかないと……。  こんな決心で異世界暮らしを始める男の子の物語です。

平凡な冒険者マツスケは、ギルドの中でも誰よりも努力家だったが、人よりレベルが上がりにくい体質のために不遇の扱いを受けていた。 ついにはマスターに蹴飛ばされ、ボロ雑巾のように扱われてクビになる。  ――マツスケは誓う。 絶対にお前らをギャフンと言わせてやる! だが腕っ節では到底敵わない。ならどうするか? そうだ、最高の甘味処を作ってギルドに嫌がらせをしよう! 計画に向け、マツスケは動き出した。

   異世界に落ちてから早50年。今では何故落ちたのか、落ちてくる前の暮らしはどんなだったかもあやふやになってきている。  元は男性として暮らしていたはずだが、この世界に落ちて来た私の体は、エルフ族と呼ばれる種族の女性の姿になっていた。  そんな私と一緒にパーティを組んだハンター仲間も今は3人が残っているだけだ。 彼等が残していった子供達だってとっくに成人している。  かつての仲間に助けられて、この世界のとある王国で殆どトップにまで上り詰めた私には、これと言ってやることが見つからない。  そんな私が、ハンターになったころ世話になった小さな町に足を運んだ時、面白い依頼を受けることになった。  引き受けた依頼は、1年間の期間限定でのハンターへの狩りの助言と協力……。  ハンターが無謀な狩りを引き受ける事のないように、コンサルティングとインストラクターを兼ねるような依頼だった。  低レベルのハンター達に狩りの仕方を教えれば良いだろうと思っていたのだが……。 ちびっ子達の薬草採取から、駆け落ちハンター達の面倒も見なけりゃならないようだ。 その上、ギルドには次々と重症者の知らせが飛び込んでくる。 この世界にあるのは、簡単な治癒魔法と薬草だから、手術までやることになってしまった。 ギルドのホールで皆の無事を祈りながら、今日も初心者ハンター達の狩り相談を待つことにする。  こんな感じで進む物語です。  第1部を終了して、現在は第2部を連載中です。一度町を離れた主人公が、数年後に小さな女の子を連れて再び町に戻ってきたところから始まります。女の子が一人前のハンターになる様子を描いていく予定です。

ログインしたらデスゲームでした。周囲のプレイヤー達が喚く中、カルマは死を恐れることなく攻略を開始する。だって死なないから! そう、カルマはステ振りと称号の組み合わせにより見事ダメージを受け付けない身体となったのだ! そんな不死身の彼と、彼を取り巻くギルドメンバーやスライムは、いつしかゲーム内トップクラスの少数精鋭ギルドとなり攻略の最前線を突き進んで行く。 ※カルマは基本ソロプレイです。 ※何度も言うけど周囲が命懸けでもまず身の危険はありません。

 高校一年の最初の終業式の日。道塚浩太は友達の誘いを断り所用を終えた帰り、少女が通り魔に襲われている場面に遭遇する。咄嗟に少女を救うことに成功するも逆上した通り魔に襲われ死んでしまう。  死ぬ直前「異世界に行きたい」と何よりも強く思った浩太の魂を、地球の神様が異世界の女神さまに送ってくれた事で異世界に転生することになった。前世の記憶を持ちながら平民の三男『レイ』として赤ん坊に転生した浩太は、いつかは冒険者になり、様々な冒険をしたいという夢を持っていたが生まれてすぐに村を襲ってきた黒竜に飲み込まれてしまう。  しかしレイは転生時に得た加護のお蔭で黒竜の胃の中で生きていた。更にレイは黒龍の中に居るためか黒竜が倒した魔物の経験値も得ることができた。数年後、女神の依頼で救助に訪れた白竜によって遂に外の世界に解き放たれようやくレイの異世界生活が始まるのであった。 誤字脱字は感想欄で報告していただけると確認次第、修正します。

 鬼瓦正蔵は三十路手前で女神と出会い、うだつの上がらなかった人生から一転、一度目の成り上がりを果たす。  41歳になり、女神である妻と3人の娘に囲まれ、念願のマイホームを手に入れた。  直後、家ごと異世界に転移してしまう。  ライフラインは繋がったままなので生活は困らないが、いざというときのため、正蔵は働きに出ることに。  零細ギルドに採用されると、日本で培った営業スキルや妻とXXX(自主規制)して得たチート能力(物理)で大活躍。異世界無双が止まらないっ!   「だっておとーさまは、むてきですからっ!」(三女談)  家族の称賛を一身に浴び、正蔵の二度目の成り上がりが始まるっ!

「あなたの願いを叶えます」 順風満帆な生活を過ごしていた俺、佐藤 空の元に1通のメールが届いた。メールの中身は新しくサービス開始するオンラインゲーム 《ジェネシスオンライン》のβテスト当選の通知であった。 βテストサービス開始日にジェネシスオンラインをインストールすると……。 気付けば、俺はゲームであるはずのジェネシスオンラインの世界にいた。 「いいえ。ここはゲームの世界ではありません。新しい世界ジェネシスです。マスターは創造主により選ばれこちらの世界に来ました」 新しい世界ジェネシスに降り立った俺はかつての仲間を探して冒険の旅に出かける。 初めてネットゲームの世界に飛び込んだ頃の気持ちを思い出せるようなお話です。 主人公は最初から強い訳ではなく、コツコツと仲間たちと共に成長していくような、冒険譚です。 初めての小説なので拙い文章となりますが、お付き合い頂ければ幸いです。 ☆総PV5,000,000突破☆(2016年2月17日) ☆第一部完(2016年3月25日) ☆MFブックス&アリアンローズ新人賞 MFブックス部門新人賞佳作受賞☆(2016年3月15日)

知らず知らず異世界に迷い込んだ俺は、自由気ままに旅をしながら、異世界の住人と関わりを持つ。 そして神から貰った?神装を駆使して這い上がり。 鈍感ながらも、いつの間にかモテモテ!? 敵に容赦をしませんが、とても優しく強い主人公です。 550万PV達成致しました。 総合評価20000達成致しました。 本当にありがとうございます○┓

魔王を倒すため異世界にクラスごと召喚されたハヤト。クラスメートが戦闘でチートな『適職』を有する中、彼の適職はありふれた『料理人』だった。 スライムにも負けかねないハヤト。俺は自由にいきる! と気ままに生きることにした。 クラスの女子と屋台を経営したり、自分の店を持ったり、仲間やヒロイン達(?)と暴れまわる日々。 ※双葉社様のMノベルズから書籍版第3巻が9月末に発売します! ★話に挿絵ファンアートがあります。

新藤海(カイ)は両親が残した借金を完済した直後、ひったくり犯に殺されて異世界に転生した。 転生ボーナスを決める方法は、なんとソシャゲでお馴染みの「ガチャ」だった! 引き当てたカードは最高レアリティのレジェンドレア。しかも他のスキルや魔法をコピーできるチートスキルだ。 ところが、前世の記憶を取り戻す前に故郷の村が野盗に襲われて、復興のための莫大な借金を背負うことになってしまう。 それでもレジェンドレアのチートスキルさえあれば返済は余裕(のはず)! カイは金を稼ぐため冒険者になり、二度目の借金完済と「何かデッカイことをしたい」という夢の実現を目指し、成り上がり街道を駆け上がっていくのだった。 【タイトル微変更しました】 【最高順位:総合日刊1位、転移・転生日刊1位、総合週間1位、転移・転生週間1位】 【35話までをEランク編とし、36話からはDランク編として、98話からはCランク(仮)編として更新しています】

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加