【クラス転移】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラスメイト達。そうして突然始まった異世界サバイバル。極限状態の中……彼は気付いた。自分だけが日本に帰れる事に。第一部完。第二部完。書籍化しました。

クラス転移して皆が成長チートをもらうなか、無堂信人が得たスキルは『ペナルティ0』だけ。これはスキルをいくつ取ってもペナルティ無しというものだが、成長チートのない信人には無駄スキルとしてクラスメイトたちは彼を小馬鹿にする。皆が凄まじい速度で成長していく中、信人だけは自分のスキルを信じて地道に努力を重ねる。その姿を見て爆笑するクラスメイトたちであったが、彼のペナルティ0こそが隠れスキルを得るために必要なものであり―――やがて凄まじいほどのスキル格差が生まれるのだった。

カースト底辺高校生の直見真嗣(なおみ・まさつぐ)は異世界からのクラス召還に巻き込まれてしまう。だが、呼び出した王様から早々に「こいつはへぼスキルしかないから不要」と切り捨てられ、誰もやりたがらない孤児院の運営を押し付けられてしまう。だが、そんな彼の持っていたスキルはもちろんチートだった上に、なぜか続々と孤児院には不遇だけど可愛い女の子たちが集まってくるのであった。 彼は自分を頼ってくるいたいけな少女たちを「守る」ために、今日も周囲の権力者や権威、かつてのクラスメイトたちを蹂躙しつつ、孤児院の運営にいそしむのであった。

異世界クラス転移で神様に会ったら既にチートスキルは全て売り切れだった。 残り物のゴミスキルを全部押し付けられて異世界へと旅立つがクラス転移なのに同級生達はとっくに移動してしまっていて森の中でぼっち。 主人公は名乗りません、同級生の名前も覚えません、異世界の人々と出会っても名前覚えません、異世界の名前すら知る気がありません。ついでにやる気も感じられない、そんな主人公のお話ですがもしお読み頂ければ幸いです。

クラス内でボッチを極めつつあった普通にボッチな高校2年生の鷺ノ宮 伊織は急にクラスメイト+αと一緒に異世界に勇者召喚されてしまう。  そこは剣と魔法のファンタジーな世界だった。 そんな世界で伊織は、召喚される過程で訪れる事になった空間でケバい女神からスキルを貰い、そのスキルを用いて異世界で生きていく。そんな話。 ヤンデレは日本の文化です('ω' ) 450万PV突破。ありがとうございます(*´ω `*)

現代日本で平々凡々な生活を過ごしていた内田拓人は、ある日突然クラス転移によって異世界へと召喚されてしまう。召喚したのは異世界の王様で、拓人たちは勇者としてこの世界を救ってほしいと頼まれてしまった。その世界にはスキルという特別な力が存在し、拓人たちは勇者として強力なスキルを所有していると言われる。その時拓人はティンっと来た!コレはチーレムルートだ!!と。クラスの全員がチートを授かる中、拓人が所有していたスキルはアイテムスティール(S)で……。

*2ヶ月ほどエタってましたが、また当作品を連載再開することになりました!  ただ、減り続けるブクマでモチベーションが上がらないので、新規で投稿しようと思います。今後はそちらに起こしくださいませ。 記憶を取り戻したら、俺は最悪最強の大魔王だった―― 【異世界・チート主人公・俺TUEEE・ハーレム・奴隷】 この作品は以上の5つの要素があります。 魔王の力をフル活用し、自分の帝国を築きます。 自分だけの国をつくり、ハーレムや奴隷などをつくりあげていきます。 そんな折、勇者グループが主人公を退治すべくやってきて―― 【8/6 ジャンル別、および全ジャンルの日間ランキングに掲載されました。本当にありがとうございます。 8/7 早くも週間ランキングに乗り出しました。読者の皆様、本当にありがとうございます。 8/10 日間2位、月間ランキングを頂きました。本当にありがとうございます。】 *チート内政の要素もありますが、ストーリー性重視で進めていきます。

クラスまるごと異世界召喚にあい、他のクラスメイトがチートスキルとチートステータスを手にする中、気絶してしまった事によって完全に出遅れてしまった主人公、藤代真人(フジシロマコト)。 彼のスキルは元々持っていた異能力(念動力)。 ただ物を浮かせたり敵の動きを少しだけ足止めする程度のスキルである。 そしてまさかの全ステータス1というハイパー雑魚。 ステータス1の彼は、遅れを取り戻す為にひたすら努力する。が、初めてのダンジョン遠征で奈落に突き落とされてしまった。 死を受け入れた真人だったが幸運にも生きていた。 そして目覚めたとき異能力は超能力へと進化していた。 ※王道テンプレを頑張って書いてみてます! ※主人公がチート化するのは十三話くらいからです! ※ヒロインもたくさん出す予定です! ※2017/02/15異世界転生/転移ファンタジーカテゴリーの日間3位につけれました。皆さんのお陰です。

 ある日学校の教室から異世界に転移してしまった男子高校生・此方ハルカ。その際、なぜか“終焉の滅竜”と呼ばれる世界中の種族を敵に回す最強の竜(♀)の力をすべて奪ってしまい、美少女化させてしまう。持て余すほどのチートステータスとチートスキルを得たハルカは、成り行きで美少女(元世界最強の竜)と共に旅をすることになる――。  なにが起きてもあんまり動じない感情半分死んでる主人公による、割とコメディ色の強いスローライフストーリーです。

ある日主人公である|小鳥遊 魁斗 《タカナシ カイト》とそのクラスが異世界に勇者召喚された。そしてみんながチート能力を与えられていたが、主人公のみは、鑑定と自然回復速度上昇そしてユニークスキル 全スキル習得条件解放というスキルのみだった、だが主人公は知らなかった。自然回復速度上昇の異様な回復速度と…剣術と魔法どちらかしか覚えられない筈の世界で、ただ一人どちらも覚えられる者であると…そして、"全スキル"習得条件解放というスキルのぶっ壊れ性能を…

黒崎夜空(くろさきよぞら)は高校の授業中、異世界に強制召喚される。 そこは剣と魔法の世界だった。 しかし、夜空はゴミのようなステータスとよく分からない『操作』という固有スキルしか持っていなかった。 だが冷静に考えた結果、夜空はすぐに気づく。 『操作』の使い方をーー この物語は転移した日に世界最強になってしまった主人公が、勇者として召喚されはずなのに勇者の仕事を放棄し、自由気ままに旅をする話です。

修学旅行の帰り道、バスは事故に遭ってしまいクラスメイトと共に異世界に転移した新田広人。 勇者や賢者と言った名の知れた職業が多いなか、新田広人だけ全ステータスが1で職業も『眠った騎士』という最弱なものだった。しかも、固有スキルである『不幸』は周りにも影響してしまい、多大な迷惑をかけてしまう。 それでも、幼馴染である久風御幸と親友である羽田集夜はそんな新田広人の味方だった。しかし、このまま新田広人を生かしておけばクラスメイトが全滅の危機。そして、新田広人を倒せば強力な武器や防具を与えるということ。 衝撃の事実と甘い誘惑。クラスメイトを含め、御幸と集夜の気持ちは揺らぐ。 そして……新田広人は何も知らないまま、クラスメイトから集団リンチを受け、最弱の新田はボコボコにされてしまう。 御幸と集夜に助けを求めるが、二人は手を繋ぎ嘲笑いながらクラスメイトと共に新田を殺すことに賛同する。 全てを失い、死んだと思った新田は謎の暗闇の中で目を覚まし、新田は自分のステータスを再度確認し、知らなかった事実を知ってしまう。 隠された本当のスキルと職業。最弱だった騎士が魔物を倒していくうちに最強に覚醒していき、異世界を満喫しながら少しずつ新田の復讐劇が幕を開ける。

 自分のクラスごと異世界に召喚された主人公。  主人公だけ遅れて召喚される事になってしまったが、その際召喚先の神様から“転移の際に異世界人に目覚める力”の回収を依頼される。  これは、自分をいじめ続けてきたクラスメイト達に、チャンスとばかりに主人公が復讐を敢行するお話。

 異世界召喚にクラス共々巻き込まれ、異世界に転生した俺。  お決まりのチート能力は何かワクワクしながら確認してみるが、【アナグラム】という謎の能力しか持っていない。 「穴g? 何gだよそれ」  この時の俺は知る由もなかった。この能力がとんでもないぶっ壊れチート能力であることに。  関西弁の魔物使い、ツンデレ姫騎士、幼女エルフなどの一癖も二癖もある仲間たちと送る、異世界書き換えファンタジー始まります!! #####第二章開始、1~3日に1回更新予定##### 2/13~2/24まで忙しく、上記更新間隔は厳しいかもしれません(1週間に2回を目標にしたいです) 【当面の予定(目標?)】 2/17(金)~2/19(日)(変更前2/13(月)~2/16(木))のどっかで#30更新 2/17(金)~2/19(日)のどっかで#30.5更新(ミヤの挿絵公開&閑話) 追記)#30を2/18(土)20時、#30.5を2/19(日)20時更新予定です おまたせしてすみません

クラスでいじめられっ子の少年、張井辰馬。 彼は女子にいじめられると気持ちよくなる変態でもあった。 そんな辰馬がいるクラスが、何の因果かクラスごとの異世界転移をしてしまう。 この事件を起こした存在、ベルゼブブという少年は、自分を倒せば戻してやるというのだが……。 ベルゼブブによって、彼を倒すための力を与えられた辰馬と少年少女たちの冒険が始まる! あと、9割は序盤で脱落するよ! *わかりやすさ重視です! *更新ペースゆっくりめです!

私は宮廷魔術師ラスタ・アーヴェリーク。私が細々と続けていたのは、長い時の中で失われた「勇者召喚」の研究。度重なる強大な魔物の出現、周囲の国の侵攻に対抗するため王命が下り、必死で研究を完成させた。召喚の結果、現れたのは「男子校生ひとクラス分」だった。なんだコイツら。自由すぎる。各所に謝り倒す私。そして国境が破られ、王国は危機を迎える…… ※息抜きと勢いで書きました。作者の別作品とはまったくリンクしていません。設定? ありません……続編も詳細も存在しません。頭をからっぽにしてお読みください

 クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと強力な《スキル》を有する中、平凡を地で行く主人公がいた。主人公の職は建築士、戦闘では全く役に立たないものとされ彼は迫害される。 「まあ俺ぼっちだったし別にいいよな。スキルも地味にチートだし」  これは、最弱だと勘違いされていた彼が微チートスキルを駆使し数々の困難を残念な方法で解決していく話……。  俺TUEEEEまではいかなくとも、微チート、ハーレム(予定)等のテンプレを含みます。  完全無計画なので、後々改変の可能性があります。ご注意ください。  この話は、『転生憑依。〜卑怯者でも主人公、だと思っていた時期がありました〜』と同時進行で投稿していくのでゆっくり更新になります。  旧題、異世界転移したら最弱だと勘違いされたけど、建築スキルは地味にチートだった件。  いきなりタイトル変えてすいません。

いつの間にかクラスごと異世界に転移していたぼっちの俺こと佐藤キラは自身が持つギフトが成長チートの類いであることに気づいた そのチートは「最大レベルが低くなるが1レベル毎のステータスの成長率が10倍になる」というものだった これなら俺でも強くなれると思っていたのだが 「最大レベル2!?」 そんなのどうしろっていうんだよ!! これじゃあせっかくの成長チートもいみねーじゃねーか! せっかく仲間に入れてもらえるかと思っていたパーティーもいくら転職があるからと言って最大レベル2の奴と一緒に戦うことはできないと言われ仕方なく一人で城を出ることに 一応自称(?)王女様からお金はもらったんだし魔王を無理して倒すとか考えずに異世界を満喫しますか! そう考えて色々しているうちにこのチートの本当のチートさを知ることになり・・・・? 矛盾点などありましたら感想にてお願いします 基本主人公ご都合主義です 最終的に主人公は俺つぇえええ!になります

クラスメイト共に異世界に転移してしまった新見優斗(あらみゆうと)。 王宮に集められ、世界を支配している各ダンジョンを攻略し、そのボスを倒せたと告げられる。全員に職業やスキルを与えられ、新見に与えられた職業は計り知れない魔力を持つ『ウィザード』。そして、固有スキルである『マジックイーター』という魔物や人のスキルを奪える職業だった。 ほぼ、カンストのステータスにスキルを奪える能力。 新見優斗はスキルを奪いながらさらに最強になりながら、クラスメイト共にダンジョンを攻略していくことを決意する

ブクマと評価を得るのは、至難の技なんじゃよ。 特定のジャンルじゃなかったら、ブクマ0で終わるんじゃ

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加