【スキル】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく。 PVが6億、UAが3000万を突破しました。読んで下さった方、ありがとうございます。 カドカワBOOKSより第7巻が発売しました。 それに伴い、設定を書籍版に準拠させて貰います。多少不都合が出てくる場所もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか一日の学園生活を終えようとしていた時、突然放送のスピーカーから、神と名乗る声により、異世界に転送される事を伝えられる。それも、誠一一人では無く、通っている学園にいる全員がである。ゲームのようにレベルやステータス、スキルなどが存在するファンタジーな世界。しかし、色々な成り行きから転送は神が行うのではなく、異世界側の人間が勇者召喚の儀式をしていたために、そっちに引っ張られる事に。クラス全員でグループを作り、転移を待つなか、誠一だけはクラスメイトから拒絶され、一人違う場所へ転移することになる。転移先で初めて食べた、『進化の実』。これが、誠一の人生を大きく変えるモノになり――――。この物語は、誠一がクラスメイトから散々バカにされ、挙句の果てに仲間としてさえ認めてもらえないというのに、前向きに頑張って異世界を生き抜いて行く話しである。……結果、何時の間にか勝ち組に。*深く考えず、頭を空っぽにして読むことをお勧めします。このたび書籍化することになりました。詳しくは、活動報告をご覧ください。

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!  そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。  そして、決意する。 己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。 これはありがちな設定を盛り込んだ転生ファンタジーです。  限界以上まで下げられたハードルの中、チートな主人公が仲違いした周囲の人々と和解していきます。  また、最初から最後まで主人公ご都合主義でまいります。  時間がありましたら、覗いてみていただけると幸いです。

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳  義父に日々、虐待される毎日、ある日 借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。 死んだはずなのに気付くとそこは異世界。 これは異世界で少年が成長していく物語です。

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増やしていく。そして、気が付いた時には圧倒的な力を手に入れていた。そんなケルヴィンの向かう先にあるものは……? ※2017年1月25日にオーバーラップ文庫様より『黒の召喚士3 魔獣の軍勢』が発売されます。

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤転移してしまった。 誤って飛ばされた大陸は、最悪なことに魔王や勇者すらも近づかないといわれる『終焉の大陸』という名の人外魔境の地だった。 全く雑魚とは思えない屈強なゴブリンの集団。 めまぐるしく変わる生きるに相応しくない環境。 周りを取り巻く異常に高LVな魔物達。 今まで争いのない日本で生きて来た彼が生きるには、厳しすぎるその大陸で秋はスキルや能力を頼りながら、『終焉の大陸』に染まるかのように人外への道を歩みだす。 月日が経ち、最強となって終焉の大陸を出た灰羽秋の歩む道とは……。 ※未熟なため、配慮不足や矛盾等で設定や文章を変更することがあります。それでも見ていただければ幸いです。感想はどんな事でもいただけると嬉しいです。

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍のスピードで成長する能力を授かり、まるでゲームのような異世界へ。  だけれども、無職のままだと成長しても強くなれないことを知り、転職を目指した俺だったが、何の因果か無職の凄さを知る。  成長チートと無職チートで異世界を駆け上がる、ハローワークから有害図書認定されること間違いなしの冒険譚、ここに開幕。 ※2016/5/21 ネット小説大賞最終選考通過しました。 新紀元社さまより書籍化いたします。

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 ただ流されるままにゲーム世界をへろへろと楽しむことに。 そんなゲーマーのプレイレポートです。

ゲーセンから出たところで通り魔事件に出くわした主人公は、女子高生を助けようとして通り魔ともみ合いになり、通り魔を刺殺してしまう。主人公はそこに折悪しく現れた警官に犯人と間違って射殺され、30年の生涯を閉じた……はずだった。 しかし、これではあんまりだと主人公に同情した異世界の女神が、異世界へと転生させてくれることになった。条件は、同じく異世界へと転生しようとしている通り魔を倒すこと。 かくして主人公は【不易不労】――精神的にも肉体的にも疲れることがない、というスキルのみを授かって、異世界へと転生する。 ※ 書籍版第1巻~第3巻、オーバーラップノベルスより発売中です。

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状態で家を追い出されてしまう。 そんなライエルが家を出る前に手に入れたのは【青い宝玉】だった。宝玉には歴代当主たちの【スキル】そして【本人たちの生前の記憶】が保管されていた。 記憶として宝玉内で蘇ったウォルト家のご先祖様、その数はなんと七人! 頼りになるご先祖様たちの意見を聞き、ライエルの物語が始まる! ……とは、ならず、七人もいれば価値観も違えば、当然意見も違う。ライエルに対しても罵声は当たり前。情けないと呆れる始末。 ライエルはそんな七人の記憶が封じられた宝玉を手に、再び立ち上がる事が出来るのか? 七人のご先祖様と共に戦う冒険ファンタジー、ここに開幕! ※ヒーロー文庫様で書籍化しました。 Web版と違う【セブンス】もよろしくお願いいたします!

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたりの物語。 ………………………………………………………………… ★★ ツギクルブックス様より書籍化が決まりました ★★ 基本的に毎日投稿を考えています。 更新間時は朝6:00となります(予約投稿) 小説自体は書いておりましたが、投降自体は初となります。 作法や文体などお見苦しい部分もあるかと思いますが、生暖かい目で見て頂ければ幸いです。 なお、本作内では ・単位表記 ・諺(ことわざ) ・動物類の種別等 これらの物や他単語などについて読者の皆様が理解しやすいように日本で使われている物を 意図的に使っております。 貨幣については、金貨や銀貨という表記としております。 ………………………………………………………………… ★★ 皆さまのおかげで「累計27,369,000PV」「総合評価86,000pt」達成致しました! ありがとうございます! 拙い文章ではありますがお読み頂いた皆さまに心からお礼申し上げます。 ありがとうございました。

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普通なら数十のクラスがあるところが栄司にはパラサイトのクラス一つしかなかった。しかたがないのでその一つだけを身につけ異世界に行く栄司は気落ちしていたが、力を使ううちにその真価に気付く。他者の得た力を何倍にも増幅して自分も得ることができるパラサイトの力を使い、栄司のレベルは上がりすぎていくかもしれない。追記:カドカワBOOKSさまより書籍化しました。二巻が2/10刊行予定です。

気付いたら異世界でした。そして剣になっていました……って、なんでだよ! 目覚めた場所は、魔獣ひしめく大平原。装備してくれる相手(女性限定)を求めて俺が飛ぶ。魔石? 吸収したらスキルを入手? これは楽しくなってきたぞ! ヒャッハー、魔石よこせ! はい、冗談です。でも、魔石はいただきます。 これは、異世界転生したら何故か剣になってしまった、ただのモブオタの物語。書籍化決定です。

 MMORPG「エターナル・マギア」のトッププレイヤーだった森岡弘人は、リアルでは引きこもり歴三年の高校一年生だった。人生の大半を注ぎ込んだゲームで全てを失い、自暴自棄に陥っていた弘人は、人生の最後を「疎遠だった幼なじみの女の子を、トラック事故から助ける」という形で幕を閉じる。  リアルではコミュ難だが、ゲームの中ではコミュ力最強の彼をトップに君臨させていたのは、誰も取らない不人気スキル「交渉術」。弘人に興味を持っていた異世界の女神に転生させられ、生前の不幸をボーナスポイントに換算された彼は、迷いなく交渉術に最大までスキルポイントを振る。  ゲームをそのまま再現したような異世界で、記憶を引き継いだまま赤ん坊として転生した弘人は、交渉術の有用性を再確認し、時に意外な使い方に気づきながら、ただの村人からじわじわと成り上がっていく。 ※あらすじは予定です。 ※主人公以外にも数人だけ転生したり、異世界に行く人物がいます。 ※ステータス表記は節目ごとに行います。 ※一度全面的に改訂し、WEB版は表現を修正しています。 ※ファミ通文庫様より書籍版3巻が1月30日より発売中です。

二柱の女神により、二つの異世界に召喚された100名のVRMMOプレーヤー。 課せられたミッションは異世界を救う事。救うための手段はダンジョンの攻略。 ミッションを遂行するため、召喚者に与えられたのはVRMMOで手にした力。 だが、存続できるのはどちらか一方の異世界だけだと知る。 プレーヤーたちは己の生存と異世界の存続を賭けて、ダンジョンの攻略に挑む! 主人公が手にしたのは三種類の強奪系スキル。それはどのスキルも『最強』となれるだけの可能性を秘めたもの。だが、彼が手にしたのはそれだけではなかった。この世界の住人はおろか、他の召喚者すら圧倒する『力』。 ひと癖もふた癖もある人たちと関わりながら、世界を救うために動き出す。 第三回なろうコン大賞(エリュシオンノベルコンテスト)金賞を受賞致しました。 ぽにきゃんBOOKS様より、1巻~4巻が刊行されております。 ※電子書籍化もされております。

職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一人として入り方がわからない隠しダンジョン、その入り口を開いてしまったのだ。 中には超稀少な魔物、強くなるための魔道具、世にも珍しいアイテムが大量に隠されている伝説の場所! 「この場所のことは誰にも言わず、僕はこっそり最強になろう」 この世の中は貧乏貴族に世知辛い。 権力も名誉もないのであれば、せめて強さくらいは手に入れたいものだ――

VRMMOの世界で召喚士となった主人公が、召喚獣と共に冒険していくお話【三巻発売決定しました】

商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外のチートスキルだった。 うるさいヤツは黙らせる、ほしいものは全て手に入れる。 欲望の全てを――満たしてやる!

 ――よく寝れば、より強くなる。  俺の魔道書は、目覚める度にログインボーナスで魔法やスキルなどをくれる。他の人は頑張って魔道書を読みこんで、新たな魔法やスキルを開発しているけれど、俺だけは自動的にゲットしてしまう。  何が取れるかは俺の運次第だけど、強力な極大魔法ですら普通に取れてしまう。そんな魔道書を持って俺は、異世界で出来た嫁や仲間達と、気ままにのんびり暮らしています。 (12月後半~1月に更新再開予定)

「ああ、死にたい」事あるごとにそう呟く大学生、坂上宏人は横断歩道を渡っている途中トラックにはねられそうになっている女子高生を救い自らが撥ねられてしまう。だが死ぬ間際、彼は、「こんなところで死ねない!死ねるわけがない」そう思い残し、そのまま死んでしまう。死にたいという言葉と死ねないという思いを抱えながら死んだ彼は、あの世の狭間で神に出会い、異世界に転生される。そこで手にいれたのは攻撃魔法不可、支援特化の魔法とスキルだった。 仕方ないからこれで納得できる人生送ろう。 感想の返信はご勘弁お願いいたしますm(_ _)m エンターブレイン様より書籍化いたしました。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加