【ダンジョン】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を作りたくさんの人間を集めることにした  しかし、彼の作った街は魅力的すぎて、他の魔王にも人間にも目をつけられることになってしまう  しょうがないので、ユニークスキルと独自の知識で超強力な最強魔物軍団を結成、苛烈な罠を仕掛けた地下迷宮を作り、その上に、豊かな街を作ることになる。魔王プロケルは味方には優しく、敵対するものにはどこまで冷酷になる魔王として君臨しはじめた  これは表と裏、両方の顔を持つ、変わり者魔王の物語  書籍化決定しました。2016/12/15 GAノベル様から発売! 

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れられて「次の人に期待する」という神様に見送られ、桂馬はそのまま召喚された。  召喚したのは第695番ダンジョンコアと名乗る金髪ロリ幼女。そしてなんか流れでダンジョンマスターになったけど、あれ、このダンジョン1部屋しかない上に山賊に制圧されてね……?  はたして桂馬はいきなり詰んでるこの状況を覆し、惰眠をむさぼる働かない生活を手に入れることはできるのか?! (書籍3巻発売中です)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増やしていく。そして、気が付いた時には圧倒的な力を手に入れていた。そんなケルヴィンの向かう先にあるものは……? ※2017年1月25日にオーバーラップ文庫様より『黒の召喚士3 魔獣の軍勢』が発売されます。

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライブ中継で見た努は絶句した。戦略のせの字も無いゴリ押し。不遇のヒーラー職。ゲームでは白魔道士を愛用していた努は白魔道士の復権と、異世界脱出の鍵を求めダンジョン制覇を目指す。 12月10日にカドカワBOOKSより『ライブダンジョン! 支援回復のススメ』として発売されます。よろしくお願いします。

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知っていた。この世界ではゲームの通りに歴史が動いてしまっている。  ソージは何人もの美少女ヒロインを、悲惨な運命から次々と救い出す。いずれ劣らぬ美貌と能力を持つ彼女たちは、片っ端からソージの「仲間」となってゆく。最強の魔術理論。そして最強の美少女パーティー。最強となるための要素がすべて揃ったソージが、快進撃を繰り広げる! 最強の超絶成り上がりストーリー! 2015/12/28 モンスター文庫より第一巻発売!

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も将来への希望さえもなく、ただ生きる為の糧を求め奴隷同然の日々を過ごす。 日本の記憶も全て幻だったのではないかと諦めたその時、ある街の噂話を耳にした。 そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。 そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。 大体コメディです。(*´∀`*) MFブックスで書籍版一~六巻発売中。感想返しは活動報告でやってるよ。

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に数十年間住み続けた俺の体は、異常なほどの魔力を貯めこんでいたらしい。利用目的で召喚した奴らにとっては予想外で、すぐに逃げてしまった。  とはいえ、自宅から漏れ出る魔力を狙ってくる無作法な奴らがいる。そんな奴らに我が家は渡さん! 俺は思うままに力を振るっていく!  2017年 1/25に集英社ダッシュエックス文庫様より4巻が発売されます!! 

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。勇者とか英雄なにそれ美味しいの?魔王?ああ湧いてでてくるやつね?な感覚です。 では長いお付き合いになりますよう願います。 ※「気持ち悪いとか、個人の主観での好き嫌い」の宣言はこの感想欄ダメですのでよろしくお願いします。 2016年3月26日にて8000万PVと750万ユニーク!! うん、趣味で書いてたのが気が付けばここまできたよ。ありがとう。 ※初期段階の原稿は誤字脱字多いと覚悟してください…ごめんなさい。

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことになる。優遇されたステータス・スキル・システムを利用し、才能ある仲間たちと共に、世界の真実が待つ『最深部』へ向かって進み続ける――」

気付いたら異世界でした。そして剣になっていました……って、なんでだよ! 目覚めた場所は、魔獣ひしめく大平原。装備してくれる相手(女性限定)を求めて俺が飛ぶ。魔石? 吸収したらスキルを入手? これは楽しくなってきたぞ! ヒャッハー、魔石よこせ! はい、冗談です。でも、魔石はいただきます。 これは、異世界転生したら何故か剣になってしまった、ただのモブオタの物語。書籍化決定です。

 気が付くと彼はダンジョンの玉座の間にいた。そして彼は一冊の本を見つけ、導かれるままダンジョンを増築、人間の駆逐、世界征服――――をせず、安全に生きる方法を模索し始めた。

二柱の女神により、二つの異世界に召喚された100名のVRMMOプレーヤー。 課せられたミッションは異世界を救う事。救うための手段はダンジョンの攻略。 ミッションを遂行するため、召喚者に与えられたのはVRMMOで手にした力。 だが、存続できるのはどちらか一方の異世界だけだと知る。 プレーヤーたちは己の生存と異世界の存続を賭けて、ダンジョンの攻略に挑む! 主人公が手にしたのは三種類の強奪系スキル。それはどのスキルも『最強』となれるだけの可能性を秘めたもの。だが、彼が手にしたのはそれだけではなかった。この世界の住人はおろか、他の召喚者すら圧倒する『力』。 ひと癖もふた癖もある人たちと関わりながら、世界を救うために動き出す。 第三回なろうコン大賞(エリュシオンノベルコンテスト)金賞を受賞致しました。 ぽにきゃんBOOKS様より、1巻~4巻が刊行されております。 ※電子書籍化もされております。

リアル世界にダンジョンができた。 ダンジョンの中にはモンスターが徘徊しており、モンスターを倒すと力を得る。 そんなダンジョンを攻略するものを探宮者と呼ぶ。 主人公は、田舎に住むさえない農家の人。 ある日、自宅の庭にダンジョンが出来て如何にかするためにダンジョンに入る。 そのダンジョンは、主人公が知っているダンジョンに比べ大したことがなく、なんとかできることが判明。 農家の仕事をしながら、ダンジョン攻略もすることにした。 農家と探宮者を両立する主人公。 そんな彼の未来は……。 なんとなく、ダンジョンモノが書きたくなり、書いてみました。 誤字脱字があった場合、報せて貰えると嬉しいです。 更新は週に一回、日曜12時を目安としています。 祝日も可能でしたら、あげたいと思っています。 第4回ネット小説大賞で受賞しました。 2016/12/09発売しました。

【ツギクルブックスで創刊タイトルとして第一巻発売中! コミカライズも進行中!】 都内(立川市)の2LDKで家賃3万円! ヤバイ、と思いつつも安さに釣られて、その物件に住む契約をしてしまいました。 はい、案の定、とんでもない事故物件でした。 幽霊は出てこないけどスライムやゴブリンや……女騎士が出てきます。 そうです。ダンジョンに繋がっていたんです。 僕に部屋に入り浸る女騎士や女魔法使いや女盗賊。 ダンジョンは危険だし、ディスカウントストアで買ったアイテムで罠を張りますか。 ※冒険編と日常編を交互にやってます! ※総合ベスト 日間、週間、月間1位、四半期3位。   ローファンベスト 日間、週間、月間、四半期1位、年間1位。全期間制覇!

迷宮都市レイロアで冒険者の道を選んだノエル。 てっきり僧侶になると思っていたのに上級職の司祭になってしまう。 嘘みたいに成長が遅い司祭。 パーティを組むとみるみる広がるレベルの差。 これでは固定のパーティを組めないと痛感した彼は既存のパーティに一時的に参戦する冒険者、俗に言う「便利屋」として生きていく。 一度きりのパーティでも、別れがすぐに訪れても、彼にとって冒険は何物にも代えがたいものだった。 今日もノエルはギルドへ赴く。 参戦させてくれるパーティを探して。 2016/12/12 タイトル変更しました。 旧題『レベル1から司祭になったら冗談みたいなとてつもない成長の遅さなんですが』

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であることに気付く。  俺はゲームで言うところの素材じゃないんだ!  ヤバい!このままでは人間達に狩られてしまう!  これは地龍に転生した主人公が自分の身と惰眠を守るためにダンジョン製作やらゴーレム作りやら色々頑張る物語である(一般的に見れば過剰防衛と言えます)。  書籍化しました。  マッグガーデン様より第一巻発売絶賛発売中です。

自他共に認める自動販売機マニアである彼は、交通事故から自動販売機を守って死んだ。 そこで人生を終える筈だった彼が目覚めたのは、自然豊かな湖畔だった。 何が起こったのか理解できない彼だったが自分が――自動販売機になっていることだけは理解できてしまう。 異世界の迷宮で一人……一台佇む彼が一人の少女と出会うことにより物語は動き始めるのだった。 角川スニーカー文庫から書籍化決定しました。 2月1日に三巻発売となります。シュイが大活躍する話も必見です、追加の短編も収録していますので。 更に、ミシュエルが三巻初登場となります。 そして、ここから因縁の深い仲となる、あのお方も。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制転移。 特典として願いを叶えてくれるという言葉に彼女は願う──「目と気配を普通にして」 唯一の弱点を克服し完璧となった(筈だった)少女の思い通りにはいかない異世界生活。 魔法あり、ダンジョンあり、勇者や魔王(候補)も巻き込んでのファンタジーコメディー。 しかし彼女は呪われていた。 【宝島社様より書籍化し三巻まで発売中です】

※書籍化します  ※【この「小説家になろう」がアツイ】と【このWeb小説がすごい】にて紹介されました。ありがとうございます!  支援術式(アプリ)が得意な剣士、ラグディスハルトは友達のいないソロの探検者(エクスプローラー)。 どこのパーティーからもミソッカスにされ、今日も一人ぼっちで遺跡・月まで伸びる塔『ルナティック・バベル』へ行こうとしたところ、とある不思議な少女と出会う。 そこから全てが動き始め――これは、10個以上の術式を同時に操る超絶エンハンサーと、凄まじい術力を持つ〝現人神〟の少女の物語。 ※主人公TUEEEあります。  Arcadia様でも投稿しております。 (★挿絵有り)とあるタイトルにはキャラ絵があります。ご自身のイメージを大切にされたい方は、挿絵の表示設定にはお気を付け下さい。

自由のために、異世界へ舵を切れーー 怪物との熱い闘い。 激アツ報酬。 手に入れたその全てで、 異世界ガチャに課金せよ。 第4回ネット小説大賞受賞作。 2017.2.10 一巻 発売! ※アルファポリス様、ツギクル様にも作品を登録しています。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加