【ヒストリカル】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。 絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在だった。 しかし、そんな彼には、他の魔族にはいえない秘密があった。 「――俺、実は人間なんだよね」 その秘密がばれないよう『現代知識』を活用して頑張っていたら、『名将』扱いされるようになってしまった彼は、今日も魔王軍快進撃の原動力となる。 ※モンスター文庫様より書籍版発売中です。

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきたしたり、ご期待に添えない改変、独りよがりな超展開等があるかもしれません。 その点ご了承くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

目立ちたがりの主人公や、俺TUEEEEを読むのが辛くなってきた人向け。 地球と同じように歴史が積み重なっている異世界で、元日本人が暗躍する話。 人の眼から隠れ、名誉、富、全てに興味を持たず目的の為だけに動き、やがて陰から世の動きに影響を与え始めていく。 主人公は、変化していきます。 三国志を元にして、三国志を知らない人が楽しく読める物珍しい戦記物を目指しています。 読み進めれば読み進める程面白くなる予定。 感想返信を停止しております。  文章自体で『こう書いた方が魅力的な文章だ』といった指摘も頂ければ有り難く思います。 9/3 戦乱の異世界で私は謀略を巡らせる から現題に変えました。

イルミナには美しい妹がいる。 絶世と呼ぶほかない、美しい妹のリリアナ。 誰もが彼女を愛し、守る。 だから、イルミナにそんな人がいないのは仕方の無い事なのだ。 リリアナが悪いわけではない、不出来な自分が悪いのだと、イルミナは考えた。 人に必要とされたい、リリアナに誇れる姉でありたい。 不出来な自分が出来るのはこれくらいしかないから―――。 イルミナは、王族として、人として成長しようとする。 一つずつ進んでいく彼女は、運命という荒波に翻弄されていく。 ――――それでも私は、居場所が欲しい。 ***書籍化が決定いたしました***

修羅の国九州の戦国大名の一門にチート転生しました。けど待っていたのは、チートを吹き飛ばす国人衆達の地縁・血縁・怨念と離合集散の繰り返し。周囲にマジキチリアルチートばかりで、どうも史実で討ち死にした場所まで行けそうもない。けど、惚れた女の為、仇が討てるのならばと七転八倒するお話。

政略結婚後、退屈な毎日を送っていたレオノーラの前に現れた、旦那様の元カノ。 ああなるほど、身分違いの恋で引き裂かれたから別れてくれと。 がってん承知てな具合に「じゃあ旦那様短い間でしたがお世話になりました」と本日も見目麗しい夫に帰宅早々告げた所。 あれ・・・・・・目が据わっていらっしゃる? なぜに?どうして? 私が一体何をしたーーー!てなお話。二話完結です。・・・そして収まりませんでした。 色々とありましたが、こっそり更新します。応援して下さった方、優しい言葉をかけてくださった方、本当にお待たせしました。申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。

自分の容姿にコンプレックスを持つ大国の王女と、彼女の幼馴染である近衛騎士とのすれ違いラブロマンス。最後はハッピーエンドですが、騎士がヘタレの為、じれじれ展開です。 ※Jパブリッシング・フェアリーキス様にて書籍化しました(そちらは三人称へ変更・加筆改稿済み)  なろう版は本編・番外編ともに削除なしです。

とある伯爵家で一年という契約の元、女性でありながら執事をする事になったアルベルタ・フラン・ド・キャスティーヌ。元軍人で気難しいが眉目秀麗な若旦那様に、腹黒大奥様、気位が高いだけの我侭ご令嬢という付き合い難い主人一家に加え、軽薄な従僕、亡くなった前当主と関係のあった女中頭など、従えるべき使用人も扱い難い者たちばかりだった。上からも下からも突かれるという、胃を痛めそうな環境の中であったが、アルベルタは「もう、どうにでもな~れ」となげやりでお気楽な毎日を過ごす。そんな彼女の残念な日常。 ※アルファポリス様より書籍化予定、9月25日0時過ぎに削除します。

隣国に攻め滅ぼされた亡国の皇女・パトリシア。自らの死を覚悟した彼女だったが、何故か身分を偽って大国サリアーデの第二王女であるリセアネ姫の侍女となる羽目に。父に虐待を受けたせいでパトリシアの喉は潰れ、声を出すことは出来ない。そんな彼女の行く末は……?  ※『ナタリア姫と忠実な騎士』のスピンオフ作品で、同じ世界観です。そちらを読まれてからの方が、分かりやすいと思います。

時は天文年間、弾正忠家の家督を継いだ織田上総介、三郎信長は、尾張統一に向けて邁進する日々を送っていた。そんな時、平成からタイムスリップしてきた男がいた。男の名は大和一寿。 信長の重臣、平手中務の息子・監物久秀と出会った彼は、戦国時代で生き抜く決意をする。大和が関わる事により、少しずつ歴史の出来事が変わっていく中、大和一寿はどのように生きていくのか。

少々お転婆な十七歳の男爵家令嬢ローズマリーに持ち上がった縁談のお相手は、幼馴染みである子爵家の子息、レイドリックだった。兄は、彼をこれ以上ない相手と持ち上げるも、ローズマリーは騙されない。だって彼女は知っていた。自分の幼馴染みは社交界では「渡り鳥の君」などと言う通称を付けられるほど、恋に不誠実な男であると言うこと。そして六年前のある夜を境に、彼が変わってしまったことを。 ※本編は完結済み、全年齢対象。番外編のみ若干のR指定あり。本編、番外編共に完結しました。 2016.6.1、アイリスNEO様より書籍にして頂きました。

はるか古の時代。 かつて、大陸全土は魔道師が治める単一の王政国家であった。 現在よりも遥かに進んだ魔法文明は、魔法を扱う者とそうでない者とを大きく隔てた。 端的にいえば、魔道師とそれ以外の奴隷しかいない国であった。 悠久の時が流れ、魔法に関する知識の秘伝が徹底された結果、魔道師は自身の一族に伝わる魔法の知識しか持たなくなっていき、個々の魔道師の弱体化が進んだ。 魔法の絶対的な力をもって国の圧政を布いていた古代魔法王国は、徐々に広まった反乱を力で治めることができず、滅ぼされてしまった。 自由を手に入れた各種族だったが、平和を手に入れたわけではなかった。 種族間で対立し争い、それと同時に種族内でも実権をめぐって争うという長い混乱の時代を経て、大陸は4つの国を形成し、現在に至る。 その4カ国の1つ。人間と亜人が手を結び、大陸南部の平原地帯に樹立した『王国 コンコード』。 コンコード王国の仕官は、王立学院を卒業しなければならない。 仕官候補生は、一般職員と違い、魔法の水晶球によって、学生時代に伸ばしたステイタスにより属性(職種)が判定され、配属先が決まる。 誰も聞いたことのない『策士』という属性判定をされてしまった主人公ハルファス。 この独自の才能を活かし、ハルファスは王国に不可欠な人材となっていく。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 番外編を書き始めました。 『就職したら―――Extra Episodes』 http://ncode.syosetu.com/n1794du/ よろしければ、こちらもお楽しみください。

妹に夫を寝取られ、彼女との入れ替わりを決意した元男爵令嬢。 しかし意気込んで乗り込んだ王立学校では、不真面目な妹の代わりに酷い仕打ちを受ける羽目になる。 更にはなぜか第一王子の婚約者になるに至り……。 男に頼らず一人で幸せになりたいのに、なかなかうまくいかないエリスの、戦いの記録。

いずれ祖国が亡ぶ。知っているのはわたくしだけ…… エルレンテ王国第一王女ローゼリアは六歳の若さで叔母になった。ところが姪アイリーシャと対面し、その手に触れた瞬間この世界が『ローゼス・ブルー』という乙女ゲームだったことを知る。自分は主人公でも悪役令嬢でもないけれど問題はこのゲーム、コンセプトが『すべてを失った貴女が手にする愛』で、主人公は亡国の王女アイリーシャ……姪と完全一致。エルレンテ王国、亡びます! 可愛い姪のため滅亡回避を誓い奔走するロゼは観光大使として名を馳せ多忙を極める(恋愛あり)攻略対象は滅亡への刺客?――そんな物語。登場人物紹介にはネタバレが含まれますご注意ください! 短編『私は主人公の叔母である』の連載版。そちらでの閲覧・コメント・評価・お気に入りありがとうございました。連載に伴いキャラクターの名前年齢を一部変更し、ご不自由おかけして申し訳ありません。 ★アリアンローズ様より書籍化決定★

――婚約破棄から始まる契約結婚? 子爵令嬢セラフィナは悲惨な状況にあった。婚約者に腹違いの妹に心変わりをされ、舞踏会で婚約を破棄されたのだ。その後セラフィナを疎んでいた実父と継母に、修道院に送られようとしていたのだが逃亡。ところがその潜伏先で名門ハワード家の美貌の公爵・グリフィンに出会い、浚われた挙げ句にこうプロポーズされた。 「セラフィナ嬢、私と結婚しないか? この結婚には双方にメリットがあるはずだ」 オトナでちょっと皮肉屋の公爵と、大人しくも頑張り屋なお嬢様との、サスペンスがからんだシンデレラロマンス。異世界の英国風の王国が舞台です。アルファポリスからの転載です。こちらはR15バージョンになります。

レオンハルトは結婚する覚悟を決めた。 女嫌いで知られる伯爵は、三十六歳。戦後間もない属州・ダルシーザで仮の宗主を務めている。 あまり条件の良い花婿ではないと自覚しているレオンハルトは、行き遅れの壁の花にターゲットを絞って求婚することにした。どんな相手でもいい。結婚に過剰な夢を見ない女なら誰でも。 ところが伯爵と結婚することになったのは、かつて王の婚約者候補だった公爵令嬢で――。 成り行き結婚から始まるラブロマンス。 ※サリアーデ王国シリーズ三作目です(前作を読んでいないと分からない点があります)

異世界で恋をした。その恋は、残酷だった。 守ってくれた手は、飼い殺すためのものだった。 異世界で恋をした。その恋は、心を壊した。 執筆済み 連日0時予定投稿

駆け落ちをした公爵令嬢の身代わりをすることになった、気が強いお嬢様の奮闘記。 ◇カクヨムにも掲載中◇

再婚相手は顔は怖いが心優しい将軍閣下だった!? 皇帝陛下の側室の一人であるセラフィナは、このたび形だけの婚姻を破棄して臣下へと下賜されることになる。妖精と謳われる程の美貌を持つ彼女の次なる夫は、大陸最強の「黒獅子将軍」アイゼンフート侯爵だった。凶悪な噂に違わず凶悪な面構えをした彼は、実のところ誠実で優しい男性で…? すぐに傷を治す体質を持つためにすぐ無茶をする元姫×そんな彼女を守りたい将軍閣下の、王道恋愛ファンタジー。 ///完結まで執筆済み、毎朝7時投稿。第三章全25話+エピローグ1話で本編完結予定。 *婚姻破棄ものに見せかけた、ただの政略結婚ものです。ざまあ要素は皆無ですので何卒ご了承ください。 *設定上[戦闘、暴力、出血描写]が含まれます。苦手な方はご注意ください。

恋に狂って、恋に生き、恋に死んだ一人の憐れで滑稽な女。 それが私の母だった人。 (作者の好きなものを詰め合わせ。リハビリ用作品)

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加