【ヤンデレ】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた時には……。剣と魔法、モンスターの闊歩するオーソドックスな異世界召喚モノ! ※この度、書籍化しました! 作品はそのまま残し、連載もこれまで通りに続けるので、なろう版、書籍版、ともによろしくお願いいたします。

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことになる。優遇されたステータス・スキル・システムを利用し、才能ある仲間たちと共に、世界の真実が待つ『最深部』へ向かって進み続ける――」

――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識にしばられ他人に利用され続けたケアル。 彼はある日、回復《ヒール》の先にあるものに気付き、回復術士は最強に至る職業だったと確信する。 しかし、その可能性に気付いたころには、すべてを奪われていた。 彼は世界そのものを回復《ヒール》して四年前に戻り、やり直すことを決める。 これは、一人の回復術士が前世の知識と回復《ヒール》で最強になり、すべてを掴む英雄譚。

「私の分まで自由に生きて、幸せになってね」  裕弥にとって唯一の家族だった妹が最期に残した言葉だ。  だけど妹と同じ病を患っていた裕弥は、妹との約束を果たすことなく短い人生に幕を下ろした――はずだったが、異世界に赤ん坊として転生した。  そのことに混乱しつつも、裕弥は一つの決意を抱く。それは、前世では果たせなかった妹との約束を果たすというもの。裕弥は幸せを求めて伯爵家の次男――リオンとしての人生を歩み始めるのだが……  ――え? 妾の子だから離れから出たらダメ? 勉強の類いも残らず禁止? 将来は政略結婚が決定してる? それでどうやって自由に生きて幸せになれと??  運命に翻弄される彼はある日、一人の少女と出会う。幸せを求める少年と、自重しない異世界姉妹の物語ここに開幕!  構成成分:魔術 百グラム、奴隷 大さじ一杯、ヤンデレ 少々、ハーレム 禁断。基本ハッピーエンドですが、登場人物が死亡する場合もあります。  ――双葉社 モンスター文庫より、2016年12月28日に一巻が発売しました!

おかげさまで第4回ネット小説大賞受賞作品となりました。 一二三書房様より、書籍化予定です。 11月5日 完結しました。素人作品でございましたが、応援本当にありがとうございました! 11月11日 感想受付を終了させていただきます。長らくありがとうございました。何かございましたら、メッセージでご連絡ください。 VRMMOで【剪断の手】と呼ばれた主人公カミュは、状態異常を使いこなす唯一の糸使いだった。 ある日突然ゲーム内に囚われ、見ると自分だけ200cm、200kgという体型に。 最弱化した主人公は乞食同然で過ごし、見るも耐え難い辱めを受け続けるが、やがてとうとう最強の存在に戻る方法を見つける。 数か月後、【剪断の手】の力を取り戻した主人公が、別の街で相変わらず高笑いする復讐相手を見つけ……。 初めての作品です。素人でございますため、多々お見苦しいところがあり、投稿後の文章が予告なく変更されることがございます。 皆さまひとつよろしくお願いいたします。

祝!異世界召喚! という訳で異世界に来るはめになりました。クラス召喚だイエイ!だが呼んだ王城の方々は9割以上がクズ。許さない。味方がたった3人だという事実。全俺感涙。天職は罠師とかいうワンダフルかつエキサイティングなもの。使えない。勇者になったのは俺が嫌いな2人。いつか殺す。そして王城の方々に疎まれハブられる俺。いつか国王の首獲る。そんな感じで大変愉快な状況になりました。それでも俺は最強になります。理由?かわいい女の子の為ですが何か?例え誰が何と言おうと、俺は俺の信念を曲げない!だって他人とかどうでも良いし。俺は俺のやりたいようにやる!あ、でもシスティアとか桐生は別。モブ?え、誰それ怖い・・・ ※こんなのが主人公です。基本ふざけてます。序盤にシリアスとか無いんでその辺考慮した上で読んでください。 タイトル変更しました。 『Revenge And Desire』の方もよろしくお願いします。 気づけば4500000PV突破してた。感謝です。

僕はとある闇ギルドでマスターをしている。 ギルドの構成員は僕含めても10人と少ないが、皆僕の娘のような存在で仲は良い……と思う。 闇ギルドということであまり目立たないように活動していたんだけど、最近皆の様子が少しおかしいんだ。 何やら不穏な動きがあるような……え、なに?『世界をプレゼント』? ※一人称と三人称をいったりきたりします。

”この公国には最強の集団がいる” その言葉の通り、誰もが認める最強集団の手綱を握っている貴族の青年は、集団の中で”父さん”と呼ばれていた。青年は、ある契約を果たすため、人の育成に力を入れる。そんな青年が、日常の中で、異様な忠誠心をみせる彼の”息子・娘達”によって振り回されたり、国からの要請が来たりとする中で、契約を果たすために奮闘する物語である。

 佐倉 伊月はヤンデレ化した姉に包丁で殺されてしまう。  死んでしまった伊月は気づいた時には異世界でヴェロニア伯爵家のユウ・ヴェロニア(三男)として転生していた。転生先でもシスコンとなりながらも自由奔放に生きていくユウの物語。

クラス内でボッチを極めつつあった普通にボッチな高校2年生の鷺ノ宮 伊織は急にクラスメイト+αと一緒に異世界に勇者召喚されてしまう。  そこは剣と魔法のファンタジーな世界だった。 そんな世界で伊織は、召喚される過程で訪れる事になった空間でケバい女神からスキルを貰い、そのスキルを用いて異世界で生きていく。そんな話。 ヤンデレは日本の文化です('ω' ) 450万PV突破。ありがとうございます(*´ω `*)

現代の研究者(変態?)黒鉄一心。 彼は不幸な事故により、異世界へと転生してしまう。 もとの時代のような設備がないことに落胆するも、それを補ってあまりあるものがこの世界にはあった。 それは魔法。 彼はその好奇心故に魔法の道へとのめり込んでいく。 異世界の記憶をもつ魔法使いは、どんな人生を描いていくのか。

現実がゲームになった主人公。与えられた[セーブ][ロード]。 個性溢れるヒロイン。そしてどんでん返しなる物語。 題名から全然想像できない物語を読んでみてください。

初恋をこじらせて、婚約者に毒しか吐けなくなったマルティナ・オルブラントは、前世の記憶を取り戻したことで己の行いを省みる。もう毒を吐くことを止め、ゲームのシナリオ通り彼の前から消えること決めたが、なかなか思い通りに行かず――というお話。 ※人を中傷する場面が多数でてくるので、苦手な方はご注意下さい。

あたし、ミリア。推定18歳。 一緒に街を飛び出したあたしの初恋の人……幼馴染のリッツが、勇者になってしまいました。 姫様に一目惚れしたらしいリッツは、今日も凄腕の仲間達と共にガンガン魔物を倒し、魔王城を目指して進んでいく。でも、あたしはもう限界。元々、ちょっと聖魔法が使えるだけの町娘だもん。 ますます戦闘は激しくなる一方、足手纏いになるのも嫌だし、リッツが魔王を倒して姫様と幸せになるのを見守るのだって悲しい。 もう、潮時かも。 そう考えていた矢先、夜中に仲間に呼び出されて素直に行ってみれば、パーティーを離脱した方がいいとのオススメでした。分かってるよ、あたしだってそう思うよ。 そんなあたしの言葉は最後までは言えず。 「ほう、要らぬのなら私が貰おう」 その場で、自称『魔王』に攫われてしまいました。 魔王城で知ってしまった魔王と人の裏事情。 町娘ミリアが迷いながら未来を掴み取るお話です。

コンビニへ行く途中に幼女に異世界に行きたくないかと問われる。幼女を追いかけまわしてみれば気が付くと周りは森、スマホは圏外、そして目の前には化け物。 例の幼女を一回殴ると心に定めて早千年、森に籠って軍滅ぼしたり魔法も近接戦闘も極めたりしましたが一向に殴れそうにありません。 偶然拾ったエルフの女の子を育てることにしたので、とりあえず二人でスローライフを送ることにしました。

3百年前に滅亡した、セントリーズ王国最後の王女だった記憶があるアンナは、ある日、人伝に噂を聞く。それは、かつて婚約を結んでいた王子が、王女の生まれ変わりを捜しているというものだった。彼は、キール・ベルフォルマという商人に生まれ変わり、容姿も王子の生き写しだという。居ても立ってもいられなくなったアンナは、旧王都へと旅立ち、着いたその日にベルフォルマ商館を訪ねるが、自称王女を名乗り出る者が、後を絶たなくて迷惑しているのだと、門前払いされてしまった。

 突如光に包まれ、ランガ王国という異世界に転移する事となった高校2年生――宮西悠とそのクラスメイト。  だがそんな中、数多くの“チート”を得るべく、異世界で生きる為にとチートを2つ程与えてくれようとした神でさえも欺いた宮西悠は結果オーライで5つのチートを手にする。  イレギュラーにイレギュラーが重なるハードな異世界ライフ。彼の命運はどうなるのか――!?  剣と魔法が存在する異世界アクションファンタジー!!  アルファポリス様でも投稿してます

 子供を庇った女子高生を庇って、トラックに吹き飛ばされた青年、三上良。  それなりに楽しかった人生を振り返り、自分を呼ぶ声に別れを告げて意識を手放せば気付いた先は真っ白な空間。自分に語りかけるは正体不明の「声」、言われるがままにクラスを決めてステータスを決めてスキルを割り振り、ボーナスポイントを貰った彼が目が覚めて見た者は、金髪碧眼の超絶美人と焦げ茶赤目のイケメン、その後ろには黒髪黒目の切れ目のメイド。  どうやら俺は転生したようだ。  日本にもそういう物語はあったしな。  なんて考えてるとなんとびっくり。  父親は現地生まれのリアル勇者、母親は共に歩んだ大賢者、切れ目の美人メイドさんはなんと生まれたばかりの俺の初の部下と言うではないですか。  生まれた先は英雄の子、期待値Maxを斜め上へとぶち抜きます。 ※2017/1/21より改稿開始~2017/2/10に改稿終了。  新キャラ及び伏線の挿入。文の統一化。 ※基本は一人称で進みます。

いつからだったか忘れてしまったけれど、彼は気がつけば異世界で吸血鬼ハンターとして生きていた。呪いによって内面の感情と外面の仕草に隔絶した壁がある彼は、ひょうきんな性格を知られることなく周囲からは狂人として恐れられている。この物語はそんな幸か不幸かわからない彼が一つの時代を築いていく物語。

没落貴族の跡取りであるジェノは、国有数の貴族の令嬢とお見合いすることに。『完璧な家柄の美少女』がお相手でめっちゃウハウハーって、そんなわけあるかぁ!世間には隠してるけど僕は女の子なんだぞ!?なんで断らなかった親父!なに?女の子だって忘れてた・・・?忘れるか普通!? なんとか見合いを断ったものの、「あいつを振るとは気に入った!」と今度は謎の美少年に無理やり友達認定されてしまった。いや、近い近い近い。もうちょっと離れろ、僕は友達と認めていない!気安く肩とか抱くなっ、勝手に僕を親友って言いふらすな――  え?お前、この国の王子様なの? 徐々に縮まる距離感に王子様へ友情以上の感情を抱き始めるジェノだったが、彼には男の子だと勘違いされていて・・・? ◆男装少女と完璧だけど面倒臭いストーカー王子様との純愛です。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加