【令嬢】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はどこにあるの? ※書籍化します※

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職人だった。   容赦なく襲い来る盗賊、突然牙を剥く野獣、狡猾で腹黒い貴族達に、水も乏しく荒れ果てた領地と、少年の下には数々の苦難と試練がふりかかる。   美貌の次期領主は、持ち前の知略とお菓子への愛情を武器に、剣と魔法の世界を生き抜いていく。  お菓子で笑顔を作ってみせると、幸せ溢れる領地を目指して、若きペイストリーの挑戦が今始まる!    最高のお菓子は最高の物語と共にある。一人の少年が世界を変える、王道スイーツ・ファンタジー! ※書籍版1巻~4巻発売中。特別短編も書下ろし。

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲームで詳細は描かれておらず、なぜ悪役令嬢と一緒になったのはわからないサブキャラ。しかし、そんなことはどうでもいい。 誰と一緒になろうとも貧しい農民として生きていくのは嫌なので、手に職を持つことにする。とりあえずもともと才があった鍛治職人を目指します。 ★カドカワブックスより書籍化しております!1,2,3巻発売中です。

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世界であることに気付いた。 そして自分が主人公と攻略対象との恋路の邪魔をする悪役令嬢になってしまっていることに… 主人公がハッピーエンドを迎えれば身一つで国外追放、バッドエンドならば攻略対象に殺されるって… …私にハッピーなエンドなくない!?バッドオンリーなんですけど!? なんとか破滅エンドを回避して、穏やかな老後を迎えたい!! ◆ 一迅社文庫アイリス様より書籍が発売中です。応援くださった皆様ありがとうございます。

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームでは愛人の子である異母妹がヒロインで自分はヒロインを苛め抜く悪役令嬢であった。しかも最後は必ず自殺END。しかしこの世界、ゲームの設定とは大分違う所があるようだ。もしかしたら自殺する母を助けられるかもしれないと思い、母とメイン攻略キャラのいとこを異母妹の魔の手から守ろうと頑張るお話。※12/25改稿しました。※アリアンローズ様から書籍化されました。2016年12月12日に第3巻が発売となりました。※本編完結しました。

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメアリは悪役で、主人公に嫌がらせや妨害工作をした後にしっぺ返しをくらい没落する、まさに典型的な悪役令嬢の没落コースを辿っていた。となれば、ここは「そんな人生冗談じゃない!」と没落を回避…しない! いっそ開き直って没落コースを突き進むのみ!最後にギャフンと言わされるのはこの私! 従者のアディを巻き込んだ、目指せ没落な一年間。果たしてメアリはゲームの通りに没落できるのか!? ※11/21本編完結しました!たまーに短編更新中

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が待っている。ならば平穏な人生の為、王子やヒロインを回避しよう。……けれど人生それだけではつまらない。せっかく美しい姿に生まれたのだから己を磨いて行こうと決心、まずは薬草研究から始めて行く……そんなお話です。 ** 2016年7月、アリアンローズ様より書籍化・2017年1月12日に2巻も発売しました **

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト』になっていた私。しかし何故だか意志は有るのに行動出来ない、完全オートモード。一周目は慌て、二周目は絶望し、三周目からは諦めた。そして今、五周目が終わる。始まった六周目……は、何故だか動ける喋れるてか幼女?え、なにこれどうなってんの?

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界らしい。  "私"ことアルティリアはかませ犬のライバルキャラ、主人公にやったらめったら突っかかったあげくに手痛いしっぺ返しを食らうことになっている。魔法学院を追われるばかりか婚約解消、さらに実家の公爵家は取り潰し。そんな波乱万丈は勘弁して! というかあのゲームの主人公、心が鉄壁すぎて怖い! ゲーム知識を生かしての逆ハー? 攻略対象の男どもって現実に付き合うには面倒な連中ばっかりだからお断り!  というわけで本編には関わらないことにしました。学院には絶対進みません。海外に脱出します。新天地で魔法人形師として生きていければ最高です。え、魔眼の人形姫? 冥府魔道の女王? 真面目に頑張ってただけなのにラスボスにクラスチェンジしていました。なんで!? ちょっと待って誤解なんですやめて許して――。

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ましい体型に愕然とし、ダイエットを開始する。 前世で培ったおばちゃんスキルでグイグイ周りを巻き込んで、今日もコゼットは突き進む! アルファポリスでも同名義で投稿しております

悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳われる獣人傭兵団が、店に足を踏み入れた。 獣人傭兵団ともふもふまったり逆ハーライフ! 【第一章完結。第二章スタートです】

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイン王国の第一王子、アルベルト。  婚約当初から恋に落ちた彼女は、傍若無人に彼に愛を示すが、いつのまにか愛想をつかされて、十五歳の誕生日には会うこともできず、贈り物だけが届いた。  贈られたその髪飾りを見た彼女は、ふと気づく。これは、異世界で自分がプレイしていた、恋愛シミュレーションゲームの、恋敵役の令嬢が身に付けていたものだと。  そして今現在、自分がいるのは、愛しい王子様を、恋愛シミュレーションゲームの中でいうところの、主人公・クララに奪われるルートだった。  嫉妬とプライドの狭間で懊悩する、恋する乙女と青少年の、切ない純情ラブ。   ※2016年1月30日一迅社文庫アイリスNEOより書籍化 本編完結済み

シルティーナは元公爵令嬢だった。 2年前に国外追放を言い渡され、渡った隣国でギルドに入り今や他国にまで名を知られる程に強くなった彼女に自分を追放した国から呼び出しがかかる。 魔物により穢れた土地の浄化の為に、常にやる気ゼロの相棒と、自分を追放にまで追いやった異世界の少女と、元婚約者の第一王子様と、元弟の騎士様と、そして無駄に恥ずかしがり屋な魔法使いと一緒に旅に出る羽目になった彼女が敵を斬ったり味方にツッコんだり時々ボケたりするお話し。 ※残酷な描写ありは一応です。

私、公爵令嬢キャロル・アンブラウスはある日、婚約者であったレイフォード殿下から突然の婚約破棄を言い渡されました。嫌がらせとか階段から突き落とそうとしたとか全く心当たりがないのですけど。ですが、丁度いい機会なので、幼い頃からお慕いしていた騎士団長に婚約を申し出てみようと思います。白いおひげが素敵な六十二歳のヴィルヘルム騎士団長様は、今まで浮いた噂の一つもない独身の方ですので。 カドカワBOOKSさまより書籍化することになりました!! 追記:5/10発売しました!!

ヘレナ・レイルノート侯爵令嬢は二十八歳にして、ガングレイヴ帝国八大将軍が一人『赤虎将』の副官である武人である。 そんな彼女に、ある日即位したばかりの皇帝の抱える後宮に入るよう辞令が出された――これは、花を愛でる時間があるなら剣を振れ、詩を詠む時間があるなら体を鍛えろ――そんな脳筋な令嬢が、愛憎渦巻く後宮で過ごす日々である。 『小説家になろう』トップページにて、『今日の一冊』第1回で紹介されました! ※カドカワBOOKSさまより書籍化することになりました。8/10発売しました。

私の婚約者となったバーティア嬢は少々変わっている。 出会ってすぐに自分を悪役令嬢だ、転生者だといい、立派な悪の華になり美しくギャフンされる為に日々精進している。 意味がわからない。 わからないからこそ、彼女は私を楽しませてくれる。 だからそんな彼女を、私は暫く観察してみようと思う。 ハイスペック過ぎて世の中イージーモードで退屈している王太子が、自分の婚約者となった自称悪役令嬢(残念系)を観察したり、横からフラグをかっさらってバキバキ折ってみたりするお話です。軽い読み物としてお読みください。

妹と王子が婚約するという話を聞かされた主人公は、前世の記憶を思い出す。 ここって、前世の妹が好きだった乙女ゲームの世界だ! しかも今世の妹、このままだと悪役令嬢まっしぐらで家ごと破滅エンド! そうはさせまいと努力する兄の話。 

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった――……。 断罪されるのを待つしかない? でも、そんなに酷いことをしていないのだけれど……。そうは思うけれど、エンディングは進む。 しかし、断罪イベント中に――ゲームではありえなかった出来事が起こる。隣国の王太子が、悪役令嬢であるティアラローズに求婚をしたのだ。 悪役令嬢の、王道溺愛ストーリーです。 ※書籍1巻(ビーズログ文庫)発売中です。

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使いがやってくる。 なんと、若き大公の妃候補にならないかというお誘いだった。 「いかがですか」 「うーん……」 「ちなみに妃になれなかった大公妃候補は、城で女官や側近として働くこともできます」 「なにっ……!」 「さらに、候補として城に上がられた場合には頭金として十万ペイルを」 「乗った!」 かくして他の候補とはかなり外れた目的を胸に、テレーゼは城へと向かう。 はたして彼女は、魑魅魍魎のお妃争奪戦から生き残り、悲願を達成できるのか……!? ※9月27日 ひとまず完結? ※10月3日 続編でテレーゼ爆走中

キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と結婚するよう命じられる。絶望した彼女の頭の中に湧きだしたのは、前世の記憶。そしてよく遊んでいたゲーム「ファルジア王国戦記」のことと、そこに登場する敵の女魔術師のことだ。 「結婚したら、まんま敵キャラと同じ名前になっちゃう!」 彼女は嫌すぎる結婚と敵キャラになって死ぬ運命から脱出するため、逃亡を企てる。その際、こっそり便乗させてもらった馬車には、なんだか見たことがあるような人達が乗っていて……。 現在王都へ向かって進軍中。 ※主婦と生活社PASH!ブックス様よりH29.2.24書籍5巻目発売予定!

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加