【冒険者】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた時には……。剣と魔法、モンスターの闊歩するオーソドックスな異世界召喚モノ! ※この度、書籍化しました! 作品はそのまま残し、連載もこれまで通りに続けるので、なろう版、書籍版、ともによろしくお願いいたします。

職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一人として入り方がわからない隠しダンジョン、その入り口を開いてしまったのだ。 中には超稀少な魔物、強くなるための魔道具、世にも珍しいアイテムが大量に隠されている伝説の場所! 「この場所のことは誰にも言わず、僕はこっそり最強になろう」 この世の中は貧乏貴族に世知辛い。 権力も名誉もないのであれば、せめて強さくらいは手に入れたいものだ――

「もう、冒険者やめた方がいいんじゃないですか。」 解雇からはじまる、駆け出し冒険者支援の物語。 チートなし。地味な展開がつづきます。 最初は個人でコンサル。後で事業家として支援していきます。 「今日の一冊」のコーナーで取り上げていただきました。 内容をプロの方がスッキリとまとめて下さっています。 http://syosetu.com/issatu/archive/no/6/

持ってて当然と言われる戦闘系スキルを一つも持ってない主人公ーーフェイト・エラは幼馴染三人によって無理矢理商人ではなく冒険者にされた。 そしてパーティ内で不当に扱われ蔑まれたフェイトはパーティを抜け、本来の生産職として生きる事を決める。 これはそこから始まるフェイトの商人時々冒険者としての物語である。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ これは私が書いた短編【パーティで虐げられた生産職は、本来の道へ戻る】の連載版です。 短編と若干の誤差などがありますが、どうか気にせず読んでください。 ※旧題【連載版】パーティで虐げられた生産職はパーティを抜け、本来の道へ戻る ※現在は一日一回投稿するつもりですが、ある程度書きたい部分が書き終わったら週一ぐらいにしようと思います。

 冒険者の多く住まう街ボルディアナ、そこには親の跡を継げないような次男以下の者たちが一攫千金を夢見てやって来る。そんなボルディアナに変わった冒険者がいた。  低階級のうちから稼いだ金で孤児院に寄付したり、スラムで炊き出しをしたり、困ってる人を探したり。魔物討伐に行く頻度は少ないながらも、討伐に出ればそれなりの大物を狩ってくる。そして、その金をまた孤児院などに寄付するのだ。  人の嫌がる依頼でも喜んで受け、時にその依頼の達成を大喜びし、時に悪態をつく。これはそんな変わった冒険者の物語。  ※このたび、ヒーロー文庫様から書籍化することになりました。

 目標も持たず、怠惰な毎日を過ごしていた少年『マルス・ルイーナ』は、モンスターに襲われていた『ラーニア』という女性を助ける。  一瞬でモンスターを倒してしまったマルスの実力を見て、どこかの冒険者ギルドに所属している有名な冒険者なのでは? とラーニアが聞くが、実はこのマルスという少年はただの職業無職だった。  そこで、冒険者育成機関の教官であるラーニアはマルスを冒険者を目指してみないかと誘い・・・。  ※カドカワBOOKS様より書籍化しました。   書籍版はWEB版を元に改稿されております。   詳しくは活動報告をご覧ください。

 とあるオンラインゲームの熱心なプレイヤーであった主人公は、ゲーム中の駆け出し冒険者「ネモ」と一体化している自分に気づく。「ネモ」が授かった加護は育成・成長性ともに絶望的な構成であり、冒険者登録時点から楽しむどころか、生き残りをどうするのか?という事態に陥っていた。  主人公はその加護の中で唯一使い物になるスケルトンを召喚するスキルを用いて生活水準確保に奔走するが、徐々にスケルトンを増やし、強化することに魅力を感じていく……。 ※スケルトン登場は10話からです。

包丁を持った通り魔から幼馴染の妹をかばって死んでしまった椎名和也(しいな かずや)高校二年生。カイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らない神々と王国上層部や女性たちに振り回されながら成長していくカイン。神々の多大過ぎる加護を受け、でたらめなステータスを隠しながらフラグを乗り越えて行く、少し腹黒で少しドジで抜けている少年の王道ファンタジー。 素人丸出しの作品ですが、読者の皆様のご指摘を受けながら日々勉強していっております。後に読むにつれ作者の成長がわかるかもしれません。よろしくお願いいたします。 ※投稿初期のほうは人称表示等、特にひどいと思います。初めて読む方にはご迷惑おかけします。 第五回ネット小説大賞期間中受賞をいただきました。 サーガフォレスト様(一二三書房)より出版予定です。 これまで多くの読者様にご指導いただいたお陰だと思っております。本当にありがとうございました! ****************************************************** 2017/01/17 四半期 異世界転生/転移 ファンタジー部門 3位獲得 2016/12/20 月間 異世界転生/転移 ファンタジー部門 1位獲得 2016/12/04 週間 異世界転生/転移 総合3位 ファンタジー部門1位獲得 2016/12/02 日間 異世界転生/転移 総合1位 ファンタジー部門1位獲得 2017/01/13 総合評価35,000pt獲得 2016/12/24 総合評価30,000pt獲得 2016/12/08 総合評価20,000pt獲得 2017/01/23 ブックマーク15,000人突破 読者の皆様のおかげです。ブックマーク、評価ありがとうございます。感謝を申し上げます。 ****************************************************** 処女作になります。読み専から勢いで書いてしまった素人なのでプレッシャーで胃が痛いです。できれば暖かく見守ってください。よろしくお願いいたします。 アルファポリス様にて重複投稿しております。

邪悪な魔術師が迷宮を作り上げ、世界中の冒険者がその迷宮に挑み続ける世界。   冴えないきこりであったレベル1冒険者ウイルは、とある事件からスキル メイズイーターを手に入れる。 謎が多く誰も保有することのなかったスキルであったが、一つ分かることは誰にも壊せないとされていた迷宮の壁を破壊することができるということであり、それはつまりいしのなかにいるもの全てを手に入れることができるということだった。 決して壊すことのできない迷宮の壁を壊すことができるようになったとき、 最弱の冒険者は迷宮の全てを手に入れる! いしのなかにいる冒険者も、アイテムも、伝説の武器も! 全てが全部彼のもの! 9月15日(木) アーススターノベルより、書籍版発売!

『死なない宿屋』  冒険者垂涎のそんな都市伝説をもつ宿屋があった。  少女ロレッタはある目的のため、駄目元でその宿屋にたどり着く。  そこで知った『死なない宿屋』の秘密とは。 「セーブポイントです」  そこの宿屋は、異世界から来たという、『セーブポイント設置能力』をもったカンスト冒険者の経営する店だった。  冒険者を引退して宿屋を経営、しかも冒険初心者に修行までつけているらしい。強くならなければならないロレッタは宿屋主人アレクに修行をつけてもらうことになるのだが……  死んだってロードすれば平気! な引退冒険者の新人育成プラスαな宿屋ライフストーリー。 各章あらすじ&キャラ表 http://ncode.syosetu.com/n3788de/

 残業なし、休日出勤なしだけが売りの会社に就職した。  このままどんな人生を送るのか考えていると、ふと思い出す。  「俺、前世魔術師だった」  今でも使えるかどうか試してみたら普通に使えた。  が、  現状に不安はあっても不満はなかったし、ばれたら怖いのであんまり使わないようにしよう。  「でも老後の貯蓄はほしいよね」  というわけで、周囲を気にせず、魔術を使っても問題ないところってどこよ?  「そうだ、前世の世界へ行こう。  週末だけ」  だってこっちのほうが飯うまいし安全だし便利だし。  たまに懐かしがるぐらいでいいよ。  こうして週末だけ冒険者として無理しない程度に働くことにした。

 森の奥深くで人知れず暮らしていた少年、ユーリ。  彼は鍛えぬいたその肉体によって、ほとんどの魔法を受け付けないという特殊な体質を持っていた。  そんなユーリの元に、ある日美少女エルフのフィーリアが迷い込んでくる。  まだ見ぬ外の世界に惹かれたユーリは、フィーリアと共に外の世界へと飛び出すのだった。 「ユーリさんって何か魔法使えるんですか?」 「使えるぞ。筋肉魔法だ」 「……何ですか、それ?」 「魔力の代わりに筋肉を使って放つ究極の魔法だ」 「それは魔法じゃなくてただの力技です」  これは筋肉を極めた一人の男が、絶世の美女であるエルフと共に世界を回るお話。

中年冒険者ゲオルグは今日もだらだらと依頼を受けようとしていた。 同じ冒険者と他愛もない話をし、情報を仕入れて、依頼をこなす。 そしてわずかな報酬をもらい、酒を飲む。 それがゲオルグの日常だった。 しかし、ある日、少女に話しかけたところから彼の日常は変化を始める。 ナンパと勘違いされ、少女の連れと思しき少年にぶん殴られてふっとんだベテラン冒険者、ゲオルグの冒険が始まる。

特に取り柄もなく平凡に生きていた男が神様からチート(微)をもらって異世界転生する話。 主人公はチート(微)をもらってますが基本的にはゆっくり成長していきます。 ※ほぼ処女作ですので文章、設定等拙いところも多々ありますが何卒ご容赦を

【詳細鑑定】スキルしか持たず、戦闘スキルを持たない俺は初めてダンジョンに向かう途中、その前で貧しい少女を見かける。 誰かにパーティを組んでもらいたがっていた彼女だが、まだ見た目十代前後ということで相手にもされていなかった。 しかも自分のスキルも知らない少女……。 でも、俺にはその彼女が持つとんでもないスキルがわかっていた。 47AgDragon(シルドラ)先生よりシャルのFAをいただきました。一話にて公開させていただいております。

※現在、別の物を書いてます。  以下、並べておきます。 「転生したけどウダツの上がらない冒険者は、奴隷を買う事にした」 http://ncode.syosetu.com/n9583dq// 「金持ちに転生したので親のすねをかじって冒険に挑戦します」 http://ncode.syosetu.com/n7411dr// 「クラガリのムコウ -当世退魔奇譚-」 http://ncode.syosetu.com/n7595dj//  現代からファンタジーっぽい世界に転生したはいいが、特別才能も能力もない。  前世の知識や経験も活かせるわけでもない。  生まれ育った村にいても、それ以上の先はない。  ならばと思って町に出て冒険者になっても、うだつは上がらない。  こんなんでいったいどうすればいいのか、と悩み、それならばと底辺なりに上手くやっていこうと開き直る。 注)更新は7:00に。   余裕がある時は夕方以降に更に投稿していくつもり。   連載終了したので、更新はもうありません。 注2)誤字脱字などはメッセージにて。

次元の隙間から異世界へ行く羽目になったおっさんが、ケモミミ幼稚園を創設することになった。事件に巻き込まれつつも、色んなイベントを開催していく。精霊・ドラゴン・エルフ・ドワーフ・ゴブリンと、色んな種族とも交流していく異世界ライフ。若返ったおっさんが、やりたい放題のチートストーリー。 他にアルファポリスさんとツギクルさんに登録。1200万PVまで到達しました。応援大変ありがとうございます。

平凡な冒険者マツスケは、ギルドの中でも誰よりも努力家だったが、人よりレベルが上がりにくい体質のために不遇の扱いを受けていた。 ついにはマスターに蹴飛ばされ、ボロ雑巾のように扱われてクビになる。  ――マツスケは誓う。 絶対にお前らをギャフンと言わせてやる! だが腕っ節では到底敵わない。ならどうするか? そうだ、最高の甘味処を作ってギルドに嫌がらせをしよう! 計画に向け、マツスケは動き出した。

 冒険者であるキャルは、ランクの低さを理由にパーティに放り出されてしまった。一人ではとても活動できないので、どうにか故郷に帰るまでの旅費を貯めていた。それも、先が見えずに悩んでいたときに、腕の中にお宝を飼っている人間を見つけたのだ。  アルファポリスからの転載です。

友人宅からの帰りに夕暮れの山道で気を失った新道(しんどう)二郎(ジロウ)は、目が覚めると見知らぬ森の中にいた。 持ち物が無いどころか全裸。狂暴な魔物に襲われ、暴虐な女騎士団に袋だたき、異世界で言葉が通じない。しかも気付いた時には蛮族として奴隷に!? バッドエンドに一直線、こんなの認められるか!! 例え世界に盾突いたって絶対に生き抜いてやる。そんな新道二郎の残念な物語(予定) 第五話までは主人公の独り言で物語の大部分を占めております。よって本番は第六話からです。第二章からが冒険者になります。第四章は戦闘メイン。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加