【冒険】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚されてしまったのだ。日色は自由に異世界生活を満喫することにした。書いた文字の意味を現象化させることができる《文字魔法》を使う少年が、いずれ世界を救う物語。  「富士見ファンタジア文庫」から第9巻、外伝が3冊と発売中です。コミックスも第4巻が発売中です。【2015/4/18 0:00 完結致しました】 番外編も完結しました。

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生徒にぶんどられてしまった一般人の用務員さん(三年契約延長なし。三流私大卒業後就職に失敗、派遣や契約社員で食いつないできた25歳、用務員二年目、手取り月給12万弱)。 ぶんどられた用務員さんを不憫に思った神様に用務員さんが願ったことは……。 ※MFブックス様より書籍化されました。1巻~6巻まで既刊。  削除・ダイジェスト化はございません。

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持ったまま異世界へと転生した。 異種族や魔法に驚かされつつも、持ち前の切り替えの早さで適応し己の糧に変えていく。 特殊な魔法を習得し、厳しい訓練を続ける内に最強レベルの強さになっていたが、前世で中途半端に終った教育者をもう一度目指そうと決意する。 これは前世の記憶と経験を基に、弟子と共に世界を漫遊する教育者の物語。

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、神様っぽい 幼女にお願いされて、異世界で二度目の人生を送るというお話です。 見切り発車の要素が多分に含まれておりますので、あちこち修正が入るかも しれません。 ご指摘ご感想は常にお待ちしております。 現在HJ Novels様より小説1~14巻発売中。 Comic Walker様にてコミカライズ版掲載中。 コミック1巻まで発売中。

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンスター討伐に乗り出せる訳ではなく、生まれついて神から授かった役割(ロール)にも大きく影響を受ける事になる。  能ある役割と呼ばれている役割は八種。戦士。武闘家。僧侶。魔法使い。盗賊。商人。狩人。呪術師。  天啓とも呼ばれる特殊な力をもつ役割は三種。王族。勇者。賢者。  そして尤もその人口が多く、力無きものとして農業や宿屋。街を発展させるために尽くす最弱の役割……村人。  戦う力を持たない村人が、モンスター討伐の稼業に乗り出すのは自殺行為に等しい。  だがある日。村人という役割をもって生を受けた二歳になり立ての子供は気付いてしまう。  モンスターを倒したら…………お金が手に入る事に。 ★お知らせ★ この作品はKADOKAWA/エンターブレイン様より同タイトルで2016/4/30に書籍化されております! ひとえに皆様の指摘や意見、そしてご愛読いただけたおかげです。ありがとうございます! 今後ともよろしければお付き合いいただければ幸いです! 『LV999の村人』(著・星月子猫/画・ふーみ)のCMがアニメ「幼女戦記」のCM枠で放送されました! ナレーションはなんと梅原裕一郎さんです! https://www.youtube.com/watch?v=rTBYNEFtrAY&feature=youtu.be めっちゃくちゃカッコいいので、ぜひ観てください! Twitterアカウントもどうぞよろしく! https://twitter.com/konekodayo00 /※まだまだ勉強中のため、今後も違和感や駄目な部分を教えていただけると幸いです。感想はどんなものも消していませんし、今後も消すつもりもないので(ご自分で消された場合を除きます)、駄目出しや酷評等も遠慮なく書き込んでいただけると成長に繋がるので嬉しいです。 なろうでは新参者ですが、今後ともよろしくお願いします!/※

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか一日の学園生活を終えようとしていた時、突然放送のスピーカーから、神と名乗る声により、異世界に転送される事を伝えられる。それも、誠一一人では無く、通っている学園にいる全員がである。ゲームのようにレベルやステータス、スキルなどが存在するファンタジーな世界。しかし、色々な成り行きから転送は神が行うのではなく、異世界側の人間が勇者召喚の儀式をしていたために、そっちに引っ張られる事に。クラス全員でグループを作り、転移を待つなか、誠一だけはクラスメイトから拒絶され、一人違う場所へ転移することになる。転移先で初めて食べた、『進化の実』。これが、誠一の人生を大きく変えるモノになり――――。この物語は、誠一がクラスメイトから散々バカにされ、挙句の果てに仲間としてさえ認めてもらえないというのに、前向きに頑張って異世界を生き抜いて行く話しである。……結果、何時の間にか勝ち組に。*深く考えず、頭を空っぽにして読むことをお勧めします。このたび書籍化することになりました。詳しくは、活動報告をご覧ください。

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。 ※本編完結しました ※IFルートは同シリーズ別タイトルとして引っ越しました ※10月25日にオーバーラップ文庫様から三巻目となる②が発売されています!詳細は活動報告にて※7/22タイトル修正。「10年ごしに」を「10年ごしの」に修正しました

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた時には……。剣と魔法、モンスターの闊歩するオーソドックスな異世界召喚モノ! ※この度、書籍化しました! 作品はそのまま残し、連載もこれまで通りに続けるので、なろう版、書籍版、ともによろしくお願いいたします。

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。・・・・・・・・6月28日、活動報告にて近況をカキコ。是非ご覧下さい。・・・・・コンプティーク2015年5月号にて紹介されました。この場を借りて、編集者Hさんと応援してくれる読者の皆様。そして雑誌を読んで来てくれた皆様へ感謝の言葉を捧げます。★ヒーロー文庫より書籍化されました。皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛を注がれ少年は育つ。 解き明かされてゆく、不死者たちの過去、秘めたる謎。 その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。   ※ライトに読める、古風で王道なファンタジー英雄譚を目指します。  

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増やしていく。そして、気が付いた時には圧倒的な力を手に入れていた。そんなケルヴィンの向かう先にあるものは……? ※2017年1月25日にオーバーラップ文庫様より『黒の召喚士3 魔獣の軍勢』が発売されます。

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚ますと、そこは今までの世界とは違い……。何よりも、慣れ親しんだ渋く老練とした威厳のある姿が、幼気な少女のものになってしまっていた。 何者かと問われ、正直に名乗れば今まで培ってきた荘厳なイメージを崩しかねない状況。そこで思いついた言い訳は……。

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  これからも拙作をよろしくお願いいたします ――みんな、俺の事を誤解してるんだ。 三年前、世界を壊そうとする魔神を討伐させるために、異世界から十三人の英雄が召喚された。 年齢も性別も様々な十三人。 与えられたのは異世界の住人にはないチートスキル。 ある者は最高の魔力を、ある者は人外の膂力を、ある者は―――。 そして、その十三人は魔神を見事討伐し、世界の英雄となりました。 この世界で生きていく事を決めた十三人。 その英雄の中で、魔神討伐後行方を眩ませた男が一人。 誰もが言う。 彼こそが英雄の中心なのだと。 彼こそが魔神を討った最強なのだと。 彼こそが女神の寵愛を受ける唯一人なのだと。 ※今作品の通貨設定は銀貨>金貨>銅貨となっております

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤転移してしまった。 誤って飛ばされた大陸は、最悪なことに魔王や勇者すらも近づかないといわれる『終焉の大陸』という名の人外魔境の地だった。 全く雑魚とは思えない屈強なゴブリンの集団。 めまぐるしく変わる生きるに相応しくない環境。 周りを取り巻く異常に高LVな魔物達。 今まで争いのない日本で生きて来た彼が生きるには、厳しすぎるその大陸で秋はスキルや能力を頼りながら、『終焉の大陸』に染まるかのように人外への道を歩みだす。 月日が経ち、最強となって終焉の大陸を出た灰羽秋の歩む道とは……。 ※未熟なため、配慮不足や矛盾等で設定や文章を変更することがあります。それでも見ていただければ幸いです。感想はどんな事でもいただけると嬉しいです。

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めたのは、何処とも知れない森の中であった。  しかも能力はゲームで使用したアバターその物。正にチートである。  四十代DTのおっさんは、この世界で平穏な生活を送れるのだろうか?  そんな彼の異世界生活がはじまる。  現在、貴族の家庭教師を終え、無職中。  

 八鍵水明(やかぎすいめい)は、現代に生きる魔術師だ。同じく魔術師であった父の後を継いで、高校に通う裏側で人知れず真理を目指す、生粋の神秘学者である。ある時は部屋に引きこもり研究に励み、またある時は野に現れる怪異を魔術を用い無に返す、そんな生活を送るちょっと変わった一般人。  そして、とある日の学校の帰り道のこと、仲の良い友人と下校中に彼らの前に魔法陣が現れる。  転移魔術! 水明がそう思うも、時すでに遅し。水明達三人はなす術なく魔法陣に引きずり込まれ、異世界に飛ぶはめになった。  ……この物語は、友人の勇者召喚で異世界に巻き込まれた主人公が、魔族軍多すぎると魔王討伐を拒否って勇者と別れ、異世界の生活に馴染もうとしたり、慣れない人助けをしたり、なんやかんや言っても結局一人で無双してしまうお話です。 ※水樹の表記が途中から瑞樹に変わっていますが、気にしないでください。  申し訳ありません。

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテたいという事もあったが、 それ以前に報われたいと考えていた。 転移する際に女神よりもらった能力は3つ。 回復魔法、水魔法、料理魔法。 蓋を開けてみると凄まじい能力だと発覚した。 使いこなす為に山に籠った結果、 彼はチートと言っても過言ではない能力を手に入れてしまう。 はたして小鳥遊 響は童貞を捨てる事が出来るのか。 そして彼は幸せになれるのか。 ***** 怒りに任せて書き始めた連載です。 ヘタレだけど、カッコよくなろうと頑張る成人童貞の物語です。 第4回ネット小説大賞でグランプリ受賞しました。 皆さまにお読みいただいた結果だと思っています。本当にありがとうございます! 9/10 書籍発売しました!宝島社様より発売中です! 感想返しは極力行いますが、遅れています。 ご容赦いただければと思います。 ※感想では予測コメや他者と議論するような内容はお控え願います。

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしているのが《Virtual reality Multiple Battlefield》 通称VMBと呼ばれるVRFPSであった。今日もいつもと同じ様にVMBをプレイしていた彼だが、プレイ中にMAP外へ落ちてしまうと……落ちた先は、ゲーム内では見たこと無いモンスターが歩くファンタジーな世界、彼は剣と魔法のファンタジー世界に、一人落ちたFPSプレイヤーとして生きていくことを選択させられる。 書籍化しました。カドカワBOOKS様より全国書店様で発売中です。 三巻は2016年9月10日発売予定! 無料webコミック「ヤングエースUP」様にてコミカライズ版も連載中!

観察好きの16歳の少年は事故で短い生涯を終える。すると神が現れ、少年にふさわしい転生先があるからやってくれないかと頼まれた。 少年は快諾し、異世界転生する。転生先は邪神アシュタール。 ゲームで言うところのラスボスである魔王を倒したあとに、おまけ要素で用意されている、圧倒的最強の裏ボスである。 魔法によって世界中を観察して過ごすこと1000年。   おい! なんで誰もこねーんだよ! 一応裏ボスだぞ! さすがに飽きてきたアシュタールは、ある出来事をきっかけに学園に通うことになるのであった。 時には図に乗った魔族をぶちのめし、時には図に乗った大国に反撃するために銀行の頭取になる。 そんな邪神のお話。 ※ネット小説大賞メディア賞受賞。宝島社様より2017年1月21日書籍及びドラマCD特装版発売。 特設サイトできました!  ランキングタグからですと1クリックで飛べます。 http://www.lastboss-project.com/promotion/

成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いにすらならない! 全ての敵が即死する、超お気楽異世界召喚コメディ! 修学旅行中の高校生、高遠夜霧が目覚めると、乗っているバスがドラゴンに襲われていた。 バスに残っているのは夜霧と、パニックになっている美少女、壇ノ浦知千佳だけ。 クラスメイトたちは、突然現れた賢者シオンという女に力を与えられ、力に目覚めなかった者たちを囮としておいていったという。 どうやら異世界に来てしまったようで、わけのわからないままいきなり危機的状況に陥った夜霧。 だが夜霧は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていた! ※「カクヨム」にも投稿しています。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加