【出世】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制転移。 特典として願いを叶えてくれるという言葉に彼女は願う──「目と気配を普通にして」 唯一の弱点を克服し完璧となった(筈だった)少女の思い通りにはいかない異世界生活。 魔法あり、ダンジョンあり、勇者や魔王(候補)も巻き込んでのファンタジーコメディー。 しかし彼女は呪われていた。 【宝島社様より書籍化し三巻まで発売中です】

未完結ですが、第二稿の執筆と投稿をはじめましたので、これ以上の更新はしません。 第二稿版→http://ncode.syosetu.com/n6613ck/ 以下、あらすじ ファンタジー系乙女ゲーの悪役お嬢に転生したつもりだったんだがなにかおかしい。何で私は武勲を獲得して伯爵になっているのか。ちなみにチート能力なんてありません。魔法も使えません。倫理観は、生まれ変わってちょっとおかしくなったかもしれない。

※設定はともかく、基本的には、一人の戦士の立身出世物語です。 中学二年生の松浦直也は、突然異世界に飛ばされ、そこで「おまえは、姫様(魔王の娘)の直属軍に配属する、兵士にする」と無茶を言われる。 しかし、その問題の「魔王の娘」とやらとたまたま対面し、直也はその可憐さにうっかり惚れてしまう。 肉の盾(奴隷兵のこと)として激戦の一年を生き延びたナオヤは、本格的に魔界で頭角を現していく(予定)。

三十二歳でありながら、今年でニート四年目の主人公。 彼は脛かじりの日々に悔いを感じながらも不幸な事故で命を落としてしまう。 そして、輪廻転生。生まれ変わった落下先は中世ヨーロッパな文化レベルの世界。 おまけに空想のモンスターすら存在するファンタジーな世界だった。 前世の記憶を持ちながらの二度目の人生。 今度こそはと決意する彼だったが、幸せを目の前にして、事件が起こる。 それが全ての始まりだった。 やがて、数々の苦難を乗り越えて、人が羨むほどに出世してゆく主人公。 だが、彼が一番大事にしている宝物は遠ざかってゆく。 これは奴隷から英雄と呼ばれる身にまで成り上がる元ニート、現ニートの物語。 人によってはちょっと鬱展開が有ります。ご注意を下さい。

ある日、お父様が死にそうな顔で言った。 「お前は後宮に上がることになった」と。 嫌です、なんて即答してみてもどうにもならない現状を嘆くしかない。 本当に嫌なんですよ。だってたった一人の皇帝の寵愛を得るために、数百の女性たちが権謀術数を繰り広げている場所でしょう!? 怖いったらないわ! だから皇帝陛下の寵愛を得られず、人員整理の名目で開放される宮女を目指します! 後宮に夢なんて見ない塩商の娘。友達が出来たり、嫌がらせをされたり、心の中でいつか復讐したいと呟いたり、ままならない現実に悩みながら暮らしています。 ※第一章完結しました。第二章の投稿を開始しています。

いかがわしいコンサルタント会社に勤めていた灰崎正義はある日、奇妙な女神によって異世界に召喚される。剣と魔法、モンスターの世界に召喚された灰崎正義は女神の話を無視して、ただひたすらに平穏な生活を追い求める。だが、それとは裏腹に、次々と災難に巻き込まれ、事態は混乱していく。唯一の武器は嘘やはったりを含めた交渉術。オーソドックスな異世界召喚モノ。 ※番外編連載中。また、番外編では主人公が変わるために、タグを追加しました。

 公国の都に一つのアトリエがあった。それは黒の錬金術師アレクサントの店だ。彼は別世界より生まれ変わりとして現れて、わずか16の時にこの店を持った。趣味人で性格にやや難があったが不思議な愛嬌がある男だ。  彼は都に起こる事件を解決しては時に自ら引き起こし、際限なく己が道楽を叶えてゆく。そこには正義どころかボランティア精神すら無い。あるのは錬金術を目一杯楽しもうという童心だけだった。 ※ここだけの話、投稿ストックが175あったり……あと何でもいいんで感想下さい! ※毎日22~23時の間くらいに投稿予定です

おしまい

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加