【友情】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々がゲームのキャラクターとしての肉体を得た今、プレイヤーたちは高い戦闘能力、「死」からの蘇生能力を備えた英雄的存在〈冒険者〉とよばれ、この異世界で暮らすこととなる。

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛を注がれ少年は育つ。 解き明かされてゆく、不死者たちの過去、秘めたる謎。 その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。   ※ライトに読める、古風で王道なファンタジー英雄譚を目指します。  

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の王ロイさまと結婚することになったが別にめでたくともなんともない。  なぜなら、美人と評判で、性格も良く、不思議な力をもっていて癒しの巫女なんてよばれている妹とロイさまとの恋愛結婚話に、セットで売りにだされて結婚しただけだったからだ。(・ω・)ノ◆アーススターノベルさまから書籍化予定です◆  完璧にいないものと扱われているフィーはとあるきっかけから、 このまま一度も夫にあたる人物と顔すらあわせず、離宮で朽ち果てていくだろう人生など知らん!  ふたつめの人生を歩んでやる!  と決心するのだった。  アルファポで書いてるっす~。

ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バナナの皮ですっ転がって死にまして、なぜかぼっち万歳最強種族ドラゴンに転生しましたとさ。 ……友達欲しいのに意味ねえよ!!! と文句を言いつつ友達を作るために奮起するとあるドラゴンさんのお話。 本編および番外編完結済。精霊喰い編完結です。新章「魔石編」連載中です!***************アーススターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてえっちらおっちら頑張っているようです。

この度、株式会社TOブックス様より書籍化されることになりました。 詳しくは活動報告をご覧頂きたく思います。  ◇  世界線を越えて意思を伝える魔法石。  全てはこの魔法石を見付けた時から始まった。  ◇  魔法石を通じて知り合った少女は、様々な事を俺に教えてくれた。  魔法、魔物、魔族、そして神々とその更に上に立つ存在。  まるでゲームかラノベの世界の話。  尽きない興味の中、俺は少女の悲壮なる境遇を知り、異世界に向かう決意をする。  少女の言う危険という言葉を、この時の俺は甘く考えていた。    強く願う俺の気持ちに応え、少女が異世界転移魔法を唱える。  魔法が発動した時、俺は世界線を越え異世界で少女に出会うはずだった。  しかし、その場所に少女の姿は無く、目の前には警告された現実が支配する世界が広がっていた。  これは帰る手段を失った俺が、異世界で仲間と共に生きていく話。

王子様と婚約している、公爵家の長女さんのお話です。 いろいろと好き勝手していた長女さんですが、ある時不意に妙な声が聞こえるようになりました。それは自分にしか聞こえない声でした。その声は言うのです。 『2年後、王子の逆鱗に触れ、嫌われてしまうでしょう』 長女さんは信じませんでした。無視しました。忘れました。 その結果、見事に王子様から嫌われ、婚約破棄を言い渡されました。 そんな長女さんが、自分にしか聞こえない声に導かれ、改心しようとするお話。 ……かもしれない。 ※本編完結済み。現在、日曜朝6時に番外編・後日談を更新しています。 ※感想などいただけるととても嬉しいです。批判などでも! ご意見・ご感想などあれば是非よろしくお願いいたします。 15/10/8 恋愛要素があまりに薄いためにジャンルを変更いたしました。 15/12/15 完結しました。 ※アリアンローズ様より書籍化されました。 16/3/12 1巻が発売されました。こちらもよろしくお願い致します。

ブラック企業で馬車馬のように働いていたアキラは、異世界の荒野で目覚めた。 アキラに与えられたのは現代の品物を購入出来るというチート能力! アキラ自身は慎ましやかに生きていきたかったのだが、SHOPの能力を知った周りの人間がそれを許さなかった。 様々な人間に流されつつも、現代では得られなかった大事な物を得ていくアキラ。 異世界の荒野で、アキラは現代の品物で取引チートで生き延びていく! 【書籍化】 『神さまSHOPでチートの香り』 イラスト:鈴木イゾ先生。ぽにきゃんブックス。 1月17日発売 決定しました。よろしくお願いします。

悲惨な生活の果てに命を閉じた男は、新たな生にて、ユリウス・ディアーナという名の王子となった。豊かな国の王子様である。『今生は、贅沢三昧で良い暮らしだ。やった!』 と快哉を叫ぶも、その喜びは束の間のものだった。 ユリウスは世界で唯一、万物に宿る魂である精霊が人間の身近に存在するクラヴィネリー王国に生まれたのだが、王国に生まれた人間を必ず祝福してくれる精霊は、何故かユリウスだけは祝福してくれなかったのだ。 その事実により、ユリウスは王国で最も尊い血筋の生まれにもかかわらず、王子としての敬意を人々から得るどころか、外国の人間のようだと異端視され、厭われる事となった。 それでも、前世の悲惨な記憶が支えとなり、ユリウスの心は折れることはない。 多少悔しく辛い事があろうとも、お金に不自由しない王子様生活の方が、何倍もマシだ。精霊の祝福がない事で蔑みの目が付いて回ろうとも、美味しい食事に豪奢な衣裳。そして、雨漏りのしない美しい王宮暮らしの方が良いに決まっている。 これで、周囲が母さえ苛めないでくれれば、と思うばかりである。 ところが、そんなユリウスは精霊の女王に愛される、最強の精霊使いとなる人間だった……。

※ホビージャパン様より書籍化させていただくことになりました。 発売日は2016年11月24日となっております。 11月24日~12月23日まで、信長の野望201X様とコラボが決定いたしました。 この作品は『もし信長に友達がいたら』という題材を用い歴史を改変した、架空戦国モノを日記形式でコメディタッチで書いた小説です 主人公、平手久秀(転生・チート持ち)という友人、同じ価値観、理解者を得た信長はこの戦国乱世をどう生きていくのか? 基本はコメディテイストで、読みやすさを重視しております。 その為、本来の歴史とは異なる部分を多々含んでおりますので、どうかご承知の上でお読みください。

 勝てないと知りつつ、ライバルに挑戦しつづけた主人公は、最期の戦いで死力を尽くし命を落とす。  その瞬間、記憶を保ったまま少年時代へと戻った主人公。ぼっち気味だった彼は、新たな友人を得ながら、天才ライバルへ再び挑戦を開始する。  ところが、なぜか可愛い(重要)ライバルには懐かれるし、人助けなど大活躍して、みんなから良い人だと思われたり、妙な変態たちと仲良くなったり、ライバルにはイタズラの対象にされたりと、思わぬ方向へ人生が転がり出す。 ※4/12 【今日の一冊】で当作品が紹介されました!http://syosetu.com/issatu/archive/no/9/ 作中のBL要素はギャグ要素

雷雨の日に産まれた少年――名を、アラン・ノエル。 落雷のもとに産まれた彼にはある能力が備わっていた。 それは天候を予知し、操れることだった。 世界には魔法属性として火、水、土、風が主流であったが、彼はその中の何物でもない--世界でも最強で稀な「天属性」だった。そんな紛れもない天才を、世界が放っておくわけがなかった。 そしてゆくゆくは世界最強の天属性魔法術師になってしまうまでのお話。 現在第三章 毎投稿17:00~20:00の間です。 2月8日まで休載致しまする。 後期試験終わるまで待ってください。 全物語が終わったら第2章からを全部修正して分岐2章として改稿がてら投稿する可能性があります。

どんなゲーム、たとえそれがいかなるクソゲーですら愛する男、乃木竜平。 彼はいかなるクソゲームでも楽しめる漢であった。 そんな彼がある日メーカー不明、発売日不明の最高に怪しいゲームソフトをワゴン100円で発見し、そのゲームのキャラメイクでよりゲームを楽しめそうな生産職寄りのスキルに偏らせて作ったキャラ本人として異世界に飛ばされてしまう。 何の知識もなく異世界に放り出され迷子になった彼は、燃えるような赤い髪を後ろで束ねた女性に出会い、彼が世界に影響を与える稀人という存在で、彼女は彼にとって終生の仲になるかもしれないと告げられる。 果たして彼は異世界で何を成す事になるのか。 冒険有り、笑いあり、友情あり、恋愛有りの生産職冒険譚がここに始まる! ・追記 〈ホビージャパン様よりHJ NOVELSで書籍化されることに決定されました>

これはある竜の誕生から生まれる物語 竜が生まれ、育ち…… そして竜の中でも一際強大な力を得た彼の内に宿っていたのは…… ※ この物語はかつてこちらで投稿していた「飛竜になりました!」を完全オリジナルとして全面書き直しを行ったものです

病によって20歳の若さで亡くなった霧谷龍也。死後の世界で女神フィーナと出会い、王国の名誉貴族レオナール・フォン・グリューゲルとしての生を授かった。 女神の加護というチートをもらい…さらには、召喚士というレア職業《ジョブ》を貰ったのだが、この世界では所謂ハズレ職業だった…。 そんな少年が召喚したのは…7頭の龍!?そんな主人公が龍達や仲間と共に英雄になったり世界を救ったりする成り上り転生譚‼︎ ハーレム、ケモミミ、エルフ要素あり。主人公最強&いずれ龍達も大々的に召喚して無双していきます。 いろいろランキングトップ5にて11月3日〜11月14日まで日間激戦区ランキング1位、11月7日〜11月17日現在週間で1位になりました。また、ブックマーク7000件いつの間にか突破しておりました汗 あと皆様のお陰様で、勝手に小説家になろうランキングでも11月上半期9位…後半期も20日現在10位になってます‼︎

 昔、偉大な魔法使いがいた。シラス王国の危機に突然現れて、強力な魔法で国を救った。アシュレイという青年は国王の懇願で十数年を首都で過ごしたが、忽然と姿を消した。数人の弟子が、残された魔法書を基にアシュレイ魔法学校を創立した。それから300年後、貧しい農村の少年フィンは、税金が払えず家を追い出されそうになる。フィンはアシュレイ魔法学校の入学試験の巡回が来るのを知る。「魔法学校に入学できたら、家族は家を追い出されない」魔法使いの素質のある子供を発掘しようと、マキシム王は魔法学校に入学した生徒の家族には免税特権を与えていたのだ。フィンは一か八かで受験する。ギリギリの成績で合格したフィンは「落ちこぼれ」と一部の貴族から馬鹿にされる。  しかし、何人か友人もできて、頑張って魔法学校で勉強に励む。 『落ちこぼれ』と馬鹿にされていたフィンの成長物語です。  

〝魂殻〟と呼ばれる特殊な力を持った者たちの集う学園に、一人の少年が転入してくる。転入生の名は七崎悠真。力を持つほとんどの者が武器や鎧の形として発現できる魂殻。だが、悠真は右手と左足にしか魂殻を発現できなかった。武器の発現もできない。にもかかわらず、悠真は魂殻に頼らず圧倒的な戦闘能力を見せつける。そんな悠真の正体は、名も、年齢も、入学時のデータとは違う人物であった。彼の本来の名は――真柄弦十郎。かつて伝説の傭兵として名を馳せ、数年前に忽然と姿を消した男である。特別な力を持つ少年少女の通う学園に、七崎悠真の身体を借り、とある少女のボディガードとして〝蠅の王〟が足を踏み入れた時――再び、世界が動き出す。これはかつて〝ベルゼビュート〟と呼ばれた最強の男が、最強を超える物語。※第三章開始(12/26)

 勘違いの少年が巻き起こす学園アクション物語! 幼い頃より幸運の女神に愛されし、自称凡人代表の新城凛。そんな彼はとある事情で、国際犯罪撲滅組織<育成連>へと編入することになった。編入した彼は数々の勘違いを起こす。それは国家の命運を握ると共に、全世界を困惑と恐怖に貶める事態へと発展! 周りからは壮絶に勘違いされ、段々と詰んでいく人生で彼は無事に生き残れるのか!? 「新城スゲーな」「は?」「不死身だな」「ちげーよ!?」

 ある日突然この世界が逆ハーレムの世界で、自分が主人公だと気が付いたわたし。だって「王様枠」と「幼馴染枠」がいるんだもん!いやだよわたし!嫉妬の的になり女子に嫌われて嫌がらせとかされたくないよ!熟慮の末にたどりついたわたしの結論は「女子にモテる!」だった。顔がよくて、勉強ができて、スポーツ万能なお姉さま…そんな女子にわたしはなりたい。いやなりたいか?うーん、なりた…。……うん、なりたいんだ!  ―これはそんな「わたし」が努力したり女子にモテたり恋もしたりしながら男前女子を目指すドキュメント(嘘)である。

【本編7ルート分岐!】 楠原芽榴は容姿、スタイル、成績、すべてにおいて平均的な普通の女の子。ゆえに目立たない平穏な高校生活を送っていた芽榴だが、ひょんなことから、後に『麗龍の五雄』と呼ばれる美形揃いの生徒会役員に気に入られてしまう。チートな役員たちと触れ合う中、隠していた能力もバレて芽榴も生徒会役員に――。麗龍学園を舞台に、秘密だらけの平凡少女と美形ばかりの天才少年たちが贈る、ドキドキいっぱいで時に切ない、日常系学園物語スタート! ※ビーズログ文庫アリス様より7/15書籍化しました。

竜王達に育てられた人間の少年が、人間の世界で平穏に暮らそうとするお話。 波乱のほとんどない日常ものです。 「大草原の小さな家」みたいな(?)感じです。 忙しい日常の中で小旅行に行くような気持ちで読んでいただけると嬉しいです。 2016年10月29日完結しました。ありがとうございましたm(_ _)m ※カクヨムさんにも載せてみました。 ※2017年1月2日に番外編に追加があります。 楽しんでもらえたら幸いです。 追加にともなって番外編を全て最後に移動しました。 「番外編 精霊の乙女達」のみが新規投稿です。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加