【吸血鬼】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa

俺が転移者としてこの世界に放り込まれたのは、もっとずっとガキの時分だ。 代償として得た力は衛生、体調管理に特化された各種魔法。 戦闘にゃなんの役にも立たねえ俺の力だが、娼館の支配人としちゃそう捨てたもんでもなかった。 命を救ってくれたオーナーに店を任されてから、はや幾年。 今宵も娼館「胡蝶の夢」に燈は灯り、金と情欲に塗れた夜の幕が上がる。 是非ともお立ち寄りくださいませ、お客様。 当店は選りすぐりの美女を取り揃えて、お客様のご来店を心よりお待ちしております。 この物語は完結済み短編「異世界娼館の支配人」N4448CYの連載版です。 短編の第壱話から第伍話はそのままで、余話を除いて続きを投稿します。 第四回ネット小説大賞受賞 2016年11月7日 宝島社様より書籍化していただいております。

超常現象に巻き込まれた無職の主人公。 その巻き込まれた空間でキャラクターメイキングを楽しんで異世界へと旅立つが⋯⋯。 これはスケベな元無職が鎖・槍使いを原型として、契約を結んだ黒猫と共に成長していく物語。 カクヨム様にも投稿しています。

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三食昼寝おやつ付きで養ってくれる生活ですかね」 お前本当に主人公かよ! 理想のヒモ生活を目指す異世界ファンタジーコメディ、開幕……? 感想、ファンアートなど、いつでも大歓迎です。いつもありがとうございます。 最近大分百合っぽいので、苦手な人はバックでお願いします。 アース・スターノベルさんより書籍化が決定致しました。ありがとうございます。 ――――――――― 極々どこにでもいる面倒くさがり屋の僕だけど、どうもそれは魂が世界に合ってないのが原因だとかで、異世界に転生させて貰えることになった。 適当に種族を吸血鬼にして適当に能力を設定し、いざ生まれ変わってみたものの、その程度のファンタジー展開で生来のものぐさが変わるわけでもなく。 変わったことと言えば……性別くらい? 「はー。誰か一生養ってくれないかなー」 三食昼寝おやつ付きでただただ養われる生活を求めて、今日もゆるりと参ります。 え、なんですか皆さん、そんな残念なものを見る目をして……憐れに思って養ってくれるんですか? 大歓迎ですよ? え、感想? そんなの良いんで養ってください。

遠藤 達也は普通の高校生。人と違うところといえば、クォーターという事くらい。 しかしある日、ステータスが見えるようになる。 そんな達也がクラスメイトの秘密を覗いたり、彼女ができたり、デートしたり、部活を楽しんだりする。 亜人もスキルも魔法も出てくるけど、冒険しません。世界の危機とかありません。 ゆるくてちょっとエッチな物語。

一話あたりの文字数多め。だが亀更新。      寝てばっかりで、他人に興味がない高校生、高富士 祈里(たかふじ いのり)は、ある日クラスごと王国に勇者召喚されてしまった。しかし、クラスメート達は落ち着いているし、元の世界に帰れるし、国王もいい奴っぽいし、成長チートもらったりで、あれ?結構余裕な異世界生活できるんじゃね?そう思った矢先、祈里の足元に現れた召喚魔法陣!有無を言わさずさらに別の世界に召喚され、またさらに別の世界へetc.! お前ら何回召喚すれば気が済むんだこのやろう!!    度重なる召喚の末、祈里の手元に残ったのはチート×8。レベルアップしない世界でレベルアップしたり、人間を止めたり、有りもしないスキルを強奪したり……主人公級のチートを大量に所有することになった祈里はまさしくチートの権化。     清々しい程のクズがチートを大量に手に入れて、物語をぶち壊しながら突き進みます。最近主人公の風格が魔王過ぎて……         すいません。ほのぼのはしていません。ちょっとダークになるくらいです。ほのぼのハーレム期待している方はごめんなさい。 多重召喚もの。そんなジャンルがあるか知りませんが。

クラス内でボッチを極めつつあった普通にボッチな高校2年生の鷺ノ宮 伊織は急にクラスメイト+αと一緒に異世界に勇者召喚されてしまう。  そこは剣と魔法のファンタジーな世界だった。 そんな世界で伊織は、召喚される過程で訪れる事になった空間でケバい女神からスキルを貰い、そのスキルを用いて異世界で生きていく。そんな話。 ヤンデレは日本の文化です('ω' ) 450万PV突破。ありがとうございます(*´ω `*)

いつからだったか忘れてしまったけれど、彼は気がつけば異世界で吸血鬼ハンターとして生きていた。呪いによって内面の感情と外面の仕草に隔絶した壁がある彼は、ひょうきんな性格を知られることなく周囲からは狂人として恐れられている。この物語はそんな幸か不幸かわからない彼が一つの時代を築いていく物語。

何度も転生を繰り返した果てに、吸血鬼となった男。死ぬことによる救済を得られない彼は、かつて人間だった記憶を頼りに人間社会を目指すが、異様なまでに衰退していた人間社会。いったい400年のうちになにが起きたのか? 奴隷の少女を連れて、男は人間社会を放浪する――。 2016/11/27に一度完結したんですけど、再開します。詳しくは活動報告に。 あらすじに書くことではないとは思いますが、もう一度のおつきあいをよろしくお願いします。

 アレンティス=アインベルクは、17歳の男子にて男爵家の当主(後に侯爵)である。  しかし、仕事は地味な国営墓地の『墓守』だった。  しかし、一見地味なこの墓守という仕事だが、アインベルク家の管理する墓地は、アンデットが自然発生するという指折りの危険な場所だった。  今夜もアレンは、迷惑な襲撃者達をあしらいながら、墓地のアンデット達を駆逐する。 ----------------  陰謀とか考えるのが難しいので、基本的に単純な内容になっています。ついでに主人公が無双する話なので、ハラハラドキドキという感じではないです。  気楽に読んでいただけたらと思います。 ---------------- 基本的に、日付変更時に投稿したいと思います。

絢爛たる英雄たちを従え、覇道を目指した闇の王の誕生と創国の物語。 貴族の次男として生まれた16歳のタオ=シフルは幼い頃に見た聖騎士に憧れ、ようやく見習いとなった初の戦場で、残酷な現実を思い知らされる。 人が人を殺し、命を奪い合う。 それは血と怨嗟にまみれた世界だった。 すべてを失い、絶望に斃れた時、タオは狼の呼び声とともに棺の中で目を覚ます。 新たな名と、高貴なる美しさをまとって……。 基本は王道ファンタジーです。手っ取り早くTSキャラが知りたい方は第二章『1 水面の現身』を。外伝はコメディ要素の強い話が多いです。 シリアスだけでなく、笑いや感動など、物語の興奮を少しでもお伝えできれば幸いです。広い画面だと読みやすいかも。カクヨム連載中。※本文の加工・使用・転載等を禁止させていただております。

ジレットは親に売られ奴隷市に連れて行かれる前に、吸血鬼であるクロードに救われた。それから彼女は、クロードの家でメイドとして働いている。 仕事は大変だが給料はよく待遇も良い。そして何より主人が優しく美しい。そんな生活に満足していたジレットだが、ゆえに「自分ができる最大級の奉仕は何か」と考えるようになっていった。 ジレットが出した答えは、クロードの非常食としていざというときに糧になるというもの。そのためにジレットは、自分磨きをする。 すべてはクロードのため。 彼女はそれだけを考え、今日も奮闘する。 これは思い込みが激しいメイドと人が嫌いな吸血鬼の、近いようで遠いラブコメディー。

 世界で一番可愛い吸血姫“ハティ・アイブリンガー”。彼女は血塗れた戦場すら華やかに彩り、女神のごとく崇拝される存在──。  ──と、ネットで評判なマイキャラで、とあるMMOPRGを遊んでいた主人公。  が、気づいたら自分がそのハティになって異世界に!?  どうやら“アリエル”という悪魔っ娘の勘違いでゲームそっくりな世界に転生してしまったようだ。  しかも、この世界は滅亡の危機にある様子で……。  これはひとりの吸血姫がポンコツ悪魔と共にチートな力で冒険しつつ、軍人から皇女まで世界中の人々に愛され、幸せを求めて“現実化”したゲーム世界を駆け巡る物語。 *現代兵器が飛び出ます。

なんでもすぐある程度はできてしまうが何もトップにはなれず何かをすることを諦めた主人公である輝夜 奏はβテスターにこそ当選できなかったが、第一陣として〈Fantasy Life Online〉通称FLOに参加することになる。この世界では種族レベルやスキルレベルで…つまり努力でPS(才能)を補える。逆もまた然りだ。キャラクリエイトの際レアな種族を引いたり、持ち前のリアルチート?もあり運と努力と才能全てを使いトッププレイヤーの1人としてFLOに名を馳せていく…。 テンプレです。初投稿。 よろしくお願いします。

歩けば給料をスラれ、悪いことをせずとも怒られ、職場ではイジメられる不幸な少年がいました。 ある日、その不幸も極まって冤罪で町から追い出されてしまいます。 町の外は魔物や野党などの危険でいっぱいでした。 困った少年は泣きそうになりながらも生きるために必死に歩きました。 けれども、不幸は連鎖したのか道中で吸血鬼に襲われてしまいました。 吸血鬼は美少女で、血を吸われるのはとても気持ちよかったので、少年は死を自ら迎え入れました。 美少女に快楽を与えられて死ねるのなら良いと考えたのです。 しかし、途中で吸血鬼は血を吸うのを止めて去ってしまいました。 残された少年は肉体が化物に変化する地獄の苦しみを味わいながら絶叫しました。 幸福に死ぬことすら許されないのかと。

    ──「君は、私の花嫁になる運命にある」 ギルバート公爵家のご令嬢であるアシリアは、生まれてからずっと、両親や兄、また家の使用人に「不細工」言われ続けてきた。アシリア本人も自身の顔を「不細工」なのだと思い、過ごしてきたのだが…………仮面の下に眠るアシリアの素顔は、まさかの絶世の美女だった?! しかしその真実とは逆に顔の噂は広まり、アシリアの又の名は「不細工公爵令嬢」に。そして、本来なら身内にしか知られることがなかったその真実は、吸血鬼宰相の策に嵌められて白日の下に晒されて…………。更に、興味を持たれ、いつもの間にか吸血鬼宰相の花嫁候補にまで??  自由奔放な公爵令嬢と、凄腕吸血鬼宰相が織りなす恋愛物語(?)です。

空から雨と一緒に落ちる夢を見て、深い森の中で目覚める亜佐(あさ)。 彼女を保護した軍人の男ロイリは、自らを吸血鬼と名乗りそこを人間の絶滅した世界だと言った。 亜佐を守り瀕死の重傷を負ったロイリを助けるため、亜佐は彼に自分の血を与える。 その行為はロイリの命を助けはしたが、亜佐の血や体液がなければ生きられない体にもした。 吸血鬼の世界で生き方を探す亜佐と、亜佐の血に魅入られてしまったロイリの話。

恋や愛を育むにはきっと時間が足りなかった。それでも、彼と心を通わせたいと願って魔族の国へと来た。なのに………… 「君にとっては不本意な婚姻だろう。僕は君を縛るつもりはない」 冷たい声で、冷たい瞳で、お飾りの王妃でかまわないと言われてしまう。 もう、私の知る“優しいリー”は、いないんだろうか?

異世界に勇者として召喚された高野勝人は、 激戦の末、ついに魔王を倒す。 そして2年後、吸血鬼の真祖の討伐に向かった勝人は────。 第1章完結。 改稿しました。

何のとりえもない17歳の少年、飛鳥。彼は1万年前にこの世界に存在していた亜人やエルフに深く興味を抱いていた。 事故によって命を落とすことになった彼は死ぬ間際に願う。 ――「過去へ行きたい」と。 これは少年が平和だった未来とのギャップに苦しみつつも、死ぬ際に得た能力を駆使して過去を生きていく話である。

一瀬雛菊は終業式も終わって春休みに何をして過ごすか迷っていると数少ない友達の霧島蓮華に誘われ新作オンラインゲームを始めるが、軽い気持ちで選んだ種族と職の構成が実はめちゃくちゃ弱かった!?

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加