【天災】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤転移してしまった。 誤って飛ばされた大陸は、最悪なことに魔王や勇者すらも近づかないといわれる『終焉の大陸』という名の人外魔境の地だった。 全く雑魚とは思えない屈強なゴブリンの集団。 めまぐるしく変わる生きるに相応しくない環境。 周りを取り巻く異常に高LVな魔物達。 今まで争いのない日本で生きて来た彼が生きるには、厳しすぎるその大陸で秋はスキルや能力を頼りながら、『終焉の大陸』に染まるかのように人外への道を歩みだす。 月日が経ち、最強となって終焉の大陸を出た灰羽秋の歩む道とは……。 ※未熟なため、配慮不足や矛盾等で設定や文章を変更することがあります。それでも見ていただければ幸いです。感想はどんな事でもいただけると嬉しいです。

リアル世界にダンジョンができた。 ダンジョンの中にはモンスターが徘徊しており、モンスターを倒すと力を得る。 そんなダンジョンを攻略するものを探宮者と呼ぶ。 主人公は、田舎に住むさえない農家の人。 ある日、自宅の庭にダンジョンが出来て如何にかするためにダンジョンに入る。 そのダンジョンは、主人公が知っているダンジョンに比べ大したことがなく、なんとかできることが判明。 農家の仕事をしながら、ダンジョン攻略もすることにした。 農家と探宮者を両立する主人公。 そんな彼の未来は……。 なんとなく、ダンジョンモノが書きたくなり、書いてみました。 誤字脱字があった場合、報せて貰えると嬉しいです。 更新は週に一回、日曜12時を目安としています。 祝日も可能でしたら、あげたいと思っています。 第4回ネット小説大賞で受賞しました。 2016/12/09発売しました。

雷雨の日に産まれた少年――名を、アラン・ノエル。 落雷のもとに産まれた彼にはある能力が備わっていた。 それは天候を予知し、操れることだった。 世界には魔法属性として火、水、土、風が主流であったが、彼はその中の何物でもない--世界でも最強で稀な「天属性」だった。そんな紛れもない天才を、世界が放っておくわけがなかった。 そしてゆくゆくは世界最強の天属性魔法術師になってしまうまでのお話。 現在第三章 毎投稿17:00~20:00の間です。 2月8日まで休載致しまする。 後期試験終わるまで待ってください。 全物語が終わったら第2章からを全部修正して分岐2章として改稿がてら投稿する可能性があります。

 人類軍との飽くなき戦争を続ける魔王軍は危機に瀕していた。  空を駆ける鉄の竜、大地を支配する鉄の馬、地平線の彼方から放たれる鋼鉄の雨。これらの機械兵器を操る人類軍を前にして、魔王軍は一発逆転を狙って異世界から救世主を召喚しようと試みる。  これで魔王軍は救われ―― 「あの、事務しかできないんですけど」 「待って」  ――ると思ったけどそんなことはなかったぜ。  現代日本にてごく普通に暮らしていた俺こと秋津アキラは突如としてトラックに撥ねられフライハイ、そのまま異世界に飛ばされ「魔王軍を救ってくれ」といきなり無理難題を突き付けられる。事務しかできない俺がそんなことできるわけないだろ! という叫びは「勿体ないから」という理不尽な理由で魔王軍の事務屋におさまる。  なんか帰れなさそうだから軍隊らしく兵站(へいたん)業務でもするかな! と思ったのだが……。 「……兵站ってなんだ?」 「はい?」  これは、前近代的な軍隊でしかなかった魔王軍が、紙とペンとインクを駆使していかにして変わっていたかを追う物語―― 「とりあえずこれにサインを――」 「文字書けないです」 「えー……」  ――だったらいいなぁ。 2016/11/21 タイトル変更

列車事故で死んだ男は約400人分の力を得て異世界へ旅立った。 時を同じくして大量の召喚事件が起き、男はそこへ紛れ込む事になる。 これは、チートを得た男が自分の(自業自得の)悪評から逃れるため、世界を右往左往する話です。 本格的にコメディ展開になるのは2章以降です。それまでは普通にファンタジーなのでご注意ください。 2016/07/04 ネット小説大賞、受賞作品に選ばれました。 2017/02/17 書籍第一巻 発売中です。

突如異世界『ルーファス』に召喚された少年ー一乃瀬凍夜ーは、5年と言う年月を経て異世界を救い、平和まで後一歩かと思ったその時、信頼していた仲間たちに裏切られ深手を負いながらも異世界から強制送還された。 それから3年後、凍夜はクラスメイトから虐めを受けていた。しかし、そんな時、再度異世界に召喚された。その世界は、凍夜が送還されてから100年が経過した異世界『ルーファス』だった。自分を裏切った世界、裏切った仲間たちがいる世界で凍夜はどのように生きて行くのか、それは誰にも分からない。 □□□□ 感想の返信は現在、仕事と勉強がある為時間がある時のみ行っていますが、基本行っていません。 再投稿開始しております( ̄^ ̄)ゞ http://ncode.syosetu.com/n5319di/

天変地異によりダンジョンが出現。家が倒壊して強制的脱ひっきーを果たした佐々木和真は、ぼっちという最悪のスキルを目覚めさせパーティが組めないことが判明。かくして、ぼっちの和真は一人きりのダンジョン探索をする冒険者となった。モンスターを討伐したり宝箱を探したり、親孝行も頑張ろう。そんな和真の前に、ダンジョンの主であるダンジョンマスターが立ち塞がる。 ※アルファポリスと小説家になろうの両サイトで公開中。ありがとうございました!

一匹の竜がいた。彼は人々に恐れられ、魔物にも襲われ、一つところに留まらず放浪を繰り返してきた。そんな竜が一人の少女に導かれ、辺境の村近くに定住し始める事となった。自分を恐れる村人達。しかし、少女は物怖じせずに竜に近寄ってくる。少女と村人達のため、竜は自身の巨大な爪を振るい、「開墾不能」と言われた森を開拓していく。やがて、竜の周りには沢山の人々が――。(完結済み)

 数十年先の未来。地球は汚染され食糧などの資源的な危機に曝されていた。そんなある日、地球全体が同時に地震に襲われた。その地震を境に実世界に突如として謎の迷宮が現れていった。その迷宮によって地球の汚染された環境は解消されていく。しかし、その迷宮は人類に対して恩恵と試練を同時に与える物だった。  恩恵は特殊な魔法のような力と身体能力。それに迷宮から取れる食料や鉱物資源。逆に試練は迷宮に存在する魔物そのもので、人類に対して牙を剥く。  そんな迷宮に主人公、柊孝二は身長120㎝の合法ロリな銀髪美少女の嫁、静久と共にと潜っていく。目的は静久の妹の病気を治す薬とアトリエシリーズの錬金術を手に入れる事。

「竜に生まれまして」の外伝部分 黄金竜編を外伝として分けました 基本、当竜の兄と違い歴史とは(基本)関わらない日々となります……その予定です

――お兄ちゃん、地球外生命体が攻めてきたよ。 そう告げたクーナは見た目は可愛らしいが奇行癖のある悪戯好きのお馬鹿な妹。今回もたわごとだと思いつつも、促されるままにリビングに足を向けると野生のタコと遭遇した。 緋村家の長兄である鉄次はそんな存在をまったく信じなかったが、イケメンを名乗るタコが敵意をむき出しにしてきやがったので戦うはめになり、あまりの強さに危機に陥ってしまった。 しかし、妹のヤバいところから取り出した謎のバズーカのおかげでからくも勝利し、平穏を取り戻すことに成功する。安心したのも束の間、サングラスをかけて漆黒のスーツを身にまとった秘密工作員気取りの妹は騒動を巻き起こし、更に迫りくる魔の手は次々と彼の愉快な日常を狂わせていくのだった。 ※ 萌えと軽いノリ重視のギャグラノベです。

とある夏の日。 世界の常識は更新された。 未知のモンスターが闊歩する世界各地でダンジョンが現れたのだ。 ここ日本でもダンジョンが発見され警察により入口を封鎖することになったが、地下のダンジョンでは封鎖されたモンスターが進出する機会を人知れず伺っていた。 そんな日本各地のダンジョンとは関係なく自宅の6畳1間に現れたダンジョンを人間嫌いな経営者の九条誠は自分の会社である株式会社フリーダムで移動販売を行いながらも自分の小遣い稼ぎの為にダンジョン攻略に乗り出す。 そして九条と若干ネガティブシンキングなダンジョンコアは秋葉原の古今戦術武器商店に武器の提供協力してもらい勝手に攻略することにしたのだった。 ※こちらはカクヨム様、アルファポリス様でも投稿されております。 ※モーニングスター大賞に応募致しました。 ※ツギクル大賞に応募致しました。

平凡な高校生だった主人公はある日トラックに轢かれてこの世を去った。   もし次の世が与えられるならば、できればRPGライクな剣と魔法の世界にでも転生したいなぁ……そう思っていた主人公が実際に転生したのは、サメ! ナチス! ゾンビ! ジョック! 低予算B級パニック映画の如きカオスなパラレルワールドだった! 何の因果か、この世界特有の安っぽい怪事件の数々に幾度も巻き込まれていく主人公の受難の物語。 「カクヨム」「ハーメルン」でも連載中。 https://novel.syosetu.org/102039/ https://kakuyomu.jp/works/1177354054881890025

 ある日、カニクリームコロッケ達が現れた。  空を飛び、カニの爪と脚を持つ自動車サイズのカニクリームコロッケ達。  それは人類を脅かす存在だった。 ※少しだけ修正しました。

高校の入学式に事故に巻き込まれ、長期入院することになった「霧咲 リノ」彼は叔母が勤めている会社が開発した最新型のVRMMOのモニターを引き受け、入院代稼ぎのために特別な許可を経て病院内で世界で最も有名なRPG「MSW2」のアップデート版をプレイする。 だが、どういう事か彼が入り込んだ場所は以前に体験した「MSW2」の世界観とは大きく違い、彼の他にも12名の高校生の集団が存在した。彼等も自分と同様にモニター役としてゲームをプレイした瞬間にこの世界に訪れていたらしく、どういう事か全員がログアウト出来ない。あまりにもリアルすぎる感覚に時が経つにつれ、ここが電脳世界ではない事に気が付く。 リノを含めて13人の人間が召喚された場所は「MSW2」の世界には存在しないはずの「バルトロス王国」と呼ばれる国家であり、彼等は勇者として王国側から召喚され、元の世界に帰還する方法を模索すために王国の指示に従うままに動く一方、過去に打ち倒されたという魔王の配下たちが動き出す――

阪神・淡路大震災から22年目。その追悼童話です。 全編、ねこ目線。 地震描写・生き物と人の死の描写があります。 22年前、あの震災でなくなった多くのかたと、 24年生きてくれたわたしのねこに捧ぐ。 人名等々はフィクションですが、体験そのものはノンフィクション。 童話のカテゴリにしていますが、あまり童話らしくはないかと思います。 カクヨムにても同時公開。 2017.1.19に、美汐さまより頂いたイラストを追加しました。

 その日、ティエルクマスカ世界に衝撃が走る。イゼイラ星間共和国において一部の精死病患者が治療可能な状態になったと。  惑星ハルマの地域国家ヤルマルティアの銀河級突撃b…ゲホゲホゲホ。失礼、偉大な日本特派大使・柏木の偉業に全てのティ連人が歓喜した。  そしてここにも一つの家族が奇跡の再会を果たした。涙ながらに抱きつく母と二人の娘達、それを強く強く抱きしめる若くなってしまった父親。誰もが涙無しに見れぬ光景。  だがこの時ファルンの心に潜む深い闇を曝け出した一瞬を本人含め誰も気付くことはなかった……  これは精死病という悲劇に人生のカケラを奪われた者が必死に足掻き幸せを取り戻す物語。 ……………………  当作品は柗本保羽様の偉大なる「銀河連合日本「n5084bv」」の二次創作作品です。作者様のご許可はいただいております。  掲載を許可していただけた柗本保羽様並びに閲覧してくださるかもしれないまだ見ぬ読者様に深く感謝を申し上げます。 R15は念のためレベルでの登録です。残酷…というよりは悲しい展開が一部ありつつも最終的にはハッピーエンドをめざしつつ?みたいな感じで頑張りますw

異世界に勇者として呼ばれた男だったが、どうにも城や街の様子がおかしい。 自分を召喚した後にこの世界から魔力が失われたという話になり……。 この作品は以前投稿した『犯人(ホシ)の名は』という推理小説の解答者から抽選で選ばれた読者に、お題をいただいて書いた短編です。

気を失った一人の男が、目を覚ましたら一国の王女になっていた、混乱しつつも個性溢れる臣下と共に、楽しく毎日を過ごすお話です、

 社会的訳あり物件、ギリギリ社会人の綱渡り中。活字の世界でだけは嘘偽りは申しません。読んでも一文の得にも徳にも成りはしないエッセイの極北でございます。タイトルに全てが書いてある男と何故かそんな男を好いてくれている彼女との話を徒然と。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加