【姫騎士】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたりの物語。 ………………………………………………………………… ★★ ツギクルブックス様より書籍化が決まりました ★★ 基本的に毎日投稿を考えています。 更新間時は朝6:00となります(予約投稿) 小説自体は書いておりましたが、投降自体は初となります。 作法や文体などお見苦しい部分もあるかと思いますが、生暖かい目で見て頂ければ幸いです。 なお、本作内では ・単位表記 ・諺(ことわざ) ・動物類の種別等 これらの物や他単語などについて読者の皆様が理解しやすいように日本で使われている物を 意図的に使っております。 貨幣については、金貨や銀貨という表記としております。 ………………………………………………………………… ★★ 皆さまのおかげで「累計27,369,000PV」「総合評価86,000pt」達成致しました! ありがとうございます! 拙い文章ではありますがお読み頂いた皆さまに心からお礼申し上げます。 ありがとうございました。

 八百万の神であるケイカ(蛍河比古命)は日本での布教に失敗した。  失意の中、高天原へ帰ろうと魔法を唱えたら、異世界へ飛ばされてしまう。  異世界アレクシルドは魔王が世界のほとんどを掌握していた。  不思議なことに、人には見えないはずのケイカの姿は人間と同じように見えた。  そして勇者になって功績を上げれば神としてあがめてもらえると姫騎士から教えてもらう。  ケイカは、この世界で魔王を倒して神になってやろうと決意する。  ちなみに人々と違って、ケイカだけは人や物の能力値が見れた。  スキルツリーも見れた。  理由? だって神だから。  そんなケイカの神様勇者道中記が始まる――。  ※2016/10/15【書籍化】GAノベルより書籍発売しました!    書籍版はよくなかった点をすべて直して格段に面白くなっています!  ※2016/10/30 120万字で完結しました! 皆さんが応援してくれたおかげです!  これからはちょこちょこと、その後の閑話を書いていきます。

元社畜でキャンピングカーと一緒に異世界トリップした小野直人がはじめて聞いた言葉は姫騎士の「くっ、殺せ!」だった。 六畳間の和室と、こたつみかん。凜々しい姫騎士がオーダーメイドのキャンピングカーに身も心も堕とされていく――くっ、殺せ! オークの魔の手から助け出したお姫様を走る六畳間にのせて、彼女の祖国までのんびりまったりと運ぶ、みんなが幸せになる旅の日常です。 ※内田弘樹先生からネタの使用をご快諾頂きました。 ※9月1日書籍版第一巻、角川スニーカー文庫より発売予定

 二十代派遣社員の「鹿島了(かしま りょう)」は、仕事先に向かう途中で落雷に遭い、不運にも命を落としてしまう。天使「ソロネ」によって転生診断を受けた了だが、異世界転生しても「魂経験値」の少ない了は、特に特典(チート)はもらえないと言われてしまう。転生前に魂経験値を稼ぐ方法はあるが、とても人間の精神では耐えられるものではない――はずだったのだが、落雷で死亡したショックで『死の恐怖』を感じなくなった了は、普通なら耐えられないうえに、クリア不可能のはずの試練をクリアし、魂経験値を膨大に稼いでしまう。稼ぎすぎたのか、了をあなどっていた天使も土下座。そんな彼がチートとして選んだものは『最強』と、もし間違った選択をしたときにやり直すための『セーブ』だった。異世界に行ったらまず奴隷を買い、甘やかしまくって幸せにしてあげたいという、天使でもちょっと呆れる願望を持っていた了は、今度の人生では幸せになっていけるのか? ※最初の奴隷はエルフ少女です。次はケモミミです。 ※「甘やかしたい」なので上手く行かないこともありますが、主人公は諦めずに頑張ります。 ※奴隷少女たちは育成してパーティメンバーとなります。 ※らぶえっち(に早く持っていきたい)です。

コンビニへ行く途中に幼女に異世界に行きたくないかと問われる。幼女を追いかけまわしてみれば気が付くと周りは森、スマホは圏外、そして目の前には化け物。 例の幼女を一回殴ると心に定めて早千年、森に籠って軍滅ぼしたり魔法も近接戦闘も極めたりしましたが一向に殴れそうにありません。 偶然拾ったエルフの女の子を育てることにしたので、とりあえず二人でスローライフを送ることにしました。

姫騎士と現代日本で過ごす日常系ほのぼの話。 現代日本の文明に不慣れな姫騎士と、のんびりまったり過ごします。

※※第五章 連載中※※ タイトルより『~気が付いたら異世界に居た三人のオッサンたちの苦悩と欲望の日々~』部分を削除いたしました。 街で噂の美少女冒険者。   凛然なる姫騎士ツルギ、清楚な神官乙女カガミ、そして天衣無縫の魔法少女ギョク。 それぞれ違った美しさを持つ個性的過ぎる少女達は、望む望まぬに関わらず街行く男の視線を総なめにする。 冒険者としても力量高い三人は、今日は東に明日は西に、曲直正邪入り混る人々の頼みを快刀乱麻に叩ききるのであった。   そんな光り輝くサクセスロードを邁進中の三人だが、誰も知らない一つの問題を抱えていた。 それは、見るに恐ろしく語るにおぞましい一つの事実。 剣持てば芍薬、祈らば牡丹、魔法の姿は百合の花とまで謳われる三人は、その身に宿す魂までは美しい少女のそれではなかったのだ。  そう……。彼女たち美しすぎる三人の精神は、現代日本から何時の間にか連れてこられた三十台の中年男性。つまり三人のオッサンだったのである。   三人はそれぞれの目的(せっかくだからビックになる・ここちんをどうにかしたい・もうやだ早く帰りたい)を満たす為、今日もこの、剣と魔法の世界で奮闘するのだった。

決して結ばれぬ禁断の恋に身を焦がし、来世で結ばれようと誓い合ったあの日が酷く遠く感ぜられる。 せっかく今生でも巡り合い、婚約者同士にもなれたのに、彼が最後に選んだのは自分とは別の女性。 最愛の婚約者デリアンに婚約破棄を言い渡されたアレイシアは、裏切られた恋の復讐のために剣を取る――今一人の女の壮大な復讐劇が始まる!! ※後半、人がたくさん死ぬので注意。同一世界での転生。アルファポリスに重複投稿 私なりの「復讐シナリオ」と仕返し「完璧なオチ」を用意しております。 物語と勢い重視で書いているので、一部「矛盾」が生じてもご容赦下さい。 そんなに長い話にはならない予定です。 作品キャッチコピーは「~乙女の恨みその身で受けて思い知れ~!!」です。

 竜と人、二つの姿を持つ『竜人』が統べる国『六竜帝国』は、六つの選帝侯家から次代の皇帝を選ぶという制度をとっている。  竜人の子はそれぞれ、親の種族に関係なく、違う種の竜として生まれてくる。  ルーク=ウルは選帝侯家の一つの男子として生まれたが、その種族は最弱種と言われている『ブラウンドラゴン』だった。  ルークは長男として選帝侯を継ぐ権利があったが、十五歳で成人を迎える前に、優秀な姉シャルムにその権利を譲り、自らは隠棲して生涯を終えようと考えていた。しかしその報告に訪れた帝都の元老院で、最悪にして最強のドラゴン『ファーヴニル』の女性に目をつけられてしまう。  次期女皇帝とも目される彼女は、ユスティリニアという名だった。ルークは幼い頃に一度だけ彼女に会っていたが、子供の頃よりはるかに美しく、そして強く成長していた。  「私に食べられるか、それとも私を負かして屈服させるか。選びなさい」  そんな脅迫に等しい、突然の求婚を受けたルークは、圧倒的な力の差に恐怖を覚える。このままでは本当に、竜の姿となったユスティリニアに命を取られる――それを危惧したシャルムは、弟を助けるべく、彼を育成するための環境を用意する。  それは、ウル家の領地のはずれにあり、人間の国との国境付近に作られたトラップタワーだった。もとは宝を求めて侵入する人間などを捕獲し、撃退するために作られたものだが、それをルークの好きにしていいというのだ。  弟に対してだだ甘のシャルムは、執務を塔で行うことにして、ルークの成長を近くで見守ることにする。ルークは最弱種でも『進化』すれば最強種に勝てる可能性があると信じて、残された時間でできる限り強くなろうと決意する。

異世界に召還された少年は、自分がその世界の魔王が転生した存在だと知る。無敵の勇者に対抗するための『邪悪な秘密計画』を思いついた少年は、魔王として世界征服に乗り出すのだった。 それから異世界で二十年が経過し、世界は魔王の脅威にさらされていた。 そこで十一人目の勇者として召還された高校生、高橋拓海(たかはしたくみ)は、かつて二人目の勇者として召還された同級生の少女が魔王の奴隷にされていることを知り、魔王を倒すために旅立つことを決意する。 旅をする中で目にした魔王の侵略の実態を見て疑問を覚える拓海。 その一方、魔王はそんな拓海の様子を伺いながら、着々と世界征服を進めていた。 魔王が進める「邪悪な秘密計画」の実態とは果たして何なのか? <勇者Side>は拓海視点、<魔王Side>は魔王視点で進行します。

戦乱の時代。 ふたつの国、ルミアスランサとエトリアは血で血を洗う戦争に明け暮れていた。 ルミアスランサの王立士官学校を次席で卒業したルテリエは、上官の覚えよろしくなく、倉庫番に追いやられ冷や飯喰らいを押しつけられた。 このまま塵とホコリに塗れながら消えてゆくかに思われた天下のダメ男にある日、転機が訪れる――。 「君にはすべての輜重隊を指揮して、軍の胃袋を飢えさせないよう取り計らって欲しいんだ」 軍需物資を統括してルミアスランサ軍を勝利に導け! のちに「兵站の神」と謳われた輜重隊長ルテリエの戦国成り上がり伝説がはじまった。 ※「カクヨム」にも投稿しています。

睡眠中、どういうわけか自分でも気づかぬうちに死んでしまっていたシロウ。 そんなシロウの前に現れた女神を名乗るボクっ娘によって、シロウは異世界に転生する。 ところが、せっかく転生した異世界は魔王軍の侵攻により滅亡の危機に瀕していた……! 「転生詐欺だ……クーリングオフしたい……」 嘆くシロウだったが、可愛い姫騎士と出会ったりして、なんだかんだで異世界を満喫する。 女神より授かったチートスキルでサクッと魔王を倒し異世界を救うのかと思いきやシロウは―― 「とりあえず寝る」 眠ります!(救わないとは言ってない)

変なサンタの女の子からクリスマスプレゼントとして異世界転移のプレゼントを貰った主人公が、ガチャの景品の風精霊の女の子(天然ボケ)とか、出会った姫騎士(絶賛・暗殺の標的)、天使族の女の子(世間知らず)、エルフの冒険者(ツンデレ)とかとハーレムをたぶん築く物語。一度、完結しましたけど現在再度更新中です。

クラスでいじめられっ子の少年、張井辰馬。 彼は女子にいじめられると気持ちよくなる変態でもあった。 そんな辰馬がいるクラスが、何の因果かクラスごとの異世界転移をしてしまう。 この事件を起こした存在、ベルゼブブという少年は、自分を倒せば戻してやるというのだが……。 ベルゼブブによって、彼を倒すための力を与えられた辰馬と少年少女たちの冒険が始まる! あと、9割は序盤で脱落するよ! *わかりやすさ重視です! *更新ペースゆっくりめです!

考古学者の卵・良平はある日、ひょんなことからMMORPGの世界に飛ばされてしまう。しかし、特にチートめいた能力も与えられなかった良平は、考古学者として異世界と向き合うことを決めたのだが……。

おしまい

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加