【戦国時代】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。 どこにでもいるごく普通の、そして平凡で地味な少女だった。 そんな少女が出来る事は一つだけしかない。 戦国時代を生き抜く――――それだけだ。 ※ ご感想への返信は、話ごとに活動報告でさせて頂きます。  大変申し訳ありませんが、ご了承のほどどうかよろしくお願いいたします。

時は戦国乱世の時代。 織田に仕えて、秀吉に近づき、家康に従って東軍につく。 テンプレを生きようとして、開始前にその致命的問題点をつかれた転生者。 あきらめて平穏な生活を求めた矢先、彼の望みは(一部)かなう事になる。 殿は脳筋。領土は問題だらけ。大殿からは無理難題。 戦には出ず、年貢納入と、補給物資管理に悲鳴を上げる男。 三直 豊利(みのう とよとし) ソロバン片手に、文句をたれつつ(数字と)戦う男の物語である。 ※一騎当千や戦国無双な話は出てきません。 PS.初投稿です。投稿内容は、作者の独断と偏見により、歴史的事実と異なる場合があります。大目に見てください。 ※2015年10月10日に書籍化しました。

 人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した宇宙船カナガワのローンを返済すべく奮闘していた。  ところが、突然仕事中にカナガワごと異次元宙流に巻き込まれてしまう。  飛ばされた先は過去の日本であったが、それは光輝達の知る歴史とは微妙に違っていた。  誰よりも自分達が可愛い三人は、歴史が変わってしまう事も恐れずにこの世界で自由に生きていこうと決意するのであった。 (これは、昔に書いた某二次創作の原型を一回ぶん殴って修正したような作品です。一応歴史ジャンルに振り分けておりますが、本当の歴史物とは縁遠いと思いますので、そういうのが嫌いな人は読まないか軽く読み流してスルーしていただけたらと思います。あと、史実では活躍した人物が呆気なく死んでしまったり、その逆もあるのでその辺もご注意ください。) .五話、.七五話は、外伝、幕間的要素が強いお話です。時系列も錯綜するので、スピード感をお求めの方は、本編のみを連続して読む事をお勧めします。 書籍化が決まりました。

戦国時代、後北條に滅ぼされた自分の一族の本家の先祖へ転生誕生、果たして歴史を変えることが出来るか? 一族繁栄を図る為にチートした結果が、敵である北條家の婿になってしまう。 現在、京より帰国、嫁が増えました。 出演する武将、公家、僧侶などの子孫の方々済みません。 この主人公のスキルはもっぱら作者自身の経験が結構入っています。 現在の漢字では無い旧字を使う事がありますが、当時の漢字ですので誤字ではありません。

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?

※ホビージャパン様より書籍化させていただくことになりました。 発売日は2016年11月24日となっております。 11月24日~12月23日まで、信長の野望201X様とコラボが決定いたしました。 この作品は『もし信長に友達がいたら』という題材を用い歴史を改変した、架空戦国モノを日記形式でコメディタッチで書いた小説です 主人公、平手久秀(転生・チート持ち)という友人、同じ価値観、理解者を得た信長はこの戦国乱世をどう生きていくのか? 基本はコメディテイストで、読みやすさを重視しております。 その為、本来の歴史とは異なる部分を多々含んでおりますので、どうかご承知の上でお読みください。

修羅の国九州の戦国大名の一門にチート転生しました。けど待っていたのは、チートを吹き飛ばす国人衆達の地縁・血縁・怨念と離合集散の繰り返し。周囲にマジキチリアルチートばかりで、どうも史実で討ち死にした場所まで行けそうもない。けど、惚れた女の為、仇が討てるのならばと七転八倒するお話。

 気がつくと俺は織田信行になっていた。しかも馬上の身に。どうやら俺は清洲城に向かう途中らしい。病に伏した兄、織田信長を見舞うためにだ。  。  。。  。。。  えっ!? ナニコレ? 俺、この後暗殺されるの? ……オワタOTL……で終われるか!  これは、史実では実兄の信長に暗殺された織田信行が、あらゆる手を使ってでも生き延びようとする物語です。

この物語はニートの元男が、なんの因果か戦国時代の巫女に転生してしまい、少しでも現代日本人の生活に近づけようと努力する話である。多分。

気がつくと戦国時代だった。 どうやら前世から生まれ変わったらしい男。 自分の置かれた状況を確認すると、享禄元年の織田家に長男として生まれた事がわかる。 「織田家の長男!? やった信長だ! 勝ち組じゃんか!」 しかし、喜んだのも束の間。自分が信長ではなく、信長の兄であると知る。 史実において、安祥城を今川に取られたばかりか、脱出も討死も切腹もできずに捕縛され、竹千代との捕虜交換に利用されて、織田家の戦略を根本から覆した情けない兄とされる織田信広。 その後は一度信長に謀反を企てるだけで(実行したかは諸説ある)ろくに表に出て来ないままフェードアウトした影の薄い武将、織田信広。 そんな彼に転生した、やや戦国時代に詳しい男が、別に織田家の家督は狙わずに頑張る物語。

時は天文年間、弾正忠家の家督を継いだ織田上総介、三郎信長は、尾張統一に向けて邁進する日々を送っていた。そんな時、平成からタイムスリップしてきた男がいた。男の名は大和一寿。 信長の重臣、平手中務の息子・監物久秀と出会った彼は、戦国時代で生き抜く決意をする。大和が関わる事により、少しずつ歴史の出来事が変わっていく中、大和一寿はどのように生きていくのか。

 故郷の長浜が大好きな転生主人公が、『 浅井長政 』として、自分の知識を頼りに頑張るおはなし。 『信長』の栄光の引き立て役『長政』だけど……。 常に狙われる近江は、何かと大変なんです。  軽い感じで、お暇な時に読んでいただけたら幸いと思います。 ご感想お待ちしております。

ヤマト皇国に生きる少女、唯。彼女の村が野盗に襲われ、家族を失った彼女は全てに絶望した。そこへ天啓のように現れる言葉――力が欲しいか。 願うと共に、現れる白銀の巨人。唯に忠義を尽くす騎士たる巨人と共に、数多の人外を引き連れて唯は国奪りを開始する。数多の人外を率いた少女を、民は畏怖してこう呼んだ。 ――『百鬼の女帝』、と。

綾小路興俊 1518~ 右近中将綾小路資能の嫡男として生まれる。 生まれた時に母を3歳の時に父を亡くし縁を頼り西国の雄大内義興を頼る。 石見銀山を発見し日本有数の富豪になるもあちこちの戦に駆り出され武将として頭角を現す。 13歳で本願寺の娘と結婚しその後本願寺大戦に巻き込まれる。 本願寺大戦の勝者として第六天魔王波旬と称す。 対南蛮戦準備の為に博多に赴いて天文の錯乱に巻き込まれる。 天文の錯乱に現実逃避して沖縄に夫婦で旅行に行ってましたが逃避失敗で義姉上に現実を突きつけられ、止む得ず大内家より独立し戦国の覇者としての道を歩み始めました。 義姉上が怖くて東征を企図しましたが、出発直前に奥さんの妊娠が発覚! 後ろ髪引かれながら出陣中。 今ここ。

夢を見る。 繰り返し同じ色合いの夢を。 夢の中で僕は、存在しない歴史上の人物の息子だった。 一応、戦国時代というか安土・桃山時代っぽい時代。 主人公が大好き!な登場人物ばっかりですが、ハーレムにはならず。(登場人物が圧倒的に男ばっかりなのと、色気がまったくないから) ※時代考証の甘さと捏造満載な為、何でもありなファンタジーカテゴリーにいれさせていただいていましたが、新ジャンルでは歴史モノ分類にさせていただきました。 ※大昔の蔵出し品で中抜けしていたりするので、時々活動報告に発見したファイルをのせていることがあります。

天正十年六月二日、本能寺の変。その時、その場所に彼はいた。 織田信忠が家臣下方弥三郎は、二条御所にて華々しく討ち死にを遂げた。そのはずだった。 ところが、彼は異世界にてひっそりと暮らしていた魔女の元へと辿り着いてしまう。命の恩人となった彼女のため、忠心を尽くすことにした弥三郎は様々な戦乱、事件に立ち会っていくこととなる。 それから、数年の後。異世界オリンピアの地に天下布武の旗がはためいていた。 異世界国盗り戦記となる予定です。当然ヤンデレも出ますよ? この小説は『カクヨム』にも投稿しています

トラック事故によって死んだはずの歴史好きの高校生が小早川秀秋に転生してしまった。 最初、自分が誰であるかすら、分からなかった彼であったが、やがて自分が秀秋だと察することになる。 養子に出されたり、13歳にして奥さんをももらったりと、てんやわんやのなかで、歴史の知識を活用して秀秋としてうまく立ち回ることはできるのだろうか?

過去に逆行転生!! これで俺も内政チート!さらに歴史を知ってるアドバンテージで天下統一できる!! なんて思ってる時期が俺にもありました。でもやっぱり世の中上手くはいかない。 いくら異世界や過去に転生しても活躍してハーレム作って天下に名を轟かす!なんてことができるのは物語の中の主人公だけなんだよ。 そんなわけで俺も転生したけどただの下級役人のままでもうすぐ30です。 このまま終わるのかなと思ったら、周りの国が敵だらけて国家滅亡の危機! 捕虜になったら大変だからほかの街に逃げます。えっ!もう残ってる街2つしかないの! しかも、この街の将軍が戦死!!指揮できる人いないからお前やれって! 俺ただの下級役人なんですけど!

慶長三年、太閤秀吉死去。 その情報が駆け抜け巡り、騒然とする大坂城内の一室に寝ぼけ眼の男が一人。 彼の名は毛利輝元。 大老と言う職責を担う輝元は、何とも茫洋とした表情で部屋に佇んでいる。 しかしその心中は、大いに困惑していた。 (何か気付いたら毛利輝元になってたんですけどー!?……あ、夢か。) 何と、毛利輝元が執務の合間に転寝をしている時、何の因果か遥か遠けし何処の世より一つの魂が放り込まれてしまったのだ! そして目覚めた輝元は……輝元となった魂は、今この時を夢と認識した。 しかし時代は風雲急を告げ、向かう先は関ヶ原。 毛利輝元となった魂は、この世をどう過ごし、何を為すのか。 動乱の時まで、あと少し。 2016/7/27 第十話で完結。

全体のあらすじ(第四版) 前略、平成の皆さまお元気でしょうか。どうやら今私がいる世の中はいわゆる戦国時代の前期のようです。 信長が生まれるまでまだまだ数十年はあるのでいわゆる信長に仕えて秀吉に接近し家康に組するという黄金パターンは使えないようです。 ただまあ、割と権力者に接近している状態の武将として生を受けたようなのでせっかくだから日本国を作ってみようかと思います。 本来なら信長の仕事なんでしょうが、幸いにして前世の記憶や技能などを受け継いでいるようなので信長が世界征服できるくらいの足場を作ってやれば日本人が最上位に立てるでしょう。 歴史ロマンとは傍観者の立場だから感じられるものであり、当事者からすれば単なる地獄絵図ですが、まあ私に直接降りかかってきているわけではないのでまあ良しとしましょう。 夢はでっかく、世界征服!・・・とでも嘯ければよいのですが・・・。 ※お知らせ レビュー並びに感想の受付シーズンを一旦終了させていただきます。その、なんというか、ええ。 ぶっちゃけ今のペースだともちません」T0 また、充電が完了したらシーズンを解禁する予定です。延長するべきじゃなかったかなぁ・・・。 ああそれと、5月に入ったら新しい企画を用意する予定です。あくまでも予定ですが。 ※外伝について 近いうちに(とはいえ月単位になりますが)外伝(「みらい*号」とか「お祭り用」とか)を短編形式でシリーズに挿入して別個掲載予定。 ※他 新史料が発掘できたため読了結果によっては一部の固有名詞を変えることがあります。とはいえこちらもだいぶ先の話になりますが。(場合によったら書籍化する際に変えるかも?)

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加