【旅】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を手に入れた彼のする事は、異世界「観光」?  3人の獣娘(2章登場)、紫髪美幼女&黒髪美少女(3章登場)、無口エルフ&奇行金髪美女(5章登場)達と旅する日々と、様々人々との出会いを描く物語です。たまに魔物や魔王との戦闘もありますが、基本はほのぼのファンタジーです。 ※感想返信が停止して申し訳ありません。 よくある質問の回答やSSなども活動報告の方に書いてあるので良かったらご覧下さい。 誤字報告は大歓迎ですが連載中の章以外は完結後に対応予定です。 ◆カドカワBOOKSより、書籍版九巻、コミカライズ版四巻発売中! アニメ化企画も進行中です◆ ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。 ※ComicWalkerで本作のコミカライズ版一話を無料で見られるのでそちらも宜しくです。

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。 ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。 スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。 それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。 戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。 しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。 ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。 そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

「見覚えのあるダンジョンだ」 やりこんだRPGで幾度となく目にしたダンジョンの中ボス部屋。 勇者を待ち構え、倒されるためだけに存在する妖鬼に、かつての記憶が甦る。 己の前世は、何の変哲もない大学生であったのだと―― このまま中ボスとして狩られるのはゴメンだ。 そう決心した彼は、ボスを撃破してダンジョンからの脱出を敢行。その過程で得たのは、''珠片''と呼ばれる謎のドーピングアイテムだった。この世界に散らばってしまった15の珠片を集めるように女神から命じられた妖鬼は、せっかくならとついでにこの大好きなRPGの世界を旅して回ることにする。 これは何れ大江山の鬼神へと到る、一人の妖鬼の浪漫譚。 第六章完結!! ※『カドカワBOOKS』さまより書籍化が決定致しました。それに伴うWeb版の取り下げなどは一切予定されておりません。今後ともグリモワール×リバースを宜しくお願いいたします。コミカライズもスタートするようですヨ。 ※更新日時は基本的に活動報告かTwitterにて。

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが大陸中で語り継がれる冒険譚の幕開けとなることを。長編グルメ・エピック・ファンタジー、ここに開幕!

 とあるオンラインゲームの熱心なプレイヤーであった主人公は、ゲーム中の駆け出し冒険者「ネモ」と一体化している自分に気づく。「ネモ」が授かった加護は育成・成長性ともに絶望的な構成であり、冒険者登録時点から楽しむどころか、生き残りをどうするのか?という事態に陥っていた。  主人公はその加護の中で唯一使い物になるスケルトンを召喚するスキルを用いて生活水準確保に奔走するが、徐々にスケルトンを増やし、強化することに魅力を感じていく……。 ※スケルトン登場は10話からです。

幼い頃から、遊びでずっと投げ続けた石ころ。 それはいつしか技術として極まり、強力なスキルとなった。 少年が投擲すれば百発百中。 届く範囲なら、小さな虫にだって当ててしまう。 そんな彼がある日、趣味の狩猟に没頭していた時のこと。 突如聞こえた悲鳴。 駆けつけると、そこでは暴漢に襲われている一人の女性神官が。 持ち前の投擲スキルを発揮し、彼女を助けたことで物語は動き始める―― *7/24~27 まさかの総合日刊1位をいただきました。 *8/19~23 月間、こちらもまさかの1位をいただきました。 ここまで本作を応援していただき、本当にありがとうございます。

シルティーナは元公爵令嬢だった。 2年前に国外追放を言い渡され、渡った隣国でギルドに入り今や他国にまで名を知られる程に強くなった彼女に自分を追放した国から呼び出しがかかる。 魔物により穢れた土地の浄化の為に、常にやる気ゼロの相棒と、自分を追放にまで追いやった異世界の少女と、元婚約者の第一王子様と、元弟の騎士様と、そして無駄に恥ずかしがり屋な魔法使いと一緒に旅に出る羽目になった彼女が敵を斬ったり味方にツッコんだり時々ボケたりするお話し。 ※残酷な描写ありは一応です。

「ここ…どこ?」 普通の女子高生レナは、気がついたらなぜか異世界トリップしていた。 ギルドを訪れると、適性職業は『魔物使い』のみだと言われる。 現代っ子のステータスはとても貧弱だったが、[運:測定不能]というたぐいまれな幸運さと、【☆7】激レアギフトを武器に、厳しい世界をなんとか生き抜いていく。 可愛いレア従魔たちと、のんびり生活したいだけなのだが…トラブルはこれでもかと舞い込んでくる。 これは、気弱で優しい少女が異世界仕様に成長してやがて女王様と呼ばれるようになり(風評被害)、魔物たち(魔人族含む)から『従えてぇーー!』と従属求愛されつつ旅するお話。 「…私は自分がちゃんと愛情を注いであげられる子たちしかテイムしませんから!か、帰ってーー!」 コメディ要素多いです。 ※※※ ○底辺から、そのうち最強従魔たちのご主人様へ(成長早めです)。 ◯従魔は、弱い種類からつよーい希少種へレアクラスチェンジ ◯狩って採って食べて、ゆるーい異世界旅がしたい(希望)。 ○イラスト有りのサブタイトルの横に★印をつけてあります ※※※ 【書籍化】TOブックス様より、7/10に出版です。読者さんたちの応援のおかげです。いつもありがとうございます!

元社畜でキャンピングカーと一緒に異世界トリップした小野直人がはじめて聞いた言葉は姫騎士の「くっ、殺せ!」だった。 六畳間の和室と、こたつみかん。凜々しい姫騎士がオーダーメイドのキャンピングカーに身も心も堕とされていく――くっ、殺せ! オークの魔の手から助け出したお姫様を走る六畳間にのせて、彼女の祖国までのんびりまったりと運ぶ、みんなが幸せになる旅の日常です。 ※内田弘樹先生からネタの使用をご快諾頂きました。 ※9月1日書籍版第一巻、角川スニーカー文庫より発売予定

 ある日、一人の中年男が異世界に迷い込んだ。  魔法とレベルで彩られたその世界は、何故か男に優しかった。  労せず得た力を使い、男は元の世界で出来なかった道楽の旅に出る。  男の保身ついでの道楽は、関わる者に影響を与えていく。  男の気まぐれという名の道楽は、異なる社会に波紋を起こしていく。  だが、男がそれを気にする事は無い…………。  ――――自由気ままな旅は続く。  男が異世界道楽に飽きる、その日まで。

ある日、大学生の御厨玲は異世界の神の不注意で死にかけてしまう。 原因である神は肉体を治療する間、代理の体を使って自分の管理する世界を旅してみないかと誘い、御厨玲はレイとして旅立つことになった。 ところが、その世界はモンスターが蔓延る危険地帯。代理の若々しい体はレベル1。もちろん、ステータスもオール1に素手という貧弱状態でスライムに負けて喰われてしまうほど。 光明となるはずの《トライ&エラー》という【死に戻り】の力は使えば使うほど、因果を重ねて更なる災いを引き寄せるという欠陥品。 文字通り自分を削りながら何度もやり直しを繰り返し、レイは仲間と共に生き残る為に己の死を積み上げて未来を目指す。

ある日、子供を助ける形でトラックに轢かれた男、柊 翼。 その様子をたまたま覗いてた神様は、その優しさと勇気に評し、剣と魔法の異世界【バームウェルム】に転生?させてくれる事に。 キャラクターメイキングの様な画面に転生情報を書き込むみたいだ。 ん?職業?もちろん薬師一択だ。 だって異世界で病気なったら治るか分からないし、怖いだろ? 健康第一っと。 ん? なになに? サブ職業?もちろん僧侶だな。 だって怪我したら痛いだろう? そんな調子で転生情報を書き込みいざ異世界へ!! そして俺は気づいた。 「んっ? あれっ? これってドーピングできるんじゃ……」 ドーピングで最強になった薬師の青年が、異世界をのんびり旅をしようとするが、なんやかんや厄介事に巻き込まれながらも問題を解決していく。 そんな青年『アラン』の物語。 ※アルファポリス様にも、同作品を掲載しております。 ※日々、文法の改善をしておりますが、ストーリー等は変わっておりません。 ※この作品には、主人公最強、ハーレム、テンプレが含まれておりますので、苦手な方はご注意を。

「吟遊詩人って憧れるじゃない」 ファンタジー小説やRPG大好きな女が、VRMMOの中でやりたかった吟遊詩人を目指してプレイを始める。ゲームの目的は、吟遊詩人として各地を旅すること。詩人としてゲームの中の異世界を旅をしているうちに、やがて支援技能の使い手として名が知られていくことになるお話。

コンビニから出てきたら、そこは異世界だった! 片手には、さっき買いものしたコンビニ袋。 旅の相棒は、愛用してきたおんぼろの軽四ワゴン。 勇者でもなんでもない、どこにでもありそうな、ごく普通の異世界放浪旅行物語。 2015/11/25 完結しました。

エルザの紳士な婚約者は、存外素直な人だった。 社交的で言葉を選ぶことはするけれど、楽しいと笑い、悲しいと落ち込み、怒ると拗ねたように唇を尖らせる。 そして、嬉しいときには輝くような笑顔を見せるのだ。 ――だから、つまり。 彼がエルザに愛を囁くことがないのは、そういうことなのだろう。

才能「嗅覚」を武器に、攻略難度ウルトラハードの「遺跡」に挑む。 ノロットと相棒・金色のカエルが訪れたのは砂漠の都市ストームゲート。ここには200年以上未踏だったレジェンド級の遺跡「黄金の煉獄門」がある。 ふたりは、資料を掘り、情報を集め、道具を買いそろえ、遺跡の踏破を目指す。 ◆完結しました◆ 新作もよろしくお願いします。 ダンジョンマスター! ~ WEBディレクターの俺、迷宮主とかいう生き物に転生する http://ncode.syosetu.com/n3247dq/

和風伝奇VRMMO『叢雲』。古参プレイヤーにして四十路過ぎの男は、とあるきっかけでプレイヤーキャラクターの中年剣豪『城島大二郎』として異世界に転移してしまう。そこは『叢雲』に似た、ファンタジー寄りの江戸日本。彼はたまたま出会った妖狐の娘とともに、時には食べ歩き、時には人を斬り、時には城を爆破し、蝦夷を目指して旅を続ける。

大陸統一に尽力した大英雄、百雷の軍司令官セルウィウス・フェリックスは、統一事業の総仕上げとして東方に覇を唱える大圏王国へと攻め入った。 そこでセルウィウスが目にしたのは、大圏王国の建国記に登場する大竜。 大竜との闘いとの果てに、彼はその呪いを受けて900年後の世界へと飛ばされる。 かつてあった大国はすべて滅び、小勢力や小国家が乱立する混乱の時代。 兵も権限も財貨も失ったセルウィウスの、再びの活躍が始まる。

友人からの勧めで、主人公の由貴は、VRMMO「another world online」へとやって来た。 タイトル通り、このゲームの世界観は現実世界をモデルとしているので、由貴は日本各地を、旅行と言う名の攻略をしながら進んで行く。 ただ1つ、友人は由貴に言わなかった事がある。 それは、リアルのスキルがゲーム世界でも有効だと言う事を… 現在東京を観光中。 *作者の端末ですと空白の機能が付いていない為、小説の書き方が変だと思われる所がありますがご了承ください。

「お前はアレだな、俺の想像以上に嫌な奴だな」 「貧弱な想像力が基準では説得力に欠ける意見だ」 蒸気機関の煙が街を覆う正暦1873年。勤め先を失った一人の傭兵に、とある小説家から依頼が舞い込む。それは『地図に載らない山』への取材の護衛だった。背に腹は代えられない傭兵と、それを消去法で選ぶしかなかった小説家。罵り合いの絶えない二人の旅は、やがて国家を巻き込む謀略へと巻き込まれていく……大陸横断鉄道が完成した高度成長の時代、しかし電気の灯りがまだ生まれていない薄暮の時代。そんな19世紀アメリカに『何故か』似た世界の物語。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加