【歴史改変】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。 どこにでもいるごく普通の、そして平凡で地味な少女だった。 そんな少女が出来る事は一つだけしかない。 戦国時代を生き抜く――――それだけだ。 ※ ご感想への返信は、話ごとに活動報告でさせて頂きます。  大変申し訳ありませんが、ご了承のほどどうかよろしくお願いいたします。

時は戦国乱世の時代。 織田に仕えて、秀吉に近づき、家康に従って東軍につく。 テンプレを生きようとして、開始前にその致命的問題点をつかれた転生者。 あきらめて平穏な生活を求めた矢先、彼の望みは(一部)かなう事になる。 殿は脳筋。領土は問題だらけ。大殿からは無理難題。 戦には出ず、年貢納入と、補給物資管理に悲鳴を上げる男。 三直 豊利(みのう とよとし) ソロバン片手に、文句をたれつつ(数字と)戦う男の物語である。 ※一騎当千や戦国無双な話は出てきません。 PS.初投稿です。投稿内容は、作者の独断と偏見により、歴史的事実と異なる場合があります。大目に見てください。 ※2015年10月10日に書籍化しました。

戦国時代、後北條に滅ぼされた自分の一族の本家の先祖へ転生誕生、果たして歴史を変えることが出来るか? 一族繁栄を図る為にチートした結果が、敵である北條家の婿になってしまう。 現在、京より帰国、嫁が増えました。 出演する武将、公家、僧侶などの子孫の方々済みません。 この主人公のスキルはもっぱら作者自身の経験が結構入っています。 現在の漢字では無い旧字を使う事がありますが、当時の漢字ですので誤字ではありません。

戦国時代を代表する知将、天才軍師・竹中半兵衛重治。 さえないサラリーマンだった独身アラサー男は、目が覚めると竹中半兵衛に!? 動乱渦巻く戦国の世に『茶室』チートが炸裂する! 策謀を、術策を打ち砕く。 『茶室』でほくそ笑む者たちが戦国の世を揺るがす。歴史が、変わる。 【書籍化】レッドラジングブックス様より3月23日発売予定です。

 気がつくと俺は織田信行になっていた。しかも馬上の身に。どうやら俺は清洲城に向かう途中らしい。病に伏した兄、織田信長を見舞うためにだ。  。  。。  。。。  えっ!? ナニコレ? 俺、この後暗殺されるの? ……オワタOTL……で終われるか!  これは、史実では実兄の信長に暗殺された織田信行が、あらゆる手を使ってでも生き延びようとする物語です。

「何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? そりゃあ何をしても史上初になるだろうけども!!」 神様の手で、現代から七万年ほど前の原始時代に転生させられた主人公。 服すらまだないこの時代で、彼はそれでも死にたくないとあがき続ける。 神様の目的もわからず、ろくなチートも持たないまま原始時代に放り出された彼の明日はどっちだ! ※この作品は、同名タイトルの短編を連載用に再編したものです。大まかな流れは短編と同じですが、細かいところが少し違います。 ※史料のない時代のお話なので、フィクションの山です。細かいことはいいんだよを合言葉にお読みください。 ※不定期更新です。一話書き上げたらストックを作らず投下していくスタイルの予定。 ※残酷描写ありは保険です。

2016年5月中旬、浦賀水道で不可解な現象が起こった。濃霧が周辺を包み込んだと思った矢先に突然と霧の中にいた3隻の民間船と1隻の護衛艦が姿を消したのだ。海上保安庁や自衛隊は事故が発生したのではないかと捜索を行ったが手がかりは何一つ得られなかった…その頃、姿を消した船は80年前の浦賀水道にタイムスリップをしていたのだ。2・26事件の前日にタイムスリップをした彼らはクーデターや戦争を回避する為にあらゆる計画を実行に移そうと奮闘する。 ※歴史を重点に置いた作品であり、戦記戦闘描写などは極力間接に書いております。

ワタシ、榎島未結(エノシマミユ)は、気づいたらやり込んだRPGゲーム『ブレイブ・ファンタジア』の世界に居た。それはまだ良い。 ついうっかり、「この国、5年後に滅ぶくね?」という、ゲームネタバレな発言をしてしまった。しかもそれが、当の王様・アーダルベルトの耳に入ったらしく、尋問されてしまいました。 あと、何でかお持ち帰りされたんですけど、どういうことですか?!荷物にすな! 気づいたら、ゲーム知識を予言と勘違いされて、獅子の覇王様に参謀としてこき使われるハメになる、不憫なオタク女子大生のお話。 ※基本はギャグです。基本的になんちゃってです。恋愛フラグは存在しません。 ※一話はだいたい5000字ほどです。時々増えたり減ったりすると思われます。 ※番外編詰め合わせ場所作ってます。もしもネタ多数。何でも許せるヒトは本編と合わせてお楽しみください。 ※累計PVが25万を突破しました。皆様いつもありがとうございます。今後もちまちま頑張ります!(2016/12/12)

トラック事故によって死んだはずの歴史好きの高校生が小早川秀秋に転生してしまった。 最初、自分が誰であるかすら、分からなかった彼であったが、やがて自分が秀秋だと察することになる。 養子に出されたり、13歳にして奥さんをももらったりと、てんやわんやのなかで、歴史の知識を活用して秀秋としてうまく立ち回ることはできるのだろうか?

時は江戸時代、元禄15年12月14日。浅野内匠頭が起こした殿中刃傷事件から始まった赤穂事件は山場を迎えていた。吉良上野介義央の屋敷に赤穂浪士ら47人が襲撃を仕掛け、吉良は武林唯七に討ち取られて死ぬ。しかし死んだはずの吉良が目覚めたら、当日の朝であった。何度も繰り返し夜に襲われては死んで朝に戻る吉良。そのループを断ち切ることができるのか。様々な方法を試しては武林によって無残に殺される吉良の奮闘記。

暇さえあれば過去にタイムスリップして歴史改変する妄想に明け暮れている高校生、大作は幼馴染の萌と買い物に出掛けた先で事故に巻き込まれる。気付けば大草原のど真ん中に一人ぼっち。ここはどこだ? タイトルでネタバレしとるやん。そんな事に気付かない主人公は大草原を彷徨った末に一人の美少女と出会う。戦国時代、そこには現代人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは戦国乱世に終止符を打ち、ついでにハーレムを作ろうとした高校生、大作の驚異に満ちた物語である。 ※主人公は難聴や鈍感ではありません

信長による、比叡山延暦寺焼き討ち。 その直前という最悪なタイミングで、当の延暦寺のトップに憑依してしまった男。 身体の持ち主の寿命はすぐそこだし、かといって放っておいてもいろいろとヤバイ状況。 少しでも長く生きるため、今、天台座主の奮闘が始まる!

何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? 確かに、何をしても史上初になるけども!! ※連載版始めました(http://ncode.syosetu.com/n5817ds/)

 1894年、ロシア帝国西端。  現代日本からグルジアに飛ばされた外大生ユーリは、一人の少女と出会う。 「ジョセファよ、ジョセファ・ヴィサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ」  彼女はそう名乗った。かつてのロシアを支配した、赤き魔女の名を。

何故かは分からないが、逆行転生を果たした主人公。転生した人物は、魔王と呼ばれた織田信長の弟である勘十郎信勝。戦国時代の知識など、教科書に毛が生えた程度。世の流れに身を任せ降りかかる火の粉を払っていた結果、がっつり歴史に介入する事になる。更新停止

すべては、この転生から始まった――。 人生に詰んだ俺は、交通事故に遭い死んだ。 そう思った。しかし目を覚ますと、何故か戦国時代。そして、あの徳川家康に逆行転生していたのだ! 現世では人生詰んでいたが、この戦国では天下人になれるチャンス!その為には史実ルート順守! そして、俺の戦国ライフが今始まる―― この物語は、筑前筑後の代表作「狼の裔」をはじめとする、時代小説シリーズ「巷説江戸演義」と「風説百魔草紙」そして、「妖説徳河水滸伝」の、全ての始まりとなるエピソード0。 これを読んだら、全ての謎は解けます! <カクヨム・アルファポリスにも同時連載中> ※パイロット版を軸に、オリジナル全長版にしてみました。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。

曽祖父の遺産が転がりこんで来た神田繁は遺言により加味梨村に移り住むことになった。 その村の神社にて御神体に触れたシゲルは戦国時代へと飛ばされてしまう。 狐の巫女の協力を得たシゲルは戦国時代と現代を行き来することが出来るようになった。その力で行商人となったシゲルは現代の村の復興と戦国時代での成り上がりを目指していくことになる。

おしまい

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加