【異能力バトル】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

 八鍵水明(やかぎすいめい)は、現代に生きる魔術師だ。同じく魔術師であった父の後を継いで、高校に通う裏側で人知れず真理を目指す、生粋の神秘学者である。ある時は部屋に引きこもり研究に励み、またある時は野に現れる怪異を魔術を用い無に返す、そんな生活を送るちょっと変わった一般人。  そして、とある日の学校の帰り道のこと、仲の良い友人と下校中に彼らの前に魔法陣が現れる。  転移魔術! 水明がそう思うも、時すでに遅し。水明達三人はなす術なく魔法陣に引きずり込まれ、異世界に飛ぶはめになった。  ……この物語は、友人の勇者召喚で異世界に巻き込まれた主人公が、魔族軍多すぎると魔王討伐を拒否って勇者と別れ、異世界の生活に馴染もうとしたり、慣れない人助けをしたり、なんやかんや言っても結局一人で無双してしまうお話です。 ※水樹の表記が途中から瑞樹に変わっていますが、気にしないでください。  申し訳ありません。

成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いにすらならない! 全ての敵が即死する、超お気楽異世界召喚コメディ! 修学旅行中の高校生、高遠夜霧が目覚めると、乗っているバスがドラゴンに襲われていた。 バスに残っているのは夜霧と、パニックになっている美少女、壇ノ浦知千佳だけ。 クラスメイトたちは、突然現れた賢者シオンという女に力を与えられ、力に目覚めなかった者たちを囮としておいていったという。 どうやら異世界に来てしまったようで、わけのわからないままいきなり危機的状況に陥った夜霧。 だが夜霧は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていた! ※「カクヨム」にも投稿しています。

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。勇者とか英雄なにそれ美味しいの?魔王?ああ湧いてでてくるやつね?な感覚です。 では長いお付き合いになりますよう願います。 ※「気持ち悪いとか、個人の主観での好き嫌い」の宣言はこの感想欄ダメですのでよろしくお願いします。 2016年3月26日にて8000万PVと750万ユニーク!! うん、趣味で書いてたのが気が付けばここまできたよ。ありがとう。 ※初期段階の原稿は誤字脱字多いと覚悟してください…ごめんなさい。

ある日、とある高校にいた学生が全員まとめて異世界に転移された。そのひとりである真島孝弘は、パニックに陥った学生たちに暴行を受け、モンスターの跋扈する危険な森の中をさまよう。あわや死に掛けた彼のことを助けたのは、1匹のスライムだった。----第6章開始しました! 物語も女の子たちも、丁寧に描いていきます。※書籍化しました! 書籍1~8巻、以下続刊(2016/12/28 8巻発売)。Web版のダイジェスト等はありません。

 2043年7月15日、各々のプレイヤーによって千差万別、否、“無限”のパターンの進化を辿る独自のシステム<エンブリオ>を有するダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>が発売された。  それまでのVRMMOが実現できず、技術的に不可能とされてきた要素を備えていた<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻した。  <Infinite Dendrogram>の発売から一年半後。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年「椋鳥玲二」は、長い受験勉強の終了を記念してかねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を始めるのだった。  これは世界か、遊戯の話。  そして思い出の物語である。  二〇一六年九月十九日追記:  株式会社ホビージャパン様のレーベル、HJ文庫より書籍化が決定しました。

 100年前、突如として魔物が現れ人間を襲いだした。当時、通常兵器では魔物の硬質な身体に傷を付けることすらできず、人類はその数をあっという間に減少させ身を守るかのように7カ国に併合する。魔法の技術が軍事転用されたことで進行を妨げることに成功したが、未だ種の存続が掛かる異形の魔物との戦い。その最前線で常に命を賭けていたアルス・レーギンは軍役を満了したために16歳という若さで退役を申し出た。だが、そんな彼を国が手放すことができるはずもない。アルスは10万人以上いる魔法師の頂点に君臨する一桁ナンバー【シングル魔法師】なのだから。 王道ファンタジーだと思います。修正、12/13 3部2章までを完了。

新作VRMMORPG『クロスクロニクルオンライン』で一之瀬真は回復職にもかかわらず防御力を上昇させるVITへステータスポイントを全振りしたキャラを間違って作ってしまった。 そのせいで真は回復職なのに回復では役立たずというレッテルを貼られ、周囲から地雷認定を受ける上に、キャラデリ不可、転職不可の異世界へと放り込まれてしまう。 しかし真は持ち前のMMO知識と経験を駆使してオリジナルのプレイスタイルを確立し、そして3年前に目覚めたとある力も武器にしてプレイヤーやレイドボス相手に無双を開始する。 これは異世界として存在する《アース》に転生を果たしたクロクロプレイヤーのガチ勢であるシンが《地球》で異能を研究する学園に通いながらも学費や単位その他もろもろのために冒険したり地下迷宮を攻略したり美少女達とキャッキャウフフしたりする物語である。 ※4話まで三人称、5話から一人称の本編が始まります。三人称が苦手な方は5話からお読みください。 ※1~5巻、モンスター文庫様にて発売中。活動報告にて、カバーデザイン、キャラデザ絵公開中です。 ※2016年4月28日完結!

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  http://over-lap.co.jp/narou/906866984/    地球人、冷凍睡眠目覚めてみれば、そこは未来の銀河帝国。  孤独な宇宙船の中で見つけた謎の装置によって、BISHOPと呼ばれる電脳プログラム技術を身に着けた主人公。21世紀の常識を持つ彼が、妙に俗的な人工知能ロボットや、金にがめついメカニック少女、童貞仲間や賞金稼ぎといったクセのある仲間と共に、目指すは銀河の遥か故郷、太陽系第三惑星は地球。  何をするにもまずは資金と、コープ(会社組織)を立ち上げ会社経営。大人のおもちゃの運送会社が、銀河規模での大戦争へ。  エロ動画の搬送任務から、採掘、生産、交易。そして大規模艦隊戦までを描く、初心者にもとっつきやすいSFを目指して。

 黒野幸助(くろのこうすけ)は復讐者だった。  陵辱の果てに凍死という非業の死を遂げた双子の妹。  最愛の妹の仇を討つ為、当時十三歳だった幸助はありとあらゆる手を講じた。  そして五年の時を掛けながら、復讐を果たしたのだ。  だが復讐を果たした時、犯人を殺す為だけに生きてきた幸助はそれ以降を生きる気力をたもつことが出来なかった。  だから犯人を殺したのと同じナイフで自分の首を掻き切ろうとする。  しかし、そこで声が聞こえた。 『勿体無いのではないか?』  気付いた時、そこは既に自分の居た場所、居た日本、居た世界ではなく。  前世で不幸だった者が強力なステータス補正を受ける――異世界だった。 ※5/15『書籍化企画進行中』※6/9『700万PV突破』※11/20『900万PV突破』※11/30『書籍版発売』

精霊と呼ばれる存在が、世界中の生物の生活を支える世界。 そこに住む少年。ヒイラギ・アキトは、精霊使いを育成する学校、エレメント学園に通う2年生。だが彼は、精霊と契約できない精霊使いだった。父と同じく、精霊騎士団への入団を希望する彼は、今の学校での<劣等生>という立場を悔しく思っていた。でも、彼が精霊と契約できないのには理由があって!? これは神獣と呼ばれる存在と契約した少年と、精霊を使う少女たちの、ハイテンションバトルファンタジー! 試験的に、題名変更中。 ※活動報告にて、新キャラ案。武器案。名前案。精霊案。魔法案を募集します。 長い目で見ていただける方は、お気に入りユーザー登録をおすすめします。

 楠恭弥は優秀な兄の凍夜、お転婆だが体が弱い妹の沙耶、寡黙な父の利徳と何気ない日常を送ってきたが、兄の婚約者であり幼馴染の倖月朱花に裏切られ、兄は失踪し、父は心労で急死する。  妹の沙耶と共にひっそり暮そうとするが、倖月朱花の父、竜弦の戯れである条件を飲まされる。それは竜弦が理事長を務める高校で卒業までに首席をとること。  倖月家は世界でも有数の財閥であり、日本では圧倒的な権勢を誇る。沙耶の将来の件まで仄めかされれば断ることなどできようもない。  こうして学園生活が始まるが日常的に生徒、教師から過激ないびりにあう。  ついに《体術》の実習の参加の拒否を宣告され途方に暮れていたところ、自宅の地下にある門を発見する。その門は異世界アリウスと地球とをつなぐ門だった。  恭弥はこの異世界アリウスで鍛錬することを決意し冒険の門をくぐる。

ある日突然、無能力だった少年は諦めていた能力を発現させた。能力の名前は”音支配(ドミナント)”。 少年は世界で初めて音を司る能力を発現させたのだ。 しかし、その能力の危険性ゆえに排除対象として認定された少年は、社会の治安を維持するための行政機関「自衛軍」に殺されかける。 そんな彼に手を差し伸べたのは、悪の組織Anonymousだった。 少年は生きるために、その手をとった。

【2016年12月23日 書籍版1巻発売】現代日本から異世界へと転移した俺は、勇者としてなんとか邪神を打ち倒したものの、地下神殿の崩壊に巻き込まれて命を落とす。転生という形で日本に戻ってきたものの、あたりに漂うのは陰謀のにおい。というかここ、本当に俺のいた世界なのか? 退魔師、魔術師、妖怪、悪霊――そんなのぜんぜん聞いてないぞ!?  ※旧題:現代も案外ファンタジーだったので、好き放題に生きてみようと思う。

主人公である朝野 耀は、クラスメイト全員と一緒に異世界に勇者として召喚されてしまう。そして、その際に耀は他のクラスメイトが持っていないユニークスキルを持っていることに気づく。その力は強大で、他を圧倒するほどのものだった。 この話は主人公最強者でご都合主義も炸裂します。 主人公が女の子に囲まれて笑ったり。主人公がステータスを見て笑ったりする、そんなお話です。 初めて小説を書くので、見苦しいところがあるかもしれません。 いいものが書けるよう努力する所存なので、誤字等があればどんどん指摘してください。 それでも大丈夫という人は楽しんでください。 カクヨムでも投稿させていただいています。

 時は2010年。  第二次世界大戦末期に現れた『ES能力者』により、“本来”の歴史から大きく道を外れた世界。“本来”の世界から、異なる世界に変わってしまった世界。  人でありながら、人ならざる者とも呼ばれる『ES能力者』は、徐々にその数を増やしつつあった。世界各国で『ES能力者』の発掘、育成、保有が行われ、軍事バランスを大きく変動させていく。  そんな中、『空を飛びたい』と願う以外は普通の、一人の少年がいた。  だが、中学校生活も終わりに差し掛かった頃、国民の義務である『ES適性検査』を受けたことで“普通”の道から外れることとなる。  夢を追いかけ、様々な人々と出会い、時には笑い、時には争う。  これは、“本来”は普通の世界で普通の人生を歩むはずだった少年――河原崎博孝の、普通ではなくなってしまった世界での道を歩む物語。 ※現実の歴史を辿っていたら、途中で現実とは異なる世界観へと変貌した現代ファンタジーです。ギャグとシリアスを半々ぐらいで描いていければと思います。 ※2015/5/30 訓練校編終了  2015/5/31 正規部隊編開始  2016/11/21 本編完結 ※「創世のエブリオット・シード 平和の守護者」というタイトルで書籍化いたしました。2015年2月28日より1巻が発売中です。 本編完結いたしました。 ご感想やご指摘、レビューや評価をいただきましてありがとうございました。

魔法の適性が人体に影響を及ぼす世界。 黒髪黒眼であるカミシロ・ロロは周りから『呪われた子』として蔑まれ、七歳の頃には親にも捨てられてしまう。あてもなく彷徨うロロを、ひとりの老人が拾った。 老人はロロを育て、敵に打ち勝つ戦術を叩き込み、果てには【魔法の極意】を死に際に授けた。 それからというもの、幾度もの死線をくぐり抜けたロロはその強さを活かして、様々な依頼を引き受ける『何でも屋』を営むことに。 そんなロロのもとに、魔法省の男から依頼が舞いこむ。 男は言った。 「ロンバルディア魔法学園である仕事をしてくれれば、三億ギニー支払う」と。

ふと目が覚めると、異世界に転生していた久保たもつ(34歳)。転生先は「結界Lv1」のスキルを持つた6歳の子供。しかも身分は「奴隷」。最悪で苛酷にしか見えない状況から脱出するべく、そして、彼の前世からの夢であった「平穏な暮らし」と「美女に囲まれたモテモテライフ」を叶えるため、彼は今日も全力で奮闘するのであった。 *一部バッドエンドがありますが、最終的にはハッピーエンドになるよう、物語を構成していきます。

創世の時代、『闇の神エントロピー』は、光の女神率いる五大神との戦いに敗れ、封印された。 そして千六百年の時が流れ現在、闇の神は封印を解かれ復活する。自由となった神は別に復讐とかする気にもならず、他にやることもなかったので人間に転生し、人の生を楽しむことにした。 闇の神の魂を得て生まれた人間『クロミヤ=ハイネ』は、人間でありながら暗黒神の能力と記憶をもつ最強の存在。 モンスターと戦う勇者を助けたり、人を支配しようとする別の神と対立しながら、世界をよりよくしようと奔走する。 ※ご報告 HJ NOVELS様より同作品の書籍が発売中です! これも皆様のご愛読と応援のおかげです! 本当にありがとうございます!

祝!異世界召喚! という訳で異世界に来るはめになりました。クラス召喚だイエイ!だが呼んだ王城の方々は9割以上がクズ。許さない。味方がたった3人だという事実。全俺感涙。天職は罠師とかいうワンダフルかつエキサイティングなもの。使えない。勇者になったのは俺が嫌いな2人。いつか殺す。そして王城の方々に疎まれハブられる俺。いつか国王の首獲る。そんな感じで大変愉快な状況になりました。それでも俺は最強になります。理由?かわいい女の子の為ですが何か?例え誰が何と言おうと、俺は俺の信念を曲げない!だって他人とかどうでも良いし。俺は俺のやりたいようにやる!あ、でもシスティアとか桐生は別。モブ?え、誰それ怖い・・・ ※こんなのが主人公です。基本ふざけてます。序盤にシリアスとか無いんでその辺考慮した上で読んでください。 タイトル変更しました。 『Revenge And Desire』の方もよろしくお願いします。 気づけば4500000PV突破してた。感謝です。

VRMMO全盛期にレトロ系MMORPGをプレイしていた主人公は、いつの間にか異世界に放り出された。しかも大平原のど真ん中、目の前には迷宮があるだけ。そこで保護した幼女と生き抜く為に物作りに励むお話です。 この作品はTS成分および性的な表現を含みます。苦手な方はご注意ください。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加