【知識チート】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職人だった。   容赦なく襲い来る盗賊、突然牙を剥く野獣、狡猾で腹黒い貴族達に、水も乏しく荒れ果てた領地と、少年の下には数々の苦難と試練がふりかかる。   美貌の次期領主は、持ち前の知略とお菓子への愛情を武器に、剣と魔法の世界を生き抜いていく。  お菓子で笑顔を作ってみせると、幸せ溢れる領地を目指して、若きペイストリーの挑戦が今始まる!    最高のお菓子は最高の物語と共にある。一人の少年が世界を変える、王道スイーツ・ファンタジー! ※書籍版1巻~4巻発売中。特別短編も書下ろし。

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透視能力、物質創造と物質消去能力などの人外のスキルを得ていた。 そこは怪しげな医療行為が行われ、庶民には効果のある薬が手に入らない社会。 彼はときの皇帝に認められ、街の一角に薬局を開く。 世に蔓延るまやかしを払拭し、現代薬学に根差した真に効果のある薬を、庶民の手に届けるために。 これは、創薬チートの薬師の少年が前世の現代薬学知識を駆使し、異世界人を助けながら、今度は頑張りすぎず新たな人生を送る物語。 ※ MFブックス様より書籍化、3巻は2016年10月25日発売です。 ※ 2016年11月19日より、コミックウォーカー様にてコミカライズ連載開始。 ※ 更新時間は、不定期ですがだいたいお昼12時です。

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライブ中継で見た努は絶句した。戦略のせの字も無いゴリ押し。不遇のヒーラー職。ゲームでは白魔道士を愛用していた努は白魔道士の復権と、異世界脱出の鍵を求めダンジョン制覇を目指す。 12月10日にカドカワBOOKSより『ライブダンジョン! 支援回復のススメ』として発売されます。よろしくお願いします。

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テンプレチート俺TUEEEEものです。冒険者ギルドも薬草採取も出てきます。主人公が持つチートは才能的な物と知識なのでは最初はそこまで強くありませんがチートによってガンガン成長していきます。 三週ごとに更新予定。 9/30に、3巻が発売します。 主な舞台はデシバトレになりますが、全編書き下ろしです!

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ましい体型に愕然とし、ダイエットを開始する。 前世で培ったおばちゃんスキルでグイグイ周りを巻き込んで、今日もコゼットは突き進む! アルファポリスでも同名義で投稿しております

※2014年11月末ヒーロー文庫より出版が決まりました。なお、ダイジェスト化の予定はございません※ 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのない男が来たことで、全てが変わった。 仕事は楽になり、飢えることが無くなった。人々は健やかになり、人口が増えていく。 交易により富んでいく――全ては順風満帆に進むと思われた。 だが急な発展を知った領主が、村に目をつけ始める……。 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジーです。

頭脳明晰、スポーツ万能、何をやらせてもそつなくこなす絶世の美少女は、車の事故であっけなく命を散らしてしまう。 そして前世の記憶を持ちながら、転生した先は剣と魔法のファンタジーな異世界! 魔法使いによって全ての生活が支えられていたが、年々減少する魔法使い、世界中に散らばる魔力(マナ)がなくなっていくなどの問題が起きており、魔法頼りの生活では立ち行かなくなってきていた。 前世の知識を頼りに、魔法が無くても生きていけることを提案しながら、魔法とは何なのかを模索し、少女がより豊な生活を目指して人々を導いていく物語です。 ※ヒーロー文庫さんで書籍化することになりました。 それに伴いタイトルを変更しました(旧:ハイスペック女子高生の異世界転生)

 発売前のゲーム本体とゲームソフトを手に入れたスメラギ・タクトは、ゲーム開始後にもらえるボーナスをチートで全部入手してゲームをはじめた。  そして目を覚ましたら、異世界にいた。  説明書もなにもない、あるのはジャージと多くのボーナス特典のみ。  いわゆる異世界チートものです。  人は死にます。ハーレムにもなります。  最初は異世界にとまどう主人公も、ボーナス特典になれてくるにつれて、俺TUEEEになっていきます。  ていうか、反則だろ? っておもうことがいっぱいです。 ※第一話が卑怯というタイトルですが、主人公は鬼畜ではありませんし悪役的なキャラにもなれそうにありません。普通にいいやつです。少し、いや、かなり鈍感です。 12/31 本編完結しました。後日談は1月中旬開始予定です。 12/1 1000万アクセス突破しました。ありがとうございます。 11/28 書籍化決定しました。 7/3 最終章がはじまりました。 3/31 話が増えてきたので、タイトルの横に番号を入れました。

経営コンサルティング会社に勤める松田幸助は深夜残業中に異世界へ召喚されてしまった。 失望の中、旅をしているとある日懐かしい香りが幸助の鼻をくすぐる。 香りの元は閑古鳥の鳴くパスタレストランであった。 幸助はここで現代日本の知識を駆使し、給仕である少女サラと共に経営改善に取り組む。 その行動が国をも巻き込む切っ掛けになるとは知らずに……。 この物語は、幸助がサラリーマン時代の知識を駆使し異世界で様々な店舗の経営改善を行い、成り上がっていく物語である。 ※書籍化しました。3巻は2016/5/10発売です

 ある日、植木職人の男性が雷に撃たれて死んだと思ったら、赤子になって生き返りました。  彼には状況が理解出来ませんでしたが、実は彼が新たに生まれた世界は地球とは全く違う異世界だったのです。  その後、その赤子はすくすくと成長しましたが、大きくなるに連れて他の子供と比べて変な行動を取り始めました。  そして少年は前世で培った造園技術を使って様々な奇跡を起こしていきます。  なんて感じの話を書きました。  ちょっとガーデニングに興味がある人が読むと面白いかもしれません。  吉報:最後まで書き終えているので打ち切りはありません  悲報:薄汚いコメディーです  狂報:書籍化しました

神様同士のちょっとした賭け事の景品として他の世界に連れてこられた主人公は加護で貰ったスキルを使って自由に生きる。 え?神様が何か言ってた?そんなの気にしませんよ?自由気まま行き当たりばったりのドタバタ生活。 田舎でホームセンターで働いてたら色々出来る様になっちゃいますよね?(たぶん)そんな経験を生かし停滞している異世界に新しい風を吹かせてみたいと思います。 ※10,000,000アクセス850,000ユニークありがとうございます!皆様の応援のお陰で毎日何とか書いております。 良し悪しに関わらず評価、感想、レビュー等めっちゃ喜びます。

 F組の生徒、真城ワタルを含む一学年六クラス百六十名は、学校のワンフロアごと謎の地下迷宮へと転送された。  初見殺しの罠が張り巡らされ、凶暴なモンスターにあふれたダンジョンは、古典的3DダンジョンRPG『ジェノサイド・リアリティー』に酷似していた。ワタルは、レトロゲームマニアであり、偶然にも『ジェノリア』の全てを熟知していた。  難易度Sクラスのクソゲーも、ワタルにとっては何ら難しくない良ゲー。彼はこの皆殺し迷宮から脱出しようとするクラスメイトの集団から別れて、たった一人で地下の底へと降りていく。このデスゲームを楽しむために。

猪ベーコン制作のため、有給休暇で猪刈りに出ていた主人公は解体中に流れ玉で死んでしまう。 ふと視界が開けると、目の前には自分の死体と解体途中の猪。 なんと幽霊になっていた。 自分の死体の穴の角度から犯人を見つけるため山に突入。 しかし、見つからずあてもなく山を迷っていると幽霊である自分が見える老人に出会う。 自称山の神だという老人に身体と魂を山の霊脈に吸わせるかわりに、異世界へ記憶を持ったまま転生させてもらう事に。 これは、血抜き優先で兎に角モンスターの首をチョンパしちゃう主人公と、様々な食材が織りなす、食道楽ファンタジーになる予定の物語である。 ※初投稿です。生暖かい目で見てください。

戦国時代を代表する知将、天才軍師・竹中半兵衛重治。 さえないサラリーマンだった独身アラサー男は、目が覚めると竹中半兵衛に!? 動乱渦巻く戦国の世に『茶室』チートが炸裂する! 策謀を、術策を打ち砕く。 『茶室』でほくそ笑む者たちが戦国の世を揺るがす。歴史が、変わる。 【書籍化】レッドラジングブックス様より3月23日発売予定です。

 ファンタジーRPGでお金を貯めてやっと買った武器。しばらく使って買い替えしようと武器屋に持っていくと、信じられない値段で安く買い叩かれた経験は誰もがあるだろう。 (5000Gもした『はがねのつるぎ』が50Gってマジかよ!)   ブランド品買い取り店に勤める青年、伊勢崎右京は、ある時、客の持ち込んだ宝石を鑑定中にその不思議な力でそんな異世界に飛ばされてしまった。  その世界で右京は得意の鑑定能力を使って、武器の買取ショップ「伊勢崎ウェポンディーラーズ」を始める。相棒の使い魔「ゲロ子」と共に適正な値段で冒険者から武器を買取り、それに付加価値を付けて高く売って儲ける商売を始めたのだ。  これは武器にまつわる様々な人間模様を描くファンタジーな商売物語。強気だけど、もじもじしちゃう女戦士、清楚な神官娘、無敵のバンパイア娘、器用なハーフエルフ娘にヤンデレバルキリー、無能なお姫様とどこか変なヒロインたちと協力しながら今日も商売に励む。(儲かったでゲロ)   H28 3/25 第10回HJ文庫大賞でHJノベルス賞受賞しました。 10/22 HJノベルスから発売です。 ※書籍化に伴い、キャラの容姿の変更を最小限ですが行います。その場合は活動報告でお知らせします。 また、キャラ紹介ページを増設します。 9月10日(土)伊勢崎右京 キャラデザイン公開 9月17日(土)霧子・ディートリッヒ(キル子) キャラデザイン公開 9月21日(水)ホーリー・イルラーシャ キャラデザイン公開 9月24日(土)ネイ・バロー キャラデザイン公開 10月1日(土)ゲロ子 キャラデザイン公開          

 ――この世界の伝説の武器は、俺が育てた。  記憶のない青年ラグナ・スミスは毎日、夢を見ていた。オンラインゲームという遊びをしている青年の夢だ。やがてラグナは、夢の中でプレイしていたゲームキャラと自分の名前や装備が同一であることに気づく。更には自分の能力もゲームと同じで、夢の中でレベルマックスまで育て上げた武器と同じ名前の女性が、傍にいるということにも。  この世界において絶大な力を持っていた事に気付いたラグナは、――しかし、自由に生きるためだけにその力を振るう事にした。行きたいところに行き、食べたいものを食べ、助けたいものを助け、倒したいものはぶっ倒す。レベルマックスの武器少女を相棒にして、自分らしく生きていく。   (カクヨムの方でもルート・設定を変えたものを重複連載しております。そちらのタイトルは『育成チート鍛冶師の異世界転移~育てた伝説の武器が嫁になりました~』となっております)

※ 短編小説『悪役令嬢の兄になりまして』の連載版になります。  妹の魔力の暴走で生死の境を彷徨った俺は、今いる世界が乙女ゲーム「宝石のように煌いて」の世界であると思い出した。  そしてラングリース=ジャックベリーたる俺は、悪役令嬢の兄であるという事も。  思い出したからには、破滅の運命を回避しよう。  可愛い妹を悪役令嬢ではなく普通の令嬢に育て上げ、そして運悪く破滅しても死ぬことだけは避けれるようにしよう。  悪役令嬢的BADENDは大まかに分けて三種類ある。 1)没落ルート  悪役令嬢たる妹が王子の不興を買い、ヒロインを苛め抜いた事が発覚。  父の不正もばれて爵位剥奪、国外追放になる。 2)自殺ルート  王子に本当に惚れてしまった妹が、婚約お披露目パーティーで王子に破談を言い渡され、ショックで自殺してしまうルート。  このルートの場合、妹だけが死んで、俺や家族はお咎めなし。 3)宝石ルート 『宝石のように煌いて』の目玉とも言えるようなEND。  王子の不興を買った妹は、なんと魔法により宝石の刑に処せられる。  魔法で瞳の色と同じ宝石に変えられてしまうのだ。  妹はそれはそれは美しいピンクトルマリン色の瞳をしている。  宝石に変えられた妹は皆の前で粉々に砕け散り、ピンクの宝石が舞い散る中、王子とヒロインが微笑むスチルは綺麗だった。  だが砕け散るのは俺の妹の命だ。  俺の妹にそんな未来は絶対に許さない。  いま現在の妹は、幼いせいなのか、高飛車で意地悪でテンプレ的な悪役令嬢だったゲームとは似ても似つかない性格だ。  優しくて思いやり深くて、使用人達にも心底愛されているほどに。  当然、俺も妹を大事に思っているのだ。  BADENDは全て避けたいが、最悪、妹が死ぬ2と3のルートを避け、没落後も生活できるように俺は手に職をつけよう。  妹と、家族と生きていけるように。

4年間、なんの助けもなくスラムで生きてきた名もなき少女。その命も途絶えそうになった時、少女は青年に助けてもらった。青年を見た時、少女は思い出す。この人は前世でやった乙女ゲームの登場人物だ、と。 前世の記憶を辿ると、自分はまさかの悪役令嬢であり、ヒロインの双子の姉のティファニア!?それってハッピーエンドもバッドエンドも悪役令嬢は死ぬよね? 前世では後悔して死んだのだから、今世では後悔なく生きぬきたい!! じゃあ、まずは前世知識でお金を貯めてスラムを救おう!! ん?攻略者とはどうするかって?もちろんそれも対策しますよ。なんせ、あんな性格の悪そうな女に渡せませんからね。

平凡な大学生の私、水瀬玲奈は、気付いたら異世界にいました。 あれ? ここ、どこ? え?精霊と契約を結んじゃった? んん? 体が縮んでない? わけも分からず異世界に召喚された女子大生が、図太くたくましく、無駄にフラグを立てつつ、元の世界に帰るために奮闘します。 いつか逆ハーになる……のかな? ※アルファポリス レジーナブックス様より書籍化します  本編を削除して、番外編のみ残っています

無職ニートで軍ヲタの俺が太平洋戦争時の聯合艦隊司令長官となっていた。 これは、別次元から来た女神のせいだった。 その次元では日本が勝利していたのだった。 女神は、神国日本が負けた歴史の世界が許せない。 なぜか、俺を真珠湾攻撃直前の時代に転移させ、聯合艦隊司令長官にした。 軍ヲタ知識で、歴史をどーにかできるのか? 日本勝たせるなんて、無理ゲーじゃねと思いつつ、このままでは自分が死ぬ。 ブーゲンビルで機上戦死か、戦争終わって、戦犯で死刑だ。 この運命を回避するため、必死の戦いが始まった。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加