【精霊】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂に、異世界ガルダルディアの主神は新たな器を与えた。 凡庸な魂の中には、死の運命に抗ってみせた一人のサラリーマンがいた。 この男が、今後どう成長していくのか?運命神もガルダルディアの主神も、そして作者でさえも分からない。 GCノベルズ様より、2017年1月28日に聖者無双二巻が出版されました。好評発売中です!! 水曜日のシリウスにて、2017月1月27日コミカライズ始まりました。 初投稿初作品です。 外伝のレインスター物語と新作レベルリセッターも宜しくお願い致します。

最終学歴高卒で親元パラサイトの青年綾馳次郎はネットオークションで生活する物欲溢れるネオニート(収入があるニート)。出品するお宝探して蔵から見つけた古い鏡は異世界と行き来できる魔法の鏡だった!! 異世界のお宝を買うために相互貿易でお金を貯めて、物欲満たして幸せ一杯の異世界ライフ! になる予定。物欲だけじゃなく、チートとか奴隷とかもありマス。男の欲望とか多めなので苦手な方はスルーしてネ。 ※ この度、MFブックス様より書籍化しました! 絶賛発売中です! ※ 2016年4月3日完結しました!

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に数十年間住み続けた俺の体は、異常なほどの魔力を貯めこんでいたらしい。利用目的で召喚した奴らにとっては予想外で、すぐに逃げてしまった。  とはいえ、自宅から漏れ出る魔力を狙ってくる無作法な奴らがいる。そんな奴らに我が家は渡さん! 俺は思うままに力を振るっていく!  2017年 1/25に集英社ダッシュエックス文庫様より4巻が発売されます!! 

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)。 自分の仕事に価値を見てくれる場所と人達に保護されて、精霊やら魔力やらがあるファンタジーな世界で、彼女は繕う魔力の糸を。

 ――よく寝れば、より強くなる。  俺の魔道書は、目覚める度にログインボーナスで魔法やスキルなどをくれる。他の人は頑張って魔道書を読みこんで、新たな魔法やスキルを開発しているけれど、俺だけは自動的にゲットしてしまう。  何が取れるかは俺の運次第だけど、強力な極大魔法ですら普通に取れてしまう。そんな魔道書を持って俺は、異世界で出来た嫁や仲間達と、気ままにのんびり暮らしています。 (12月後半~1月に更新再開予定)

事故により、彼は異世界へと転生した――が、そこは転生前にプレイしていたゲームの世界で、さらにシナリオ序盤で死んでしまうネタキャラに生まれ変わってしまった。よって彼は死なないためにゲームの知識を利用し必死に強くなり――やがて無類の強さを手にした彼は、魔王が襲来する大陸で奔走する。 ※ヒーロー文庫様より書籍化しました。第1巻~第3巻発売中。第4巻が2月27日発売です。

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住は保障され安堵したのも束の間、同級生の一人の陰謀により、罪人として森に捨てられる事に。 得体の知れない化け物に追い掛けられ、同級生への復讐を誓った瑠璃を拾ったのは、森にひっそりと暮らす魔女。 魔女の元で魔法を習い、着々と復讐する為の力を付けていった瑠璃はその後…………。 何故か白猫となり、竜王の膝の上で気持ちよくお昼寝をしていた。

 自他ともに「無能」と称する巨乳好きの男子高校生『カンナ』。何の因果か手違いか、明らかに主人公キャラの親友を差し置き前触れもなく異世界に召喚されてしまう。異世界でも「無能」の称号は伊達ではなく、召喚主であるお姫様(お腹真っ黒)に「用無し」と処分されそうになるも、お姫様によって幽閉されていた巨乳銀髪エルフ耳騎士美女と共にどうにか難を逃れ、元の世界へ戻る手段を求めて旅に出る。その道中に、なんやかんやで能力ゲットしたり、女の子(巨乳多し)と知り合ったり、陰謀を(物理的に)潰したり、混浴(イチャイチャ)したり、親友(ヘタレイケメン勇者)もいつの間にか召喚されていたりとイベント目白押し。    ──これは神の記した「運命」に、無自覚にも抗う「忌み子」の英雄伝説である──  第4回ネット小説大賞受賞!  書籍化しました! 『カンナのカンナ 異端召喚者はシナリオブレイカー』  単行本第1巻が11月7日に発売!  

悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばかりで忙しく目眩を覚えていたが……。 ある日、最強と謳われる獣人傭兵団が、店に足を踏み入れた。 獣人傭兵団ともふもふまったり逆ハーライフ! 【第一章完結。第二章スタートです】

 異世界に転生した主人公が、一緒に生まれてきた双子である妹ちゃんを、前世の知識を活かして育てます。 最初は言葉さえ通じない中で、主人公は必死に勉強しながら頑張ります! 対する妹ちゃんは天才美少女、モーレツな勢いで成長します。 でもそれ以上にエスカレートしていく、お兄ちゃんへのラブ♪  ……果たして、妹ちゃんを正しい方向に導けるのでしょうか? その悪戦苦闘の様子を、0歳からじっくりと……それはもう、じーっくりとお送りいたします。  ところでお兄ちゃん、キミも大概おかしな方向に成長してますよ? ※各話のタイトル画像をクリックすると?

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファンタジーな動物たちともふもふしたり、なでなでしたりするだけの毎日。きな臭い動きもあるけれど、神様に振り回されつつ、チートな仲間たちと一緒に色々がんばってます! ※パパンを舐めてました~(26話以降)で、蜘蛛が出てくる描写が多々あります。苦手な方はご注意下さい。 ※念のため『残酷な描写あり』を増やしました。

精霊と呼ばれる存在が、世界中の生物の生活を支える世界。 そこに住む少年。ヒイラギ・アキトは、精霊使いを育成する学校、エレメント学園に通う2年生。だが彼は、精霊と契約できない精霊使いだった。父と同じく、精霊騎士団への入団を希望する彼は、今の学校での<劣等生>という立場を悔しく思っていた。でも、彼が精霊と契約できないのには理由があって!? これは神獣と呼ばれる存在と契約した少年と、精霊を使う少女たちの、ハイテンションバトルファンタジー! 試験的に、題名変更中。 ※活動報告にて、新キャラ案。武器案。名前案。精霊案。魔法案を募集します。 長い目で見ていただける方は、お気に入りユーザー登録をおすすめします。

カースト底辺高校生の直見真嗣(なおみ・まさつぐ)は異世界からのクラス召還に巻き込まれてしまう。だが、呼び出した王様から早々に「こいつはへぼスキルしかないから不要」と切り捨てられ、誰もやりたがらない孤児院の運営を押し付けられてしまう。だが、そんな彼の持っていたスキルはもちろんチートだった上に、なぜか続々と孤児院には不遇だけど可愛い女の子たちが集まってくるのであった。 彼は自分を頼ってくるいたいけな少女たちを「守る」ために、今日も周囲の権力者や権威、かつてのクラスメイトたちを蹂躙しつつ、孤児院の運営にいそしむのであった。

主人公である朝野 耀は、クラスメイト全員と一緒に異世界に勇者として召喚されてしまう。そして、その際に耀は他のクラスメイトが持っていないユニークスキルを持っていることに気づく。その力は強大で、他を圧倒するほどのものだった。 この話は主人公最強者でご都合主義も炸裂します。 主人公が女の子に囲まれて笑ったり。主人公がステータスを見て笑ったりする、そんなお話です。 初めて小説を書くので、見苦しいところがあるかもしれません。 いいものが書けるよう努力する所存なので、誤字等があればどんどん指摘してください。 それでも大丈夫という人は楽しんでください。 カクヨムでも投稿させていただいています。

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮面をかぶるのはやめる。欲しい物は欲しいと素直に主張し、存分に楽しんで笑って生きよう! と、決めたはいいが、財に乏しい下級貴族の男爵家では、フェリシアの望む贅沢三昧暮らしは不可能だった。そこで、自身の精霊術を用いて領地を富ませるものの、父が投資詐欺にあってしまう。詐欺を働いた者たちは上級貴族であり、太刀打ちできる相手ではないと父は諦めて項垂れる。しかし、フェリシアは諦めるなど考えない。相手が上級貴族の権力者であるなら、それ以上の権力を持つ者を味方に取り込み、その者たちの逃げ道をふさぐ。特権を取り上げ惨めな暮らしに叩き落とすと決めた。フェリシアはそのために第一王子を味方に取り込もうと考え、王宮を訪ねる。運よく一度で面会できることとなり対面した王子は、前世で唯一優しくしてくれた宮廷術師と同じ顔をしていた……。  第三回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞にて、大賞をいただきました。  2016年8月2日、一迅社のアイリスNEO様より書籍にしていただきました。

ある謎の儀式によって日本人『高樹森理』の魂は異世界へと転生させられた。 地獄のような幼少期を乗り越え、出会った師匠との修行と魔眼『七罪眼』の力によって世界最強の存在となった彼は、名を『シンリ』と改め、冒険者として力強く生きていく事を決意する。 強すぎるが故に戦闘では手加減に苦労しながらも、出会う美少女達と共に様々な困難に立ち向かいその絆を深めて、いつしか彼の周りにハーレムが形成されていく。 彼等の進む先にあるのは? これが処女作の未熟者故、記号の使い方等、基本が出来てない部分が多々御座います。現在、修正作業を行っておりますので一部読み辛い部分が御座いますが、生暖かい眼で見守っていただけると光栄デス! 注:各話タイトルに付いた『Re』表記は作者の目印ですのでお気になさらず。

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことができた彼女は、その未練を捨て、新天地を求める。 時は流れ数年後、エレインはフェイと名前を改め、男の格好をして冒険者となりその名を馳せていた。 ある日、王立魔道騎士団の団長に、ともに仕事をしてみないかと誘われたフェイは『王族とは関わらない』を条件に承諾するのだが…。 改訂版となります。ゲームと転生の設定を改めましたが、ストーリーに変わりはないです。

悲惨な生活の果てに命を閉じた男は、新たな生にて、ユリウス・ディアーナという名の王子となった。豊かな国の王子様である。『今生は、贅沢三昧で良い暮らしだ。やった!』 と快哉を叫ぶも、その喜びは束の間のものだった。 ユリウスは世界で唯一、万物に宿る魂である精霊が人間の身近に存在するクラヴィネリー王国に生まれたのだが、王国に生まれた人間を必ず祝福してくれる精霊は、何故かユリウスだけは祝福してくれなかったのだ。 その事実により、ユリウスは王国で最も尊い血筋の生まれにもかかわらず、王子としての敬意を人々から得るどころか、外国の人間のようだと異端視され、厭われる事となった。 それでも、前世の悲惨な記憶が支えとなり、ユリウスの心は折れることはない。 多少悔しく辛い事があろうとも、お金に不自由しない王子様生活の方が、何倍もマシだ。精霊の祝福がない事で蔑みの目が付いて回ろうとも、美味しい食事に豪奢な衣裳。そして、雨漏りのしない美しい王宮暮らしの方が良いに決まっている。 これで、周囲が母さえ苛めないでくれれば、と思うばかりである。 ところが、そんなユリウスは精霊の女王に愛される、最強の精霊使いとなる人間だった……。

次元の隙間から異世界へ行く羽目になったおっさんが、ケモミミ幼稚園を創設することになった。事件に巻き込まれつつも、色んなイベントを開催していく。精霊・ドラゴン・エルフ・ドワーフ・ゴブリンと、色んな種族とも交流していく異世界ライフ。若返ったおっさんが、やりたい放題のチートストーリー。 他にアルファポリスさんとツギクルさんに登録。1200万PVまで到達しました。応援大変ありがとうございます。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加