【近世】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透視能力、物質創造と物質消去能力などの人外のスキルを得ていた。 そこは怪しげな医療行為が行われ、庶民には効果のある薬が手に入らない社会。 彼はときの皇帝に認められ、街の一角に薬局を開く。 世に蔓延るまやかしを払拭し、現代薬学に根差した真に効果のある薬を、庶民の手に届けるために。 これは、創薬チートの薬師の少年が前世の現代薬学知識を駆使し、異世界人を助けながら、今度は頑張りすぎず新たな人生を送る物語。 ※ MFブックス様より書籍化、3巻は2016年10月25日発売です。 ※ 2016年11月19日より、コミックウォーカー様にてコミカライズ連載開始。 ※ 更新時間は、不定期ですがだいたいお昼12時です。

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状態で家を追い出されてしまう。 そんなライエルが家を出る前に手に入れたのは【青い宝玉】だった。宝玉には歴代当主たちの【スキル】そして【本人たちの生前の記憶】が保管されていた。 記憶として宝玉内で蘇ったウォルト家のご先祖様、その数はなんと七人! 頼りになるご先祖様たちの意見を聞き、ライエルの物語が始まる! ……とは、ならず、七人もいれば価値観も違えば、当然意見も違う。ライエルに対しても罵声は当たり前。情けないと呆れる始末。 ライエルはそんな七人の記憶が封じられた宝玉を手に、再び立ち上がる事が出来るのか? 七人のご先祖様と共に戦う冒険ファンタジー、ここに開幕! ※ヒーロー文庫様で書籍化しました。 Web版と違う【セブンス】もよろしくお願いいたします!

これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主人公の引き立て役というもの。しかし、幼少の頃に見たドラゴンをきっかけに、ルーデルはクルトア最強の騎士ドラグーンを目指してしまった。 脇役の役割という運命に逆らい、まるで真人間のようになってしまったルーデルを待ち構える数々の試練。そして転生者である、主人公であるアレイストの存在。 ドラグーンを目指したルーデルに待つ運命とは――。 ルーデルよ、運命や役割を殴り飛ばしてドラグーン目指して突き進め! ※MFブックス様にて書籍化しております。 一巻から三巻まで発売中!

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、ユゼフ・ワレサの活躍(?)の物語です。たぶん。 第二の故郷、シレジア王国は風前の灯だった。近隣諸国の軍事圧力によって滅亡まで時間がない。そう感じた俺は士官学校に入学して前世知識フル動員のチート英雄を目指し……たかったよね。うん。 前世の記憶じゃ剣は振れない、前世じゃ馬に乗ったことない。魔術? なぁにそれ? 今ここに「頭以外不要」と呼ばれた俺の物語が……始まればいいなぁ。 ----- 息抜き投稿。不定期投稿。ゆったり投稿。1話あたり2000字前後という手抜き仕様となっております。 ノリと勢いで書く予定なので細かいことは気にしないでくださいね。 アース・スターノベル様より書籍版第1巻~3巻が発売中です。 サブタイトルに「(改)」がついているのは書籍版と同じ内容となっています。 また、アース・スターコミック様よりコミック特別読切版が無料公開中です。

 とあるオンラインゲームの熱心なプレイヤーであった主人公は、ゲーム中の駆け出し冒険者「ネモ」と一体化している自分に気づく。「ネモ」が授かった加護は育成・成長性ともに絶望的な構成であり、冒険者登録時点から楽しむどころか、生き残りをどうするのか?という事態に陥っていた。  主人公はその加護の中で唯一使い物になるスケルトンを召喚するスキルを用いて生活水準確保に奔走するが、徐々にスケルトンを増やし、強化することに魅力を感じていく……。 ※スケルトン登場は10話からです。

中年男性が異世界で生活をしていく、ありふれたお話しを描いてみようと思います。 ご厄介になっているところの内政に口を出したり。 現地人を説得して物を作ったり。 たまに戦闘をしたり。 気が付いたらご厄介になっている先の孫娘と婚約していたり。 食文化を広げたり。 知り合いは大物だったり。 仲間を探しにいくかもしれません。 ・・・基本のんびりと過ごしていきます。 波乱万丈ではない、ちょっと刺激の強い日常を書いていけたらと思います。 ※かなりの長編になってしまっています。  1話辺り2000~3000文字以内で投稿させていただいています。  毎朝の通勤・通学時にふと読んでいただければ幸いです。 ※出来るだけ毎日7時の連載を上げられるように努力していきますので、よろしくお願いいたします。 ※アリスの回顧録なのですが、移動を終了させました。 ※2017年1月よりカトランダ帝国編にやっと突入です。   ※日頃からご愛読頂きありがとうございます。  2016/7/16付けにて当小説のタイトルを「中堅(中年)サラリーマンの異世界生活」から「中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命」に変更させて頂きました。 ※皆様からのご意見、ご指摘、ご声援ありがとうございます。  本文を書く時間を確保をする為、今後はご感想・ご意見を頂いても基本的には、返答は差し控えたいと考えております。  ですが、作者的にご返答が必要と感じた物については、感想欄を通じてご返答をいたします。  また、誤字・脱字のご報告につきまして、今後ともご報告いただければ確認し、直す物は直すように心がけて参ります。

川に溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。 問題ばかりで滅びかけた国の中で、人生をエンジョイしつつ自分の居場所を作っていく物語。 注意: 魔法などの幻想的な要素は登場しません。 主人公は特異な技能をもたず、超能力等特異な技能を持った人物も登場しません。 誤字脱字報告大歓迎

身長2メートル殺人鬼顔の不死身の傭兵アッシュは突然傭兵を辞め、戦災で焼けた田舎の村に土地と建物を買う。 ある日アッシュは羽が折れたドラゴンの子どもレベッカを保護する。 その出会いこそがアッシュ自身のルーツを巡る新たな冒険のはじまりとも知らずに。 ダークファンタジー寄りのえげつない世界でアッシュさんの村だけ楽しくスローライフ! ※アッシュがドラゴンのレベッカをひたすらかわいがる話です ※戦乱の最中の命の価値が水より軽い世界ですがアッシュさんとレベッカの周りだけギャグゾーンになります アース・スターノベル様より書籍化決定致しました! 2017年1/16発売です。 http://www.es-novel.jp/schedule/

小さなイリスは王宮のお茶会で、尺取虫を見つけた。周りの少女たちに見つかったら、きっと使用人に命じてつぶしてしまうだろう。その前に、こっそり逃がしてやらなければ。 尺取虫を救おうと奮闘するイリスに、手を差し伸べたのは一人の騎士だった。 あらゆるいきものを愛する令嬢と、小さなレディがかわいくて仕方がない騎士の、能天気な日常とおてがみ。

 “訳あり”になってしまい、他に嫁ぎ先が見つからないティアナは、同じく“訳あり”のヴァレッド・ドミニエル公爵に嫁ぐこととなる。 その彼は、女嫌いの男色家と噂の男で…。 「私、こう見えても衆道には理解がありますの! ヴァレッド様の恋を全力で応援しますわ!」 前向き思考の楽天家少女と、女嫌い男のラブコメディです。 カクヨムさんの方に先行掲載しています。 (https://kakuyomu.jp/works/1177354054881815371) よろしくお願いします。

 恐ろしい獣が巣食うヴルヒナの森は流刑の地として扱われている。義賊、魔女と恐れられる女、かつての英雄など、厄介な罪人は皆この森に追放されてきた。無論帰ってきた者はいない。そして今日、伯爵令嬢チェシュコーヴァもそんな悲しい流刑者達の仲間入りだ。しかし森にやってきた彼女が辿り着いたのは、日当たり良好、肥沃過ぎる土壌と綺麗な泉つきの美しい屋敷であった。チェス嬢は住まいを整え、菜園を作り、料理と刺繍に勤しむ。果たして彼女が森から帰還できる日は――――――否、帰還したいと思える日は訪れるのか? のんびりまったりぼっちな生活系ファンタジー。

駆け落ちをした公爵令嬢の身代わりをすることになった、気が強いお嬢様の奮闘記。 ◇カクヨムにも掲載中◇

アンリはサンドラの幼いころからの許嫁。 アンリは美形だけどぼんやりしてるから、ちゃんと見ていなくちゃ危なっかしくて仕方がない。 だけど、結婚を3か月後に控えた今になってアンリが初恋なんて。ぼんやりにもほどがある! そんなぼんやりアンリのために奮闘するサンドラのお話。

「オードリー・アッシュフィールド、貴様との婚約は本日をもって破棄させてもらう!」そう言いながら私を取り囲むのは私の婚約者や義弟を含む、とある平民の女の取り巻き達。こうして悪事をバラされ逃げた私は…何者かに殺害されてしまった。それから目を覚ました私は鏡を見ると、「キィャアアアアアアアアア!!!!」…思わぬ再会、予定通りの日々や予想外の出来事に翻弄される侯爵令嬢。悪役ではなく悪人です。本当に性格の悪い少女が人を出来るだけ傷つけないようにするお話。流行りモノを書きました。割りと王道展開ですが、最初から最後まで主人公は性悪女。でも、全く成長しないわけではありません。彼女の二回目の人生をご覧ください。※短編から連載に変更しました。内容は一字一句変わっておりません。三ヶ月に一回更新です☆

07/10 一人称から三人称に変えます。 07/11 一章も一人称から三人称に差し替えました。 誰もが知っている物語シンデレラ。もしそれで、舞踏会に行っていないのにガラスの靴がはけた少女がいたら? 継母により、いつの間にか使用人のような扱いを受ける事になった少女クラウス。双子の姉であるキララとは、サンドリオン、シンデレラと呼び分けられて毎日、使用人と同じ事をする毎日だ。そんなある日、王宮からの招待状が届いた。舞踏会に出られず嘆く姉を慰めていると、姉の名付け親の妖精様が現れた。彼はキララに魔法で美しい服やアクセサリーを与え、舞踏会に送り出した。舞踏会に行く気のないクラウスはそれを見送り、翌日。王子様は、ガラスの靴がはけた女性を妻にすると御触れを出した。招待状を送った最後の家の女性として、クラウスは試しにガラスの靴に足を入れた。 ……なんと、靴がぴったりあってしまった! そこでキララも自分が靴の持ち主だと主張。 双子の少女は、王宮で数多いる花嫁候補の一人として競う事になってしまった!! クラウスの運命はいかに……!?

一人の老人の妄執が少年の運命を変えた――。 幼い頃から奇妙な既視感と出所のわからない知識に悩む少年、ルーク・ラグリーズ。 彼はその原因を突き止めるため魔術の道を志し王立学院に入学するが、知識由来の能力の高さ故に学院長に目を付けられてしまう。 癖の強い友人たちに囲まれながら学院で学ぶルークだが、自然と様々なトラブルに巻き込まれていく。 ※第二章終了しました。  一話三千字程度になります。

特殊な効果を持ったアイテム――魔導具。 それを創る職業――魔導付与師。 《迷宮》を有する都市アーランディアにて最年少で魔導付与師資格を取った青年――エルト・フォーン。 彼は現在―― 「……腹減った。やばい……マジで死ぬ……」 空腹で死にかけていた。 さて、飢え死にを回避して借金を返すために迷宮探索にでも行きましょうかね。 ……戦闘は苦手だけどな! あと店の営業もしないと……なんで俺の創った魔導具は売れないんだろう。 ちょっとだけ副作用があったりするだけなんだがなぁ。

「私が、伯爵令嬢?」 目が覚めるとそこは異世界だった――。 5歳の誕生日、アイリーン・ロジャースは自分の置かれている環境が前世で自身がプレイしていた乙女ゲームとよく似ていることに気が付いた。 しかも立ち位置は当て馬キャラ?なにそれ楽しそう。 立派な知識も何もないけれど、今日もほどほど目指して頑張ります。

美しい令嬢のアスキスだが自身のことには興味が薄くひたすら薬の研究にいそしむ毎日。 薬の研究の他唯一の楽しみと言えば街の雑貨屋に薬を納めに行くたびにもらえる若い主人手製の素朴な菓子達。王太子妃を選ぶ夜会にアスキスも招待されてしまうが……

「覚悟はできています。だって今日のこの婚約パーティーで、あなたはわたしを捨てるのでしょう?」。男爵令嬢エセルは婚約破棄を受け入れるつもりでいる。婚約者のアーネストが本当に愛しているのは、彼女の姉イヴリンなのだから。1/4訂正 主人公の年齢を「十六」から「十七」に変えました。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加