【逆行転生】作品一覧

未完作品
完結済み作品

プログラマーの榕木(あこうぎ)丈治は、自分が携わったゲーム「君と手を取り合って冒険へ」に出てくる嫌われキャラジョージ・アコーギに転生してしまう。チートなし、ヒロイン達の好感度はマイナス、やる事が裏目に出てますます嫌われる。そしてジョージは様々な人達と絆を結んでいく。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト』になっていた私。しかし何故だか意志は有るのに行動出来ない、完全オートモード。一周目は慌て、二周目は絶望し、三周目からは諦めた。そして今、五周目が終わる。始まった六周目……は、何故だか動ける喋れるてか幼女?え、なにこれどうなってんの?

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきたしたり、ご期待に添えない改変、独りよがりな超展開等があるかもしれません。 その点ご了承くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

友人宅からの帰りに夕暮れの山道で気を失った新道(しんどう)二郎(ジロウ)は、目が覚めると見知らぬ森の中にいた。 持ち物が無いどころか全裸。狂暴な魔物に襲われ、暴虐な女騎士団に袋だたき、異世界で言葉が通じない。しかも気付いた時には蛮族として奴隷に!? バッドエンドに一直線、こんなの認められるか!! 例え世界に盾突いたって絶対に生き抜いてやる。そんな新道二郎の残念な物語(予定) 第五話までは主人公の独り言で物語の大部分を占めております。よって本番は第六話からです。第二章からが冒険者になります。第四章は戦闘メイン。

仕事帰りに通るいつもの帰り道。 いつもと同じ時間に歩いてると、背後から何かの気配。 気づいた時には何者かに脇腹を刺されて生涯を閉じてしまった佐藤優。 再び目を開いたとき、優は何故か学生へと戻っていた。 しかも、極端に男性が少なく女性が多い歪な世界。 男女比が異なることで違った常識、違った知識に四苦八苦する優。 佐藤優は価値観の違うこの世界でどう生きていくだろうか。 ※「キョウキョウ NOVEL's」に同時掲載している作品です。

「何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? そりゃあ何をしても史上初になるだろうけども!!」 神様の手で、現代から七万年ほど前の原始時代に転生させられた主人公。 服すらまだないこの時代で、彼はそれでも死にたくないとあがき続ける。 神様の目的もわからず、ろくなチートも持たないまま原始時代に放り出された彼の明日はどっちだ! ※この作品は、同名タイトルの短編を連載用に再編したものです。大まかな流れは短編と同じですが、細かいところが少し違います。 ※史料のない時代のお話なので、フィクションの山です。細かいことはいいんだよを合言葉にお読みください。 ※不定期更新です。一話書き上げたらストックを作らず投下していくスタイルの予定。 ※残酷描写ありは保険です。

平賀譲に転生した主人公は自分の人生と日本の歴史を変えるため奔走することになる、知り合いを増やし伝を頼って政治家や軍の高官に働きかけて日本の運命(ついでに自分の)を変えようとする。 残酷な描写がある予定です。 良くある仮想戦記にある爽快さが少ないかもしれません。 問題等ありましたらご指摘ありがたいです。 なおこの小説はフィクションであり登場する人物・団体・組織等は完全な架空の存在です。

主人公、近藤太一(こんどうたいち)は真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。 彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫する事であった。 そんな彼の目の前に突如現れた怪しげな女の呪術により、彼は念願の戦国時代へと転生する。 その転生先は…悲劇のラストプリンス…豊臣秀頼であった。 時は関ヶ原の合戦からわずか1カ月前… しかも未だ7歳の彼は没落の運命にある豊臣家を復権させる事が出来るのか!? 彼の秘密を唯一知る、真田幸村とともに逆襲のifのストーリーがここに幕を開ける! さあ!始めようか!豊臣の底力を見せてしんぜよう! ※マップの挿絵を時折挟みます。 ※登場して欲しい戦国武将がいらっしゃいましたらお気軽にメッセージをお願いいたします。 ※大変多くの皆様より、ご感想をいただき、誠にありがとうございます。 大変嬉しく思っております。 ご感想の返信につきましては、出来る限り感謝を込めてさせていただきたいのですが、作品の進行上難しい場合もございます。 その際は、活動報告にて解説や考察を述べさせていただきたく存じます。 どうぞご容赦願います。

織田信長には片腕と頼む弟がいた。喜六郎秀隆である。事故死したはずの弟が目覚めたとき、この世にありえぬ知識も同時によみがえっていたのである。 これは兄弟二人が手を取り合って戦国の世を綱渡りのように歩いてゆく物語である。 11/14追記 事実と異なる、これはおかしいとのご指摘をいただいております。 作者の不勉強による誤りについては都度訂正させていただきます。一部独自解釈であったりする点もありますが、そこにつきましてはご容赦ください。 11/17追記 誤字指摘は確認次第修正し、それをもって返信に代えさせていただきます。 書き溜めは一切しておりません。作者が休みの日は脳裏に文が浮かぶ限り書き続けております。 1/8 井伊直虎が男性であったとのお話が出回っております。しかもかなり確実性が高いと。 とりあえず書いちゃってるので、直虎は当作品で女性として扱います。修正とか変更はありません。

朝起きると農民になっていた。 そんな男が戦国時代を生きてくお話。 ご注意 この小説には以下の要素を含みます。お気御付け下さい。 ※不定期デス※ ※R-15は保険デス※ ※何番煎じか分からないネタあり〼※ ※低執筆能力※

小学校から高校途中までサッカー小僧だったけど怪我で引退、その後はゲームにはまって引き籠もり大学は留年中。そんな俺が転生したのは――今川義元の息子にして「戦国一のダメ息子」と名高い蹴鞠の天才、今川氏真(いまがわうじざね)だった。しかも時は桶狭間当日。止めるにはもう時間が無い。これってどう考えても無理ゲーじゃね? 現代知識で転生無双? 無理俺文系だし。日本統一? 幕府を開く? そんなことよりどうやってこの戦国時代を生き抜くか、それが大事。 そんな感じのスポ根系戦国転生物語――始めました。 ※2016/10/31:週間及び月間歴史〔文芸〕ランキングで1位を頂きました。有り難うございます。頑張って書きます。今後もよろしくお願いします。

 天下一の出世人、豊臣秀吉の子―豊臣秀頼。  それが俺だ。  産まれて直ぐに父上(豊臣秀吉)が母上(茶々)に覆いかぶさり、イチャコラするのを見たショックで、なんと前世の記憶を取り戻してしまった!  天下人の息子である俺は、なんでもかんでもやりたい放題。  絶世の美少女・千姫とのラブラブイチャイチャや、大阪城ハーレム化計画など、全ては思い通り!  でも、忘れてはいけない。  その日は確実に近づいているのだから。

大きな地震で気を失ったが、気が付いたとき、俺は子供になっていた。名は茶々丸。名前は可愛らしいが、戦国時代開幕を飾るDQNである。しかも、俺の大好きな北条早雲の、最初の踏み台になった武将である。切腹して果てたとき、二十そこそこであったという。しかし、そんな簡単に死んでやるわけにはいかない。いくらリアルチートで尊敬する北条早雲が相手でも、簡単に首をくれてはやれない。

過去に逆行転生!! これで俺も内政チート!さらに歴史を知ってるアドバンテージで天下統一できる!! なんて思ってる時期が俺にもありました。でもやっぱり世の中上手くはいかない。 いくら異世界や過去に転生しても活躍してハーレム作って天下に名を轟かす!なんてことができるのは物語の中の主人公だけなんだよ。 そんなわけで俺も転生したけどただの下級役人のままでもうすぐ30です。 このまま終わるのかなと思ったら、周りの国が敵だらけて国家滅亡の危機! 捕虜になったら大変だからほかの街に逃げます。えっ!もう残ってる街2つしかないの! しかも、この街の将軍が戦死!!指揮できる人いないからお前やれって! 俺ただの下級役人なんですけど!

時は江戸時代、元禄15年12月14日。浅野内匠頭が起こした殿中刃傷事件から始まった赤穂事件は山場を迎えていた。吉良上野介義央の屋敷に赤穂浪士ら47人が襲撃を仕掛け、吉良は武林唯七に討ち取られて死ぬ。しかし死んだはずの吉良が目覚めたら、当日の朝であった。何度も繰り返し夜に襲われては死んで朝に戻る吉良。そのループを断ち切ることができるのか。様々な方法を試しては武林によって無残に殺される吉良の奮闘記。

全体のあらすじ(第四版) 前略、平成の皆さまお元気でしょうか。どうやら今私がいる世の中はいわゆる戦国時代の前期のようです。 信長が生まれるまでまだまだ数十年はあるのでいわゆる信長に仕えて秀吉に接近し家康に組するという黄金パターンは使えないようです。 ただまあ、割と権力者に接近している状態の武将として生を受けたようなのでせっかくだから日本国を作ってみようかと思います。 本来なら信長の仕事なんでしょうが、幸いにして前世の記憶や技能などを受け継いでいるようなので信長が世界征服できるくらいの足場を作ってやれば日本人が最上位に立てるでしょう。 歴史ロマンとは傍観者の立場だから感じられるものであり、当事者からすれば単なる地獄絵図ですが、まあ私に直接降りかかってきているわけではないのでまあ良しとしましょう。 夢はでっかく、世界征服!・・・とでも嘯ければよいのですが・・・。 ※お知らせ レビュー並びに感想の受付シーズンを一旦終了させていただきます。その、なんというか、ええ。 ぶっちゃけ今のペースだともちません」T0 また、充電が完了したらシーズンを解禁する予定です。延長するべきじゃなかったかなぁ・・・。 ああそれと、5月に入ったら新しい企画を用意する予定です。あくまでも予定ですが。 ※外伝について 近いうちに(とはいえ月単位になりますが)外伝(「みらい*号」とか「お祭り用」とか)を短編形式でシリーズに挿入して別個掲載予定。 ※他 新史料が発掘できたため読了結果によっては一部の固有名詞を変えることがあります。とはいえこちらもだいぶ先の話になりますが。(場合によったら書籍化する際に変えるかも?)

101回目の巻き戻りでハッピーエンドを目指す、前世の記憶持ち悪役令嬢(?)が、異世界へ逃げるお話です。

歴史転生、オリキャラで展開。知識チートを持っているが、戦国の武将に愚かな将は無し。その場その場で最善を為そうと互いに鎬を削り……武運拙く、散る。現代から転生した三人は、九州を、そして日の本を統一することができるか。

 自分に関する記憶がない「私」は、気が付いたら大正時代に居た。しかも、水面に映る私の姿は――――全くの別人のものだった!当然行く当てもない私は、「水無月夜雨」という名で街で絵師の仕事を得た。  しかし、街のカフェーである少女と出会ったことをきっかけに「ここは前世でプレイしていた乙女ゲームの世界」なのだと気が付いた。  その少女はゲームの主人公で、よく考えてみれば――――「水無月夜雨」は、攻略対象の名前だ!  いや、私は女だから!必要のない主人公争奪戦に巻き込まれたくない!!    少し古風な主人公と、何人もの麗しき男性たち。大正時代を舞台とした華やかな歴史絵巻が開幕する。 ※タイトル変更致しました。

 昔の日本に似た異世界転生からの生産チート。  ①生産して稼いだ金で戦争に勝つ。  ②生産して稼いだ金で成り上がる。  ③兎に角、金で成りあがる。    【カクヨム】でも配信中

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加