【魔王】作品一覧

未完作品
完結済み作品
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa
aa

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することになる。クラスの中でも最底辺に位置する主人公は、よりにもよって蜘蛛の魔物として生まれ変わってしまう。ただ、異常な程に強い精神力で現状を受け止め、割とあっさり順応してしまう。これは蜘蛛の魔物になってしまった主人公が、なんやかんやサバイバルして生きていく物語である。 なんか書籍発売してるらしいですよ。

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚されてしまったのだ。日色は自由に異世界生活を満喫することにした。書いた文字の意味を現象化させることができる《文字魔法》を使う少年が、いずれ世界を救う物語。  「富士見ファンタジア文庫」から第9巻、外伝が3冊と発売中です。コミックスも第4巻が発売中です。【2015/4/18 0:00 完結致しました】 番外編も完結しました。

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。 やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。 ※本編完結しました(2016年12月30日)。外伝を火曜と金曜に更新しています。 ※感想欄へのお返事は活動報告でさせて頂きます(活動報告は不定期更新です)。 ※書籍版5巻がアース・スターノベル様から発売中です。書籍化に伴うダイジェスト化はありません。 ※寺田イサザ先生、瑚澄遊智先生によるコミカライズ2作がコミックアース・スター様で連載中です。

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。 そのときに、彼は誓った。 もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。 もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。 もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。 「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」 その言葉を最後に、彼が死んだ。 そして、声が響き渡った。 ………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。 2016年5月25日から書籍化しました。 応援してくださっている皆様のおかげです、ありがとうございます!

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!  そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。  そして、決意する。 己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。 これはありがちな設定を盛り込んだ転生ファンタジーです。  限界以上まで下げられたハードルの中、チートな主人公が仲違いした周囲の人々と和解していきます。  また、最初から最後まで主人公ご都合主義でまいります。  時間がありましたら、覗いてみていただけると幸いです。

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅したはずだった。 しかし、どういう理由なのか、彼は奇しくも人間として二度目の生を得ることになる。 そんな彼が生きていく日々。

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた時には……。剣と魔法、モンスターの闊歩するオーソドックスな異世界召喚モノ! ※この度、書籍化しました! 作品はそのまま残し、連載もこれまで通りに続けるので、なろう版、書籍版、ともによろしくお願いいたします。

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増やしていく。そして、気が付いた時には圧倒的な力を手に入れていた。そんなケルヴィンの向かう先にあるものは……? ※2017年1月25日にオーバーラップ文庫様より『黒の召喚士3 魔獣の軍勢』が発売されます。

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤転移してしまった。 誤って飛ばされた大陸は、最悪なことに魔王や勇者すらも近づかないといわれる『終焉の大陸』という名の人外魔境の地だった。 全く雑魚とは思えない屈強なゴブリンの集団。 めまぐるしく変わる生きるに相応しくない環境。 周りを取り巻く異常に高LVな魔物達。 今まで争いのない日本で生きて来た彼が生きるには、厳しすぎるその大陸で秋はスキルや能力を頼りながら、『終焉の大陸』に染まるかのように人外への道を歩みだす。 月日が経ち、最強となって終焉の大陸を出た灰羽秋の歩む道とは……。 ※未熟なため、配慮不足や矛盾等で設定や文章を変更することがあります。それでも見ていただければ幸いです。感想はどんな事でもいただけると嬉しいです。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった二人が、別の関係になって、更にその関係が変化するまでのお話。 ~HJ Novelsより11月24日書籍版五巻発売となります。~コミカライズ版の配信始まりました。

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも見たことのない場所。そこで出会う一人の女性。 変わってしまった自分の姿と、引き継がれた様々な要素。 その世界で彼は、ただ自由を満喫しようとその力を振るう。 大冒険? 英雄譚? いいえ、ぶらり旅です。 ファミ通文庫様より書籍化決定しました。 一、二、三巻ともに好評発売中。現在四巻原稿執筆中につき更新遅れます。 また、コミックアライブにて漫画連載が決定しました。

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は、不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって、大きく動き出す。宿命の出会いが少年の人生を変え、周囲を巻き込み、やがて世界を揺るがす事になる。 そんな物語です。 2016/11/18 書籍化が決定いたしました! KADOKAWAエンターブレイン様より、2017年1月31日に発売されます。応援して頂いた読者の皆様、本当にありがとうございます。 2017/1/10 いよいよ今月末、1月31日が書籍の発売日です! あっという間のような長かったような…… 後はもう買って頂いた方々に喜んでもらえるものになっていればと願うばかりです。よろしくお願いします。

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことになる。優遇されたステータス・スキル・システムを利用し、才能ある仲間たちと共に、世界の真実が待つ『最深部』へ向かって進み続ける――」

*オーバーラップノベルス様から1巻発売中です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者失格扱いとなってしまった。  本来なら元の世界に送還されるはずだった彼は、魔法国の手違いのせいで元の世界に戻れなくなってしまい、しかたなくこの世界で暮らすことになってしまう。  そんな彼は、Lv2になったとたんにあらゆるスキル、あらゆる魔法を習得しすべての能力値が上限突破した超チートへと超絶進化!  にもかかわらず、いつも飄々とした笑顔を浮かべるマイペースな彼は、魔族のリースを妻に向かえた新婚生活を満喫していく。彼は名前をフリオに改め更にまったり生活していたのだが、そんなフリオ家には、ペットのサベア・居候の女騎士ら4人に加えて、魔人や元魔王までもが加わっていき、カオスこの上ない状態の中、それでもまったりライフを満喫中。双子も生まれてさらにまったり感を増しまくっているフリオ一家の毎日を綴ったストーリーをお楽しみください。 なお、フリオの代わりに勇者となった男の話[SIDE:GHB]も同時公開中 2016年12月25日オーバーラップノベルス様から1巻が発売されました!

アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並みの冒険者では何十年かけても到達できない冒険者強度十万越えを達成する才能の持ち主だった。魔王討伐隊を結成した彼らはたった5人でいともあっさり魔王を負かし、王国に平和を取り戻す。 彼らの中の五人目、最も器用貧乏なディック・シルバーは、魔王を討伐したあといかに目立たずに自分のやりたいことをやるかを考えた結果、魔王討伐の褒美として場末の酒場にしか見えないギルドハウスをもらい、欠番だった王国で12番目のギルドマスターの座に就任する。 自らが表舞台に立たずに最大の利益を得るため、彼が5年をかけて辿り着いた究極のスタイルとは、自分は動かずにあくまで相談役として酒場に常駐するというものだった。 今日もただの常連客と見せかけて、ギルドに併設された酒場のカウンターで飲んだくれるディックのもとに、婚約破棄を望む姫君が訪れる――。

 気が付くと彼はダンジョンの玉座の間にいた。そして彼は一冊の本を見つけ、導かれるままダンジョンを増築、人間の駆逐、世界征服――――をせず、安全に生きる方法を模索し始めた。

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかったからに違いない。 怠惰の味は蜜の味。栄光、勤勉、貞淑、名誉など興味もない。 堕落の王とは何を隠そう――この俺の事だ。 *****作者からの連絡***** 2015/12/26 ファミ通文庫さんより書籍化致しました。書籍版もよろしくお願いします。 2015/11/02 第二部完結しました。ありがとうございました。 2015/2/28 続き組んだので第二部を掲載中です。 2015/1/30 無事完結しました。ありがとうございました。 ※現在、二巻まで発売中

 何処にでも居る社会人、大野 晶(おおの あきら)は自身が運営するゲーム内の「魔王」と呼ばれるキャラにログインしたまま異世界へと飛ばされてしまう。  彼はそこで出会った、片足が不自由な女の子と旅をしていく事になるが、圧倒的な力を持つ「魔王」を周囲が放っておく訳もなく。  魔王を討伐しようとする国やら聖女から狙われ、遂には国全体を巻き込んだ騒動となっていってしまう。  見た目は魔王、中身は一般人の勘違い系ファンタジー。  2017/01/20  第五回ネット小説大賞、期間中受賞の一作目に選ばれました。  双葉社様より書籍化します。  沢山の応援、本当にありがとうございました!  尚、書籍化によるダイジェスト化や削除などはありません。  現在執筆に集中する為、感想返しは時間がある時のみにしております。  何卒、ご容赦下さい。  ※この作品はハーメルン様の方でも公開しております。  挿絵のある話には、タイトルの横に★を付けました。

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。 絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在だった。 しかし、そんな彼には、他の魔族にはいえない秘密があった。 「――俺、実は人間なんだよね」 その秘密がばれないよう『現代知識』を活用して頑張っていたら、『名将』扱いされるようになってしまった彼は、今日も魔王軍快進撃の原動力となる。 ※モンスター文庫様より書籍版発売中です。

 元地球の人間で、この世界に転生して、魔族になってしまった主人公のカームは、避けられる戦闘は極力避け、降りかかる火の粉は、全力で払いのける生活をしていたら、いつの間にかそれなりに強くなっていた。  ある日突然、目の前に現れたどう見ても自分より強い魔族。その魔族が「君ってなかなか強いみたいだね、それくらい強くなったら魔王になれるけどどうする?」と交渉をしてきたが、拒否権は無かった。 ※50話で魔王になります。 おまけSS等も書いてます http://ncode.syosetu.com/n4699cq/ この度、【GCノベルズ】様より本を出させていただける事になりました。 詳細は20160201日の活動報告をお読みください。 毎回2500~4000文字を書ける様に頑張っていますが書きたい事が多くなると前後編や中編が入ってきます。最悪1.2.3と増えていくかもしれません。  初作品なので至らない点が多々あるかと思いますがどうか生暖かい目で見てやってください。

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加