【R15は保険】作品一覧

未完作品
完結済み作品

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり周りのイケメンよりも食い気に走る、そんな残念主人公の異世界生活開幕します。(初心者の初投稿作品ですので、気軽にサクッと読んで頂ければと思います。不定期、鈍足更新です)

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しいロレンではろくな依頼も受けられそうになく、どうしたものかと思案しているところへ他の冒険者が声をかけてきた。

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことができた彼女は、その未練を捨て、新天地を求める。 時は流れ数年後、エレインはフェイと名前を改め、男の格好をして冒険者となりその名を馳せていた。 ある日、王立魔道騎士団の団長に、ともに仕事をしてみないかと誘われたフェイは『王族とは関わらない』を条件に承諾するのだが…。 改訂版となります。ゲームと転生の設定を改めましたが、ストーリーに変わりはないです。

『Beast Life Fantasy Online』。全感覚型VRゲーム機でプレイするMMORPGの一つ。プレイヤーは必ず動物の特徴のある人間、『獣人』となってプレイするという、VRゲームの中でも一風変わったRPG。普通よりも地味な女子高生である主人公『新碧』は、友人に勧められそのゲームをプレイすることを決める。外れ種族とされる鳥族を選んだ主人公のプレイ理由はゲーム世界の観光と、空を飛ぶこと。普通より地味な女子高生である主人公が気の向くままに空を飛び回り世界を観光し、気が付かないままアレコレしていくお話。……になる予定。 ※見切り発車感全開なので設定等甘いところが多々あります。矛盾点等あればご指摘いただければ幸いです。拙い文章ですので温かい目で見守ってやってください。

神殿の前に捨てられていたロティは、孤児として大神女に育てられた。 しかし彼女には神女になるための資質がまったくなく、神殿に留まるには掃除婦になるしかなかった。 そんなある日、ロティは神殿が秘密裏に行っていた儀式の場に迷い込んでしまい、誤って精霊王をその体に憑依させてしまう 困惑する周囲の人々や面白がる神々に翻弄されつつも、一人と一柱は一体どうなってしまうのか これは人間界に不慣れな精霊王と、小動物属性な薄幸少女の凸凹ラブコメディ 11/4より改稿して再アップ

ある日目覚めたら、悪役が枕詞のご令嬢になっていました。これって今流行の乙女ゲーム転生ですよね! 違う? 婚約破棄のイベントない? ……ああ、そもそも私には記憶ありませんでした。 じゃあ、私はどうすればいいんですか? え? 適当に学園生活を過ごせばですって? だったら転生先(仮)のご令嬢を階段から突き落とした犯人を探りつつ、おイタがすぎる金持ちのお子様たちのお尻を少々ペンペン致しましょうかね。 ※恋愛(?)は番外編です。 ※※続編(完結済み):『かしこまりました、社長様』 ◇アリアンローズ様より、改題:『目覚めたら悪役令嬢でした!? ~平凡だけど見せてやります大人力~』(2巻完結)として書籍発売されました◇

24世紀になり、VRゲームが実装されて十数年後。 純国産の異色なゲームが登場した。 国内専用な立ち位置な、そのゲームの名前は『仮想都市トキオ』 時代背景も世界状況も明かされないままに始まったこのゲームには、不遇と言われる職があった。 それはβテスターが体験し検証して確立されたが、それでも挑戦する者がいた。 彼はその職業を極めようと、あえて不遇に挑むことにした。 『べ、べつにβテスター申し込みに落ちたからじゃないよ? 』 そんな負け惜しみのような彼が体験した事とは? 毎日更新。随時修正。

「死んだ」と認識した途端別の次元に飛ばされ訳分からん存在に「転生させてやるよ」と言われた。どんな世界がいいかと聞かれたので自分が生きてきた世界では有り得なかった希望を即座に申し出た。「竜を愛でたい!愛でられたい!!戯れたい!!!」と。その勢いに若干呆れた目を向けられたが何か前世での生き方を考慮され色々とオプションつけてくれて送りだされることになった。……ん?あれ?気のせいでなければココって私がやってたスマホアプリのゲームと酷似していませんか?

彼氏に振られた。 付き合って三年たった今でもラブラブ♡ なんて思っていたのは私だけ。 彼にとって私は都合のいい女だったんだって。 泣いて、暴れて、落ち込んで。そして心の傷が癒えたら次の恋を見つけるつもり。 でも、もう、イケメンはお断りです。

結婚式を半年前に控えたある日、私は婚約を破棄された。 9年付き合った彼は、元彼女を妊娠させてしまったのだ。 もうすぐ30、私の失ってしまったモノは大きすぎた…。

ボウズで終わった磯釣りの帰り、おれ、牛尾隼斗は異世界に転移した。 転移先の漁村では、折しも年に一度の釣り大会を開催中。 釣り帰りだった隼斗は当然タックルを持っている。 人々が持つ前時代的な延べ竿や質の悪いリールに対し、こちらは最新鋭のシーバスロッドにルアー。 だが勝負なんてどうでもいい。 目の前に広がっている豊饒の海……見たところ魚種は同じだけど、魚影の濃さは現代とは比べものにならない! 夢中でキャストしたらばんばん釣れる。 中には紫色に輝く「魔ダイ」「魔イワシ」「魔グロ」なんかもいる――魔力を持っているからふだんはまったく釣れない魚だって? そいつら、おれのルアーにバカ食いしてくるんですが……。 しかもこの世界はどうやら「釣れるヤツ」が「すごいヤツ」という価値観。 あちこちで日常的に釣り大会が行われているとか。 魚がいるのに釣り人が自重するわけがない! 釣るぜ、いやっふぅぅうう〜!

麗らかな春の日、俺は最愛の人と結婚した。 もともと高校時代のクラスメイトだった彼女と再会した俺は、彼女をひどく傷つけてしまう。 彼女への思いは募るばかりだが、彼女の心に負った傷は大きくて…。 *** 「麗らかな春」のサイドストーリー、春太郎視点です。 サイドストーリーではありますが、単独でお読みいただいてもわかるように心がけて書いております。 サイドストーリーのはずが本編よりも長いです…。 シリーズの作品もあわせてお読みいただけると背景がわかりよりお楽しみいただけると思います。

普通のOLだった私は、突然異世界へ迷いこんだ。そこでは、異界の者には何かしらの“ちから”が在るらしい。私が持つことになった能力は、役に立つがとても精神衛生上辛いものがあって。なぜ、私はここにいるのか。何のための能力か。何もわからないけど、私はここで、生きていく──。

私、ジークリッテは、気付いた時には、前世でやり込んだ乙女ゲームの世界に転生していたようです。しかも、悪役令嬢。しかも、ヒロインと王道な王子様とのエンディング中に記憶が戻るという間の悪さ。 まぁ、乙女ゲームの悪役令嬢だろうが、私は私です。 婚約破棄されようが気にしませんから。 そんな感じのズレた主人公の、一応恋愛物です。 もう一人転生者がいますが、全く影響はありません。

親が再婚し、新婚旅行に出かけて行ったので、今日から一つ年上で美人なリンちゃんと二人暮らし!とっても楽しみにしていたけど、思っていたのとなんか違う……?

親が再婚し、新婚旅行に行ってしまったので、一つ屋根の下に義理の妹になる糸ちゃんと二人きりになってしまった。可愛いしいい子なんだけど、彼女の様子が、なんか変。妹ってこんなもの……? 『リンちゃんの様子が、なんか変?』の、リンちゃん視点です。よろしければそちらからお読み下さい。

おしまい

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加