もういない、彼女

あらすじ

さようなら、旦那様の旦那様視点。

俺は、彼女に対する気持ちに気が付かなかった。そして、彼女の思いに気づきもしなかった。

この気持ちを知るのには、既に手遅れだった。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
483点 478点
評価した人数 117人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトルもういない、彼女
著者
投稿ページ syosetu.com/n1353ee
投稿開始
文字数7,424 文字
ブクマ数306 件
総合評価1,573 pt
月間PV(最新)1036 (2017-12)
月間PV(最大)43671 (2017-08)
ジャンル異世界〔恋愛〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数0
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
もういない彼女へ。おめでとうございます。#ねむ宛俺メルマガ https://t.co/01Omnpkpqv
     
彼女は僕のそばにはもういない彼女の瞳に僕はもう映らないんだ【She&me】
     
🌸ド●カムのあの曲の歌詞で刀さにを妄想してみる。(恋人もしくは妻の審神者♀と死別した刀剣が、もういない彼女に向けて語りかけるシーンを妄想してみた)以下、お好きな刀さにで妄想してください🙇‍♀️(私は鶴さにで妄想)→
     
某女優さんが次男の中学に映画の宣伝に来たことがあったんだけど、(控え室にしてた空き教室前)廊下で撮った写真をインスタにあげた翌日男子生徒がもういない彼女の温もりを求めその廊下に集まってると次男に聞き、中学生男子可愛いなと思った。
     
@giuli__rr バックギヤが壊れたから突き進むしかないの‥‥!りかてゃんを止める者はもういない。彼女は己の欲望のままに旅に出る(中国地方編に続く)
     
僕には、とても大切な友達がいました今日3月4日は、奇しくも彼女の誕生日でした今はもういない彼女の誕生日にどんな詩(うた)がふさわしいのか悩み整理した今作です
     
肌を焼くような熱砂を思い出す。
「あぁ、あの熱さ。死んでしまいます」
回想するたび、命が削れるような思いがする。自分の首を今か今かと刎ねようとしていた王は、もういない。彼女が王に自身を殺さないよう約束させたのだ。だけど、それでも、…
     
二度とやりたくないけど遺志を継いだ男子の尊敬とか友情とか恋心とか人に向ける眩しい感情をもういない彼女に向けるのをやめられないところはめちゃ好き
     
曲調のせいか切ない感じ。もういない彼女のことを思い出してる。カメラ視点ではなく当時の自分の見ていた景色視点。的な。bigbangのharuharuのmvを思い出した。とりあえず素敵ですね。 https://t.co/RMhdcJw5U5
     
今までニコニコだった松村さんがやさしさとは、で急に難しそうな顔になって目を赤くさせて泣きそうになっていたのは此処にはもういない彼女たちを少し思い浮かべたのかなあ。白石さんは七瀬ちゃんとのユニットでぐしゃぐしゃになってもうこの2人愛おしいよ。埼玉スパアリの孤独兄弟ふと思いだした
     
ページ更新日 2019/04/08
 
このエントリーをはてなブックマークに追加