ベルリク戦記

あらすじ

 ベルリクは好んで譲らず先頭に立って突撃する指揮官の鑑。口八丁、奇襲攻撃、水陸共同、火力優勢、物量優越、焦土化の努力は基本。老若男女構わず容易に合理で虐殺を行って感慨も薄く、必要なら生かして目玉を抉って送り返す。
 彼の仲間達がその知恵と勇気と狂気を称え、推し進めて止めることはない。
 西に東に文化圏を越えて戦場へ飛び込んでは勝利と死体と廃墟を作り上げる。

 この世界に国際条約は存在せず、大義や国益があっても正義や悪に容赦や人権は無い。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
370点 352点
評価した人数 77人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトルベルリク戦記
著者
投稿ページ syosetu.com/n1779cb
投稿開始
文字数1,949,544 文字
ブクマ数1,722 件
総合評価4,166 pt
月間PV(最新)未集計
月間PV(最大)未集計
ジャンルハイファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数3
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
小説という媒体は読者の脳というエンジンがあって完成するとの由。自分の場合、ベルリク戦記のアクファルは黒くない静謐ちゃんだしシトカのゾーイはVA-11HALL-Aのゾーイで再生されるわけであり、よくわかる
     
トークンペイこないから読書、彼方のアストラはラストが凄く良かったスッキリ爽やか優しい気分になれる。ネット小説のベルリク戦記は荒んだ心に別の意味でスッキリ。異世界国家アルキマイラは熱い展開、異世界から帰ったら江戸なのであるは面白い。普通の本の図書館の魔女も良かった。長い話が好き
     
『ベルリク戦記』

文章的にはまずまずだし綿密にプロットを練っているであろう点は評価できる。

架空の国家を舞台とした戦争屋の話。
戦列歩兵や大砲運用が主戦術な戦記物で、さらに登場人… https://t.co/r2dvMEk23q
     
@unisan09 ベルリク戦記ってのが好きなんだけど一話一話が長いし地名とかに固有名詞がドカドカ出てくるので人を選ぶ
     
@MIBkai そんなあなたにベルリク戦記
     
ページ更新日 2018/02/16
 
このエントリーをはてなブックマークに追加