未来知識で、江戸時代の金程村飢饉回避

あらすじ

ごく一介のサラリーマンが、飲み屋で日頃溜まっていた愚痴を吐き出した。
それがどういう訳だか、愚痴から出た願いは聞き届けられ、変なお題目とともに活躍の場が与えられた。
だがその舞台が、なんと240年前の江戸時代で、しかも天明の大飢饉直前の寒村だった。
ごく普通の農村に居る名主の一家の中で、何の権威も持たない次男坊に憑依させられた俺は、4年後にこの寒村を襲うであろう天明の大飢饉による村人の被害を回避するため、平成の世で得た知恵を絞りだし、村人を救うためにいろいろなことをする」
といったお話です。
今更ですが、「(はらへった防止作戦実施員の奮戦記)」というサブタイトルはセンス無さ過ぎと身内にまで否定されてしまいましたので、タイトル欄から外してみました。「はらへった」でググル人にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
1356点 1305点
評価した人数 295人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトル未来知識で、江戸時代の金程村飢饉回避
著者
投稿ページ syosetu.com/n1937en
投稿開始
文字数553,361 文字
ブクマ数2,235 件
総合評価7,131 pt
月間PV(最新)38760 (2018-08)
月間PV(最大)53936 (2018-02)
ジャンル歴史〔文芸〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数0
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
ページ更新日 2018/10/06

「未来知識で、江戸時代の金程村飢饉回避」に関するその他データ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加