死神の葬儀屋

あらすじ

死を司る神である死神が営む葬儀屋フネーラ。葬儀屋フネーラには葬儀を依頼する客だけではなくこの世から既に亡くなったはずの死者に絡んだ事件が持ち込まれる。これは死神と従業員の物語。
少し怠けモードに入ってますが毎日更新してます。頑張れ14時更新(ほぼ出来てない)です。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
278点 274点
評価した人数 57人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトル死神の葬儀屋
著者
投稿ページ syosetu.com/n2895cp
投稿開始
文字数2,101,664 文字
ブクマ数404 件
総合評価1,360 pt
月間PV(最新)未集計
月間PV(最大)未集計
ジャンルハイファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数0
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
ものだけど黒執事の世界ではそもそも『魂』は存在するものとして描かれているわけだし、その『魂』を回収する職務である死神の葬儀屋が今更『魂』の存在証明を目指しているわけもないし
     
顔面下ですおすすめを教えるトーク今日はですねネット小説家になろうについてです作者:水尺 燐さん知らない人は調べてね一番は死神の葬儀屋がおすすめですね機会があったら、見てください
     
死神の葬儀屋さんが欲しいんだよ!!!!って言ったらいるかもしれないやん玉○院にって言ってたすげえな玉○院()
     
夢界隈はアニメ設定の葬儀屋の夢が多いもんなぁ伝説の死神の葬儀屋ももちろん良いんだけど、やっぱ原作の葬儀屋夢も読んでみたいわけでしかし書くのが難しすぎるわけで……
     
【小説家になろう】 連載小説[死神の葬儀屋-動き出した天族](第659部分) -  ここはアシュミストがあるシュミランとは別の国でとある場所。  夕日が傾き帰路に付く者が多い中、その雑多とかけ離れた人通りが極端に少ない細い...
     
でもあの子はなんかこう、坊ちゃんの事を大切に思ってそう(どんな意味でも)だから、悪魔から引き剥がして救ってあげようと考えて、その過程で坊ちゃんを追い込んで孤独にしても歪んだ愛情を持ってたとしたら不思議じゃない...何せバックが元死神の葬儀屋だし。
     
ページ更新日 2018/07/17
 
このエントリーをはてなブックマークに追加