傭兵団の料理番

あらすじ

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。・・・・・コンプティーク2015年5月号にて紹介されました。この場を借りて、編集者Hさんと応援してくれる読者の皆様。そして雑誌を読んで来てくれた皆様へ感謝の言葉を捧げます。★ヒーロー文庫より書籍化されました。皆様の応援のおかげです。本当にありがとうございます。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
11603点 11333点
評価した人数 2511人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトル傭兵団の料理番
著者
投稿ページ syosetu.com/n3420cm
投稿開始
文字数418,946 文字
ブクマ数51,013 件
総合評価124,962 pt
月間PV(最新)未集計
月間PV(最大)未集計
ジャンルハイファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数14
著者twitter不明(運営に教える
書籍化主婦の友社
絵師四季 童子
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
ページ更新日 2018/12/10
 
このエントリーをはてなブックマークに追加