ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作】

あらすじ

 派遣社員プログラマー・各務比呂(カカミ・ヒロ)、二十六歳。天涯孤独なヒロは、気がつくと見たこともない白い部屋に居た。其処に現れた汎世界の管理人。管理人はヒロの世界は管轄外だから帰してやれないと告げる。転移できるのは管理人が管轄している世界のみ。だが無事に転移できる確率はたった十パーセント! ロシアンルーレットと化した異世界転移に賭けたヒロは、機転を利かせて見事転移に成功する。転移した先は剣と魔法が支配する世界。ヒロは人々と出会い、様々な経験を重ね、次々と襲い掛かる困難を機転とハッタリと頭脳で切り抜けていく。気がつくと頭脳派の魔法使いになっていたヒロは、元の世界へと帰る方法を探しながら、異世界の秘密に挑んでいく。冷静沈着な主人公が無尽蔵の魔力を手に知略と魔法で異世界を無双する物語!
◆3月12日 第三部開始しました。109話からです。週1~2話程度のゆっくり更新になります。
◆5月18日 タイトル変更しました。旧タイトルは[ロシアンルーレットで異世界に行ったら最強の魔法使いになってしまった件]です。
◆7月22日三部作完結しました。
第四部は未定です。

中世ヨーロッパ風異世界のファンタジーです。

本作品の八千年前の物語
「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)連載始めました。
URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/
どうぞよろしくお願いいたします。

以下の要素があります。
SF、ファンタジー、パラレルワールド、群、ドラゴン、振動数、共鳴、エレベータ、ボタン、たがみ、ロシアンルーレット、三千世界、結界、神、祝福、剣、モンスター、ファーストコンタクト、精霊、団子、金貨、銀貨、銅貨、商人、交渉、タフネゴシエーター、契約、古語、禁則事項、餞別、葡萄酒、エール、ギャンブル、賭け、サイコロ、ナイフ、魔法、盗賊、宿、道具屋、胡椒、酒場、マネージャー、代理人、ギルド、杜、干渉、指輪、茶、王、神官、鎖帷子、チェーンメイル、クエスト、ゴブリン、焼、炎、図書館、虹、神殿、耳飾り、闘技場、マナ、オド、復活、墓、アンダーグラウンド、眼、迷宮、地図、パーティ、ミサンガ、バリア、異世界、チート、俺TUEEE、ハーレム、謎とき、ミステリー


以下の要素はありません。
ス/テータス要素

設定されたキーワード

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
107点 108点
評価した人数 26人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトルロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作】
著者
投稿ページ syosetu.com/n5935dl
投稿開始
文字数474,083 文字
ブクマ数896 件
総合評価2,007 pt
月間PV(最新)2372 (2017-12)
月間PV(最大)12733 (2017-05)
ジャンルアクション〔文芸〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数1
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
ページ更新日 2018/07/18

「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作】」に関するその他データ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加