その無限の先へ

あらすじ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。
前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。
現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も将来への希望さえもなく、ただ生きる為の糧を求め奴隷同然の日々を過ごす。
日本の記憶も全て幻だったのではないかと諦めたその時、ある街の噂話を耳にした。
そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。
そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。


大体コメディです。(*´∀`*)
MFブックスで書籍版一~六巻発売中。感想返しは活動報告でやってるよ。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
15795点 15639点
評価した人数 3278人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトルその無限の先へ
著者
投稿ページ syosetu.com/n6811ck
投稿開始
文字数2,236,352 文字
ブクマ数37,293 件
総合評価106,020 pt
月間PV(最新)未集計
月間PV(最大)未集計
ジャンルローファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数21
著者twitter不明(運営に教える
書籍化KADOKAWA/メディアファクトリー
絵師赤井てら
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
@Koke1024 そんなあなたに「その無限の先へ」
     
「その無限の先へ」は解説というか主人公と読者への情報開示回かね一応前の話と照合すると「ああ、これこういう意味だったか」とわかるんだなあ
     
その無限の先へ、最新話はほのぼののように見えて色々設定ぶっこまれて来ましたね個人的に気になってるのは、ツナはいつドレッシング(伊月)の名前を取り返したの?ということ美弓は簒奪前に死んだから残ってるんだが伊月は美弓が忘れていることから簒奪成立してるよね
     
更新きてた!
「その無限の先へ」読んだ! #narou #narouN6811CK
     
その無限の先へ『第10話「在るべき世界」』 #narou #narouN6811CK
     
その無限の先への更新来てましたわー。リリカさんインターセプトと思いきやフィロスインターセプト回だったでござる…
     
その無限の先へ最新話みた、とりあえず整理整理
     
その無限の先へ限界集落を超えた試される土地からやってきた主人公がローグライクな迷宮を手籠めにする話。だった。好調に成り上がりトントン拍子に出世してるはずが毎度毎度ぼろっぼろになるのでもうこれわかんねぇな。ヒロイン兼相棒は男の娘だけど女体化中という業の深さ。
     
その無限の先へ最新話フィロスの事情については概ね予想通り、今後については予想以上に食い込んできたけど、流石ライバルだリリカはどうなるか、このままじゃ表の世界での彼女は綱に原罪を見せるための舞台装置でしかないが、そこで終わるようなキャラじゃない気がする
     
その無限の先へは毎回次の更新を楽しみになるくらい面白いわ。これとシャンフロだけは更新をかかさずチェックしてる
     
全然気軽じゃないですけどぉおおおお!!!!?

いや、その前が酷すぎたから、それよりは気楽かもしんないけど…!…!!

「その無限の先へ」読んだ! #narou #narouN6811CK
     
「その無限の先へ」読んだ! #narou #narouN6811CK
説明回とか言うけどバッチリ次への足掛けになってて続きを全裸待機…
     
その無限の先へ最新話読んだある意味これしかないだろうという内容だけどラディーネの格好良さとフィロスの信念はグッときたこんなに早く読むんじゃなかった更新が待ち遠しい
     
なろうのその無限の先へ、どん詰まりな状況からこう話が進むのか、なるほど…
     
「その無限の先へ」読んだ!
次更新が正念場だな #narou #narouN6811CK
     
その無限の先への展開がおもしろすぎてやばいつぎのつぎくらいでやっと原罪かー
     
その無限の先へ『第10話「在るべき世界」』 #narou #narouN6811CK
     
『その無限の先へ』
更新 

少なくとも気軽に読める内容ではないぞ
     
ページ更新日 2018/07/10
 
このエントリーをはてなブックマークに追加