少年はキスで魔法をコピーする。~第十三独立魔女小隊の軌跡

あらすじ

女性は何か一系統の魔法を身に着けて生まれてくる魔女の国レーヴル王国。
そこに異常な魔力を宿した赤ん坊が誕生した。ところが生まれて来たのは男の子。
確かに膨大な魔力を宿してはいたが、その子は魔法を発動させるための魔術回路を持っていなかったのだ。
十五年後、レーヴル王国は隣国の侵攻にさらされていた。
そんな中で、少年は女王マルグレテに見いだされ、西の要衝マルゴ要塞に配属される。
第十三小隊――通称『死の十三』やっかいものばかりが集められたその部隊に配属された少年は、訓練中の事故で、偶然にも炎を操る男嫌いの少女エステルとキスをする。
その途端、少年は強大な魔法を発動させた。
これは虐げられてきた少年の成り上がり英雄譚。

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
1297点 1289点
評価した人数 284人
各平均値
トータル平均値

基本情報

タイトル少年はキスで魔法をコピーする。~第十三独立魔女小隊の軌跡
著者
投稿ページ syosetu.com/n6863ds
投稿開始
文字数208,075 文字
ブクマ数6,881 件
総合評価16,348 pt
月間PV(最新)228470 (2017-01)
月間PV(最大)228470 (2017-01)
ジャンルハイファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数0
著者twitter不明(運営に教える
書籍化未確認
絵師
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
ページ更新日 2017/02/27

「少年はキスで魔法をコピーする。~第十三独立魔女小隊の軌跡」に関するその他データ

連載中・完結済みともに含む
完結済み作品限定
 
このエントリーをはてなブックマークに追加