二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

あらすじ

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。
彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。
そのときに、彼は誓った。
もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。
もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。
もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。

「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」

その言葉を最後に、彼が死んだ。
そして、声が響き渡った。
………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2016年5月25日から書籍化しました。
応援してくださっている皆様のおかげです、ありがとうございます!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

評価点(平均値)

文章累計点 ストーリー累計点
14768点 14536点
評価した人数 3246人
平均値
トータルスコア
※スコアのラグについて
文章累計点・ストーリー累計点は「小説情報」を参照していますが、トータルスコアは公式APIを元にしているため、スコア反映の時間差によりズレが生じることがあります。

基本情報

タイトル二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む
著者
投稿ページ syosetu.com/n8523ct
投稿開始
文字数726,739 文字
ブクマ数70,678 件
総合評価170,660 pt
月間PV(最新)未集計
月間PV(最大)未集計
ジャンルハイファンタジー〔ファンタジー〕
主人公年齢不明(運営に教える
はてブ数7
著者twittertwitter.com/ydVkUHJiekqrbIQ
書籍化KADOKAWA/メディアファクトリー
絵師真空
コミック

Twitter Logo 作品へのツィート

感想が付いたツィートを抽出しています
読んだ報告だけだと除外されやすいです
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む2
キリの悪いところで次巻へ続く。
本命の魔法使いの前にある前座が原因かとw 一度目の追撃時に湧いた有象無象はスルーしそうだが、大事な記憶を破壊したから特別扱いで。
王都の民もあれで許してやろうとか… twitter.com/i/web/status/9…
     
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む、漫画化したのだが、凄い。迫力が凄い。先に内容を知らなかったら引いちゃったかもしれん。結論、面白いからもっと広まれ、読んでくれい

漫画試し読み↓
     
「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む」2話まで見たけどやべぇな、色々。終わらない夏休みとか思い出したわ……まあ結局あれも目が痛くなってきて最後まで読んでないんだけどさ
     
『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む』アニメ化しないかな〜
     
『回復術師のやり直し』『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む』のインスパイアもといパクリだけど明らかに上位互換で100倍オモロー
     
「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む⑤」の書影が出てる🎵楽しみだわー💕発売は4月25日ね🍀🐤 https://t.co/X32NZYqzT2
     
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む『第7話 帰還者、短い入院生活と再会 3』 #narou #narouN8523CT
     
@rerere1192 そんなあなたに『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む』所々んん?ではあるですが、だいたいタイトル通りです
     
やっぱね、ネットの異世界モノの小説には絶望とか憎しみとかのどす黒いのが足りない、偶然上手く行っちゃったーはっはっはってのはダメね( ˘ω˘ )そんなぼくのおすすめはリゼロ二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む黒の魔王この3つです( ˘ω˘ )読め
     
「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む」と「回復術師のやり直し」って結構設定似てるよね……
     
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む
異世界の姫に対象は選べないこと考えると選出は神様だから…復讐対象に神様含まないのか? チュートリアルに苦笑している場合ではあるまい( ̄▽ ̄;)
相手が下衆なのでまだ平常思考でいける。敵側以外に情を…
     
嫌な話が大好き!第2話もいい感じだ。続きが楽しみ。

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む ComicWalker - 人気マンガが無料で読める! #ComicWalker
     
『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む』、140話近くになって初めて面白くなってきた
     
ページ更新日 2018/04/08

「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む」に関するその他データ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加